PlayStation™Networkにサインイン

利用規約に同意してサインインするとトロフィーやフレンドの情報を見たり、PS.Blog にコメント投稿することができます。

TOPICS

友人とゲームしていたらネットのスターになった人気ゲーム実況ユニットM.S.S Project

2014.11.17

  • いいね!
  • ツイート
  • LINEで送る
    LINEで送る
友人とゲームしていたらネットのスターになった人気ゲーム実況ユニットM.S.S Project

(M.S.S Project:左からKIKKUN-MK-II、FB777、あろまほっと、eoheoh)

今、世界中で注目を集めているネット動画のジャンルがあります。それが「ゲーム実況」。日本でもYouTubeやニコニコ動画に数多くの実況動画が投稿され、たくさんの視聴者を獲得。投稿者のなかには、アイドル的な人気を誇る人もいます。

今回お話をうかがった「M.S.S Project」(以下、MSSP)の4人は、ニコニコ動画の実況主として、累計再生回数が2億PV超という注目のゲーム実況ユニット。最近はゲーム実況に留まらず、CDリリースやライブといった音楽活動やオリジナル小説の出版など、幅広いジャンルに進出しています。そんな彼らに、活動の原点であるゲーム実況の魅力について聞いてみました。インタビュー前編です。

■"実況"といえども、ゲームを解説しているわけじゃない

――20周年を迎えたPlayStation®ですが、今年発売のPlayStation®4(以下、PS4™)には"SHARE"というゲームプレイの生配信もできるなど、ネットとゲームの連動をますます重視しています。そこでぜひMSSPのみなさんに、「ゲーム実況とはなんぞや?」という点について語っていただこうかと。

FB777(FB):まず、実況といっても、解説したりしていないんです。ひたすらテンションを上げて盛り上げるタイプ(笑)。ただ集まってゲームをやって、話したりしている延長線上に出来上がったものというか。もちろん、ちゃんと解説している人たちもいますけどね。それにしても、もう20周年なのかあ……ってことは、今の若いゲーマーは初代PlayStation®を触ったことがない人も多いってことですか。

KIKKUN-MK-Ⅱ(KI):それはけしからんですね。もったいない!

友人とゲームしていたらネットのスターになった人気ゲーム実況ユニットM.S.S Project

■友人たちとPlayStation®に熱中した学生時代

――もともとみなさんは学生時代からの友人だったとか。

FB:僕とあろまとeoheohの3人が高校の同級生で、KIKKUNは僕が音楽の専門学校に通っていたときに出会ったんです。

KI:最初のゲーム実況は僕とFBの二人だけで、実はまだあろまとeoheohには出会ってもいなかったんです。

――みなさんは2009年に4人プレイ実況で初めて出会ったんですよね。

FB:そうそう、『Halo3』の実況でした。ただ、僕とeoheohは東京にいたんですが、当時はあろまとKIKKUNは地元の北海道在住だったんです。だから出会ったといっても、4人プレイがしたいために、ネットを通じてSkypeで喋っていただけなんですよね。実際に会うのはもう少し後です。

――それでもすぐに仲良くなったのは、4人ともゲームが好きという共通点があったから?

FB:それはもちろん。ファミコンの時代からずっとゲームをしてきましたし、一緒にプレイして遊ぶこともよくありました。

あろまほっと(あろま):なかでもPlayStation®で遊んだのが特に長いんじゃないかな。一番ゲームする時間があった中高生の頃に大ブームでしたからね。

――ちなみに、当時ハマったゲームは?

あろま:『アークザラッド』かな。PlayStation®で初めて出たRPGだから印象にすごく残っているんですよね。

FB:しかも『アークザラッド』はシリーズで続いているからね。壮大なゲームだったなあ。

あろま:かなりやりこんだよ。何周もしたりしてね。

FB:僕なんて『アークザラッド2』はレベルを1000にしましたからね。めちゃくちゃハマりました。あと僕は『サガ フロンティア』。当時『FINAL FANTASY VII』(以下、FF7)から立て続けに出たゲームで。

KI:あれでゲームの流れが完全にPlayStation®になったよね。

あろま:忘れもしない97年1月31日発売だよ『FF7』は。

――よく覚えていますね。発売初日に並んだとか?

あろま:いや、学校に行く前にセブン-イレブンのデジキューブで買いました。

KI:あったねそれも(笑)。懐かしいな~。僕が一番プレイしたのは多分『幻想水滸伝』です。『1』と『2』でデータの引き継ぎができるんで、めちゃくちゃハマっていました。

FB:ほかにも『デザエモン』でシューティングゲームを作ったりしたなあ。

KI:専門学校時代にFBが僕の家に泊まりにきたときは、いつも朝まで『beatmania』をやっていました。ちゃんとDJセットの専用コントローラーも買って。あと『R-TYPE』!

FB:あったあった(笑)。それも朝までやったね~。

――友だちと一緒にゲームで遊ぶのが当たり前だったんですね。

eoheoh:正直、僕らが今やっているゲーム実況って、子供の頃に遊んでいた姿と何も変わっていないんですよ。それを動画というかたちで見せているだけで。だから親近感を持ってもらえやすいのかもしれないですね。

友人とゲームしていたらネットのスターになった人気ゲーム実況ユニットM.S.S Project

■もともとは音楽投稿のためにゲーム実況を始めた

――でも、そうやってゲームで遊んでいるところを「ゲーム実況」としてニコニコ動画で配信しようと思ったのは?

KI:投稿を始めた09年の時点で、すでにゲーム実況というジャンルがニコニコ動画で流行っていたというのはありますよね。もう実況のフォーマットみたいなものはある程度できていて、そこに飛び込んでいった。特に、音楽の専門学校に通っていた僕とFBにはネットから音楽を広めたいという思いがありました。ゲーム実況はそのきっかけとしていいんじゃないかと。

――なるほど。M.S.S Projectの結成はふたりの音楽活動ありきだったんですね。でも、その頃のニコニコ動画では初音ミクに代表される音楽系の動画も人気を集めていたわけじゃないですか。それなのに音楽投稿にいかずに、なぜ「まずはゲーム実況から」だったのか。

FB:ネットに動画を投稿するという意味では、ゲーム実況が本当に手軽だったんで、「音楽をアップするまでのつなぎで、とにかく配信というものをやってみよう」と思って始めたんです。でも、やってみたら面白くなっちゃった(笑)。

KI:そのせいで音楽の投稿をするまでにめちゃくちゃ時間がかかっていますからね(笑)。もともとは「自分たちの音楽を広めたい」って動画投稿を始めたんですが、どんどんゲーム実況にハマってしまった。

――そんなにゲーム実況の何が面白かったんですか?

FB:やっぱりユーザーからのレスポンスがすぐに返ってくるのが面白かったですよね。

KI:最初は「つまんねー!」「やめちまえ!」という批判ばっかりだったんですけど(笑)。

FB:しかも映像配信もやり方をどうしたらいいのかわからなかったから、ビデオカメラでテレビのプレイ画面をそのまんま映したものを動画にしていました。

KI:めちゃくちゃ素人感があったよね。でも、不思議と画質のことは文句を言われなかった。どっちかというと「ホームビデオかよ(笑)」みたいな面白がったコメントが多かった。

FB:そう考えると、PS4™にシェア機能が実装されて誰でも手軽に配信できるとか、わずか数年ですごい時代になりましたよね。

■ゲームが面白くないと、ゲーム実況も面白くならない

――ここ数年でゲーム実況がメジャーになるにつれ、みなさんのような人気実況主が次々と登場しています。MSSPにとって、ゲーム実況の魅力はどこにあると思いますか?

FB:まず単純にプレイする楽しさが大前提です。それに加えて、視聴者の方からコメントで反応が返ってくるのも面白い。しかもニコニコ生放送だと、リアルタイムで反応が来ますからね。ただ、ゲーム実況って"実況"にばかりスポットが当たりがちなんですけど、ゲーム自体が楽しいってことがすごく僕らには重要ですね。視聴者とのやり取りはその次かな。

――ゲームがそもそも面白くないと実況も面白くならないと。

FB:そう思いますね。ゲーム実況はあくまで面白いゲームがあってこそのものです。

――先ほどゲーム実況を始めた当初は北海道と東京に分かれて暮らしていたとのことですが、今ではみなさん東京在住ですよね。あろまさんとKIKKUNさんが上京することを決意したのは、やはり人気が出るにつれ、「ゲーム実況が仕事になる!」と手応えを感じたから?

KI:12年頃からニコニコ動画のイベントや公式生放送に呼ばれることが増えて、生活がめちゃくちゃになってしまったんですよ。北海道と東京を往復するために1年で60回以上は飛行機に乗っていました。

あろま:その頃にはオリジナルの音楽とゲーム実況を組み合わせた配信が人気になっていて、KIKKUNとFBは音楽の制作で忙しいから、僕がKIKKUNの分もチケットを取ってあげたりして。

――『マインクラフト』の動画にMSSPのオリジナル楽曲を組み合わせた「【初音ミク】THE WORLDS【オリジナルジェットコースターPV】」は100万回再生を大きく超える大ヒットになりましたしね。

KI:ありがたいことに、ライブでも「MSSPといえばこれ!」という曲になっています。そうやってもともとの目標だった音楽活動も認知され始めたこともあり、これならいっそ、東京に住んじゃったほうがいいんじゃなかって思ったので、上京を決めました。

――そこから動画配信以外の活動も本格化し、遂には今年3月29日に渋谷公会堂での単独ライブまで実現してしまうことになると。

後編に続く

<プロフィール>
M.S.S Project
FB777、KIKKUN-MK-II、あろまほっと、eoheohの4人からなるゲーム実況ユニット。ニコニコ動画の関連動画再生回数は2億PVを超える。実況動画とともに投稿されるオリジナル楽曲も人気を集めており、CDリリースのほか、14年3月29日には渋谷公会堂で単独ライブも実現。そして同年10月10日には書き下ろし小説『M.S.S.Planet ~古に伝わりし勇者たち~』も上梓するなど、ゲーム実況を中心にカオスな活動を繰り広げている。

M.S.S Projectコミュニティ(ニコニコ動画)
http://com.nicovideo.jp/community/co212608

M.S.S Project Channel(YouTube)
https://www.youtube.com/user/MSSP

MSSPによる『Destiny』の実況動画
http://www.nicovideo.jp/watch/sm24878292

取材・文/小山田裕哉
撮影/川村将貴

share this page

  • いいね!
  • ツイート
  • LINEで送る
    LINEで送る
トップに戻るボタン