PlayStation™Networkにサインイン

サインインするとトロフィーやフレンドの情報を見たり、PS.Blog にコメント投稿することができます。

PlayStation 4専用 ワイヤレスコントローラー DUALSHOCK 4

“プレイステーション”用ワイヤレスコントローラー“DUALSHOCK 4”のデザイナーが語る、デザインに込めた思いや機能、歴史をご紹介します。

デザイナーコメント デザイナーが語る、デザインに込めた想い

画像:デザイナー

ソニー・コンピュータエンタテインメント
コーポレートデザインセンター UXプラットフォーム デザイングループ 隅井 徹

“DUALSHOCK 4”のデザインは、“DUALSHOCK 3”から大きな変更は行なわないという方向性を決めてから、いかにこれまでの“DUALSHOCK”シリーズの流れを受け継ぎながら、追加機能をデザインに盛り込んでいくかというところがスタートラインでした。
あまり大きな変更をしてしまうと、使用感が変わってしまいますし、ゲームを作る側も使いにくくなってしまいます。
重視したのはプレイ時の持ちやすさと握った時の感触で、納得いくものを作るために毎日サンプルに粘土を少しずつ足したりしながら、“プレイステーション 4”本体と同時にデザインを進めていきました。
最も多くの方が快適にお使い頂けるサイズとグリップ感、そして見た目にも表面処理の違いでコントラストを出し、バリューを感じて頂けるよう細かい部分にもさまざまな工夫を施しています。お客様の手元に届いた時に、ずっと持っていたいと感じて頂けたら嬉しいですね。

操作性 抜群の操作性でゲームの世界にハマリ込む

操作性を追及したデザイン

持ち手部分を長くして、グリップ感を向上させた“DUALSHOCK 4”。各ボタンもより指になじむ形状へと進化しました。タッチパッドの搭載により、今までにない新たな機能も加わり、“プレイステーション”のコントローラーとして、より操作しやすくなりました。

“振動機能”でゲームの世界を体感する

“DUALSHOCK”の名前の由来にもなっている振動機能は、演出に合わせて片方だけの場合や強弱もあり、臨場感あふれるゲームプレイが楽しめます。攻撃やダメージ、衝撃などに合わせた振動を体感しながらゲームの世界を肌で感じられます。

ワイヤレスで自由にプレイ

“DUALSHOCK 3”から引き続きワイヤレスで操作できますので、多人数プレイでも邪魔をせず、ゲームの真骨頂を味わえます。充電はUSBケーブルをつなぐだけ。

専用のスタンドなら2台同時に充電できます。

手元とテレビからのダブル音響で
より臨場感を味わえるように

“DUALSHOCK 4”中央にスピーカーを搭載し、ヘッドセット端子も装備しています。手元とテレビからの音響が組み合わさることにより、臨場感のあるゲームプレイが楽しめます。チャットは付属のヘッドセット、ゲーム音響はTVから、という音の使い分けが可能です。

ライトバー搭載で直感的に遊べる

さまざまな色に光るライトバーを搭載。ダメージの状態や、プレイヤーカラーに合わせるなど、ゲームの情報を直感的に感じて遊ぶことができます。

画像:手元とテレビからのダブル音響
画像:さまざまな色に光るライトバー

シェア SHAREボタンを押すだけで自分のプレイ体験も、1本のゲームも共有

画像:SHAREボタン

SHAREボタンひとつで、便利な共有機能が利用できます。

ゲームプレイを共有

・押した瞬間のスクリーンショットを共有
・押した直前15分のゲームプレイ動画を共有
・ゲームプレイをリアルタイム中継として配信

中継配信サービス
プレイを共有する方法

ゲームを共有

「シェアプレイ」機能で1本のゲームを、ソフトを持っていない仲間ともネットワーク経由で遊べる

シェアプレイ特設サイト

SHAREボタンから簡単に共有

画像:SHAREボタンから簡単に共有

世界中のユーザーが生中継

画像:世界中のユーザーが生中継

生中継は様々な機能設定が可能

画像:生中継は様々な機能設定が可能

“PS4”リモートプレイ いつものプレイと同じ操作感

“PS4”リモートプレイ

“DUALSHOCK 4”があれば、“PS4”のいつものプレイと同じ操作感で、“XperiaZ3”シリーズなどの対応タブレット/スマートフォン、“PlayStation Vita TV”で、“PS4”を楽しむことができます。専用のゲームコントローラーマウントがあれば、“DUALSHOCK 4”を充電しながらのプレイも可能です。

“Xperia”での“PS4”リモートプレイについて PlayStation®.Blogの記事を読む

“DUALSHOCK 4”を使った“PS4”リモートプレイの推奨環境

●“PS4”・・・ 家庭内ネットワークにイーサネットケーブルでLAN接続
●“PlayStation Vita TV”・・・ “PS4”と同一のWi-Fiネットワークに接続(※3G回線は利用できません)

※“PS4”と異なる外出先等のネットワークからPS Vitaの“PS4”リモートプレイでゲームを遊ぶには、安定したWi-Fi接続およびブロードバンドインターネット接続環境が必要です。また、外出先等のPS Vitaが家庭内ネットワーク上の“PS4”に接続できるよう、家庭内ネットワークの設定が必要となります。

※PS Vita TVでのワイヤレスコントローラー“DUALSHOCK 4”を使用には、システムソフトウェア3.10以上とUSBケーブルでの機器認証(ペアリング)が必要です。

※ PS Vita TVのシステムソフトウェア3.10以降へのアップデートにはワイヤレスコントローラー“DUALSHOCK 3”が必要です。

トップに戻るボタン