闘会議2018
闘会議2018

グランツーリスモSPORT エキシビションマッチ

シリーズの様々な大会で活躍したプレイヤーが「闘会議2018」に集結。至高のリアルドライビングシミュレーター、『グランツーリスモSPORT』で繰り広げられるハイスピードバトルをお楽しみに!

総合司会
松嶋 初音
実況
木幡 ケンヂ
(実況アナウンサー)
解説
井出 有治
(レーシングドライバー)
©2017 GTA

ライブ配信

スケジュール

2月11日:10:30 - 12:30

闘会議2018「グランツーリスモSPORT エキシビションマッチ」

選手紹介

アユム

シリーズは『グランツーリスモ5』からスタート。レースでは相手の二手三手先を読む駆け引きを得意としている。

「今回のエキシビションでは強敵たちとのハイレベルな駆け引きを楽しみたいと思います!」

オカサン・ジョースター

グランツーリスモ歴約7年。得意なコースは「レイク・マジョーレ・サーキット GP」。後半セクションのブレーキング勝負に自信あり。

「プレッシャーに弱いのですが、今回のレースではそれに負けず、悔いの残らないプレイをしたいと思います。」

カルソニック

グランツーリスモ歴約20年。本番での安定した走りに定評があり、実際のレースを長年見ている経験から、最後には上位に入るレース運びが特徴。

「いつも以上に混戦が予想されるので、上手く自分のものにして優勝するように頑張ります!」

CONVERSE

FIA グランツーリスモ プレシーズンマッチ マニファクチャラーファンカップ チャンピオン。レースではしぶとさを強みとしている。

「今回、対戦相手は先輩方が多いみたいなので、世代交代という言葉を突きつけるようなレースをしたいです。」

© Suguru Saito / Red Bull Content Pool

ねぎ

グランツーリスモ歴約17年。熱い走りをする一方、「フェアなプレイを心掛けている」と語る紳士的な面も併せ持つ。

「クルマに興味がない方でも、見たら興奮するようなレースが出来ればと思います!」

© Suguru Saito / Red Bull Content Pool

ほんだ

グランツーリスモ歴約16年。タイムトライアルにおける速さに自信を持っている。レースでは焦って無理をせず、追い抜きのチャンスをうかがうプレイスタイル。

「8台での走行ということなので、楽しいレースが出来るように頑張ります。」

やまどぅー

グランツーリスモ歴約20年。4歳からシリーズをプレイ。冷静に状況を見極めながらアグレッシブに攻め、魅せる走りをするプレイヤー。

「素晴らしいプレイヤーと一緒に戦えることを楽しみ、そして最後は勝利します。」

YAM

グランツーリスモ歴約20年。得意なコースは「鈴鹿サーキット」。コース序盤の連続S字カーブに求められるような、クルマを理想のラインへ乗せていく操作を好む。

「僕も、お客さんも、血が騒ぐレースを展開したいです。」

ルール

<予選レース>

コース

モンツァ・サーキット

コースコンディション

12:00 快晴

周回数

6 LAPS

スタート方式

グリッドスタート

ブースト

なし

スリップストリームの強さ

リアル

メカニカルダメージ

なし

タイヤの磨耗

10倍

燃料の消耗

4倍

雨・コース外でのグリップ低下

弱い

勝者決定後のレース継続時間

30秒

カテゴリー

Gr.3

BoP

オン

上限タイヤ

レーシングハード

セッティング

禁止

カートの使用

オフ

<決勝レース>

コース

東京エクスプレスウェイ・東ルート 外回り

コースコンディション

16:35 晴れ

周回数

10 LAPS

スタート方式

グリッドスタート

※予選レースで決勝レースのグリッドを決定

ブースト

なし

スリップストリームの強さ

リアル

メカニカルダメージ

なし

タイヤの磨耗

8倍

燃料の消耗

2倍

雨・コース外でのグリップ低下

弱い

勝者決定後のレース継続時間

30秒

カテゴリー

Gr.3

BoP

オン

上限タイヤ

レーシングハード

セッティング

禁止

カートの使用

オフ

『グランツーリスモSPORT』を始めよう!

フルスペックのフィーチャー満載ながら初心者への間口を大きく広げたシリーズ最新作いよいよ登場。

トップに戻るボタン