2017年03月10日
ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジア

Sony Entertainment Networkアカウントを安全にご利用いただくためのお客様へのご注意とお願い

 

 プレイステーション カスタマーサポートへ「Sony Entertainment Network(SEN)アカウントのサインインID(メールアドレス)が勝手に変更され、PlayStation™Networkを利用できなくなった」というお問い合わせを、多数のお客様よりいただいております。
これは、何らかの手段でPSN℠以外のサービス等から不正に入手したサインインID(メールアドレス)とパスワード情報を使ったパスワードリスト攻撃を受けた結果、なりすましサインインを行った第三者により意図しないサインインIDに変更されてしまったものと考えられます。

※パスワードリスト攻撃とは……
複数のオンラインサービスにおいて、IDとパスワードを使いまわす利用者が多いことを逆手に取り、不正に取得したID・パスワードの組み合わせで複数のサービスアカウントへの不正アクセスを試みる手口。


サインインID(メールアドレス)を変更されると、本来のお客様がPSN℠の各種サービスをご利用いただけないだけではなく、ウォレット残高を不正に利用されたり、ご登録の個人情報を不正に入手されたりしてしまう恐れがあります。

弊社では、セキュリティシステムの強化に努めており、不審なアクセスを受けている可能性のあるSENアカウントを検知した場合、アカウント保護を目的として、パスワードのリセットやアカウントのご利用を停止させていただく場合があります。さらに、パスワードリスト攻撃を防止するための防衛手段を実施・検討しております。

お客様におかれましても、ご自身のアカウントの不正利用を防ぐため、以下の<お客様へご注意とお願い>で挙げました点にご留意の上、PSN℠/Sony Entertainment Networkをご利用くださいますよう、改めてお願い申し上げます。

 

 

<お客様へご注意とお願い>

 

 

  • パスワード設定の際には、以下にお気をつけください。
    • 誕生日や電話番号など第三者に推測されやすいものは避ける。
    • 他社サービスでお使いのパスワードとは異なるパスワードにする。
    • 英字や数字などを組み合わせた複雑なパスワードにする。

 

  • SENアカウント情報を他人に知られることがないようご注意ください。
    • 弊社からお客様の個人情報をお客様からのご依頼なしにお伺いすることはありません。
    • Eメール、電話、郵便などを使い、個人情報を聞き出そうとする手口に十分お気をつけください。

 

  • PC上でSENアカウントにサインインする際には、PCがキーボード入力の履歴を取得するウイルスなどに感染していないことをお確かめください。

 

 

  • 携帯電話のSMS(ショートメッセージサービス)を利用した2段階認証を設定いただくことでアカウントをより安全にご利用いただけます。
G+1
トップに戻るボタン