PlayStation™Networkにサインイン

サインインするとトロフィーやフレンドの情報を見たり、PS.Blog にコメント投稿することができます。

本文の開始

ニュースリリース

iモード®における「プラットフォーム課金」(仮称)サービスを
「プレイステーション 2」およびPSP™プラットフォームに採用

株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCEI)は、株式会社NTTドコモが2005年春より提供予定のiモードにおける「プラットフォーム課金」サービスを、SCEIの「プレイステーション2」(PS2)およびPSP「プレイステーション・ポータブル」プラットフォーム向けにいち早く採用し、オンラインゲームなどのゲームコンテンツ向けの新たな決済手段としてゲームソフトウェア会社などに幅広く提案、より多様なゲームコンテンツやサービスの普及に向け、積極的に展開してまいります。

昨今、PS2向けゲームタイトルのオンライン対応が進んでおり、本年9月末時点の対応タイトル数は日本市場だけでも累計67タイトルに達しています。SCEIは、従来からオンラインゲームなどの決済手段としてPS2プラットフォーム上でクレジットカードやウェブマネーなどをサポートしてまいりましたが、今回それらに加えて、携帯電話を利用した手軽で安心かつ少額課金にも適した決済手段を導入し、クレジットカードを保有・利用しないお客様を含む幅広いユーザーの皆様に、オンラインゲームやその他のサービスを気軽にお楽しみいただける環境を整えてまいります。 また、SCEIはこのiモードにおける「プラットフォーム課金」サービスを日本で年内に発売予定の新携帯ゲーム機PSPプラットフォームにおいてもいち早く採用し、いつでもどこでも気軽に楽しめる携帯型ゲーム機の特徴を活かした全く新しいゲームコンテンツやサービスの提供を促進してまいります。

ゲームソフトメーカー各社は、このiモードにおける「プラットフォーム課金」サービスをPS2およびPSPプラットフォーム上で利用することにより、オンラインゲーム利用料の課金に加え、キャラクターや追加ゲームデータのダウンロード販売など、コンテンツのセキュリティを確保しながら柔軟なビジネス展開が可能になります。特にPSPにおいては、決済手段としての使い方に加え携帯電話にダウンロードしたコンテンツやコンテンツを楽しむための鍵データを、携帯電話からPSPに標準装備された赤外線通信(IrDA)ポートへと転送しPSP上でコンテンツを楽しむなど、PSPと携帯電話の連携による新しいサービスの提案を行ってまいります。

SCEIは、今回の取組みを含めてPS2およびPSPプラットフォーム上でより多様なゲームコンテンツおよびサービスを提供し、ゲーム市場の更なる発展および広範なエンタテインメント市場の創造に向け努力を続けてまいります。

※「iモード」は株式会社NTTドコモの登録商標です。
※「プレイステーション」は株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメントの登録商標です。また、“PSP”は同社の商標です。

以上

>>PDF版を見る

ページの先頭へ戻る

トップに戻るボタン