本文の開始

ニュースリリース

PlayStation®Vita
システムソフトウェア バージョン1.60
アップデート実施のご案内
~ 「マップ」など各種機能を追加 ~

 ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパン※1(SCEJ)は、2012年2月8日よりPlayStation®Vita(PS Vita)のシステムソフトウェア バージョン1.60の提供を開始いたします。

 本アップデートで更新される主な機能は以下の通りです。

  • 「マップ」のアプリケーションを追加
  • 「フォト」アプリケーションで動画撮影に対応
  • コンテンツ管理アシスタント for PlayStation®のMac OS版リリース
  • PS Vitaの電源が入っているときにPSボタンが青色に点灯するようになります

 SCEJは、今後もより多くのお客様にPS Vitaならではのエンタテインメントの世界をお楽しみいただけるよう、PS Vitaプラットフォームの更なる普及と拡大を推進してまいります。
以上

※1 株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメントのディビジョンカンパニーとして国内向けビジネスを担当。
※ 「プレイステーション」および「PlayStation」は株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメントの登録商標です。



PlayStation®Vita
システムソフトウェア バージョン1.60アップデート概要
今回のアップデートで更新される主な機能は以下の通りです


「マップ」のアプリケーション追加

「マップ」のアプリケーションがホーム画面に追加されます。

アプリケーションの主な機能は以下の通りです。
  • 現在地表示及び方位表示、地図の拡大・縮小
  • 表示を地図、衛星写真、地図+衛星写真に切り替え
  • 地点検索、経路検索、フラッグの設置、ブックマーク、交通情報の取得
  • 地点情報を「グループメッセージング」で送信

 地図、衛星写真、地図+衛星写真に表示を切り替えることができます。徒歩・車での経路検索も可能です。
 
地点検索結果は地図上にフラッグで表示されます。フラッグをタップすることで詳細情報が表示されます。

「フォト」での動画撮影

「フォト」で動画撮影ができるようになります。

カメラ起動中に静止画、動画撮影の切り替えができ、撮影した動画は「フォト」から再生を行うことができます。



■コンテンツ管理アシスタント for PlayStation®のMac OS対応

コンテンツ管理アシスタント for PlayStation®のMac OS版をリリースします。これまでPS Vitaは、PS3とWindowsパソコンの間でのみデータ転送が可能でしたが、Mac OS版のコンテンツ管理アシスタント for PlayStation® をインストールすることで、Mac上のビデオ/音楽/画像をPS Vitaに転送したり、セーブデータやアプリケーションデータ(ゲームのデータ)のバックアップが可能になります。


コンテンツ管理アシスタントは、下記のサイトからダウンロードできます。
インストールのしかたについて詳しくは、サイトをご覧ください。

【コンテンツ管理アシスタント for PlayStation® Webサイト】
http://cma.dl.playstation.net/cma/

■PS Vitaの電源が入っているときにPSボタンが青色に点灯するようになります。

電源を入れる・スタンバイから復帰すると、PSボタンが青色に点灯するようになりました。
また、電源が入っている状態から、スタンバイモードに移行する際には、PSボタンが青色に短く点滅します。


上記内容を含むPS Vita システムソフトウェア バージョン1.60の詳細については、2012年2月8日のシステムソフトウェア バージョン1.60提供開始以降、下記アップデート情報サイトにてご確認いただけます。

【PlayStation®Vita アップデート情報サイト】
http://www.jp.playstation.com/psvita/update/

ページの先頭へ戻る