本文の開始

SCEJからの重要なお知らせ

PSP®「プレイステーション・ポータブル」システムソフトウェア バージョン2.80以前を
お使いのお客様へ
バージョン2.81へのアップデートのお願い

 平素より弊社PSP®「プレイステーション・ポータブル」をご愛用頂きまして誠にありがとうございます。

このたび弊社の調査で、4GBを超える容量の“メモリースティック PRO デュオ” (*)をPSP®が正しく認識せず、場合によって保存されたファイルが破損する恐れがあることが判明しました。これは、PSP®のシステムソフトウェアの不具合に起因しています。

本日からご提供を開始したシステムソフトウェア バージョン2.81でこの問題に対処致しましたので、4GBを超える容量の“メモリースティック PRO デュオ”をお使いの際は必ず、システムソフトウェア バージョン2.81へのアップデートをお願い申し上げます。(※システムソフトウェアのアップデートはこちら)

また今後ともPSP®のシステムソフトウェアを常に最新のバージョンにアップデートして、セキュリティ強化や機能追加にご対応頂きますようお願い申し上げます。

<症状>
1) PSP®で4GBを超える領域での上書きと新規ファイル作成ができず、既存ファイルが破損される可能性がある
2) SonicStageで著作権保護された”ATRAC”ファイルを“メモリースティック PRO デュオ”に保存後、PSP®に挿入すると著作権管理データが破損され、以降再生ができなくなる
3) PSP®またはメモリースティックフォーマッターによってフォーマットされた“メモリースティック PRO デュオ”が、PSP®をUSBケーブルでPCに接続した際にフォーマットされていないメディアとして認識される
4) PSP®で4GBを超える領域のファイルの読み出しができない
<上記症状の発生条件>
システムソフトウェアのバージョンが2.80以下のPSP®で、4GBを超える容量の“メモリースティック PRO デュオ”を使用した場合

本件についてのお問い合わせにつきましては、下記までお願い申し上げます。

以上、皆様のご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。

(*)2006年9月7日現在未発売。容量が4GB以下の“メモリースティック PRO デュオ”は本告知の対象ではありません

 

ページの先頭へ戻る