• HOME
  • TIPS
  • 【Tips02】敵対プレイの方法

TIPS
【Tips02】敵対プレイの方法

本作には他のプレイヤーと一緒にプレイするオンラインマルチプレイがあります。オンラインマルチプレイには「協力プレイ」と「敵対プレイ」の二種類があります。

このページでは敵対プレイの方法をご紹介します。

敵対プレイ1.pngのサムネイル画像

※PS4の「サスペンド&レジューム」機能でゲームを終了せずにスタンバイモードにし、ゲームを再開した場合に、マッチングがされない不具合があります。
オンラインマルチプレイをお楽しみいただく際は一度アプリケーションを終了してから再度起動してください。この不具合は今後のアップデートで修正予定です。

敵対プレイでは、プレイヤー同士が敵対して対戦プレイすることができます。侵入されるプレイヤーを「ホスト」、侵入するプレイヤーを「ゲスト」と呼びます。特定のエリアにおいては敵対プレイヤーの最大人数は2人までとなります。

■敵対プレイのルール
ホストがいるエリアに「鐘を鳴らす女」がいる場合、侵入が発生します。
鐘を鳴らす女」は協力プレイを行っているか、「共鳴する不吉な鐘」を使用した場合に出現しますが、まれに最初から出現しているエリアも存在します。
侵入したゲストの目的は、ホストを倒すことです。ホストを倒すと、ゲストは目的を達成し、自らの世界に帰還します。

■敵対プレイの始め方
ゲストが「共鳴する不吉な鐘」を使用する。
ホストが協力プレイを始めるか、「共鳴する不吉な鐘」を使用して「鐘を鳴らす女」を出現させる。
ゲストホストの世界に侵入する。
ホストゲストによる、ホストの世界での敵対プレイが始まります。

●ヒント
・協力プレイをしているホストのレベルが低い場合は、「鐘を鳴らす女」は出現しません。

・「共鳴する不吉な鐘」は「啓蒙」が10以上の状態で「狩人の夢」にある「啓蒙取引」にて「啓蒙」を消費して入手できます。

■成功条件
ホストを倒す。ホストを倒すと、ゲストは報酬を得て自らの世界に戻ります。

■失敗条件
死亡したり、ホストがボスの部屋に入る、自ら帰還アイテム「共鳴破りの空砲」を使用した場合、ゲストは自らの世界に帰還します。報酬は入手することができません。

以上です。他のプレイヤーの世界に侵入し、さらなる死闘を生み出してください。

協力プレイに関してはこちらの記事をご覧ください。

聖杯ダンジョンでのマルチプレイに関してはこちらの記事をご覧ください。

©2015 Sony Computer Entertainment Inc. Developed by FromSoftware, Inc.