share

INFORMATION
アップデート(1.07)の主な内容

2015年11月20日(木)よりアップデート(1.07)の配信を開始します。アップデートはサーバーメンテナンスを実施する16:00 ~ 20:00の間に配信する予定です。

今回のアップデートでの主な更新内容は以下の通りです。

「連盟」要素の追加

league.png
「連盟」とはある目的を共有する狩人の協約です。連盟の長・ヴァルトールと会話することで連盟員のカレル文字「淀み」を入手出来ます。

league_start.jpg
連盟の長・ヴァルトールは「禁域の森」最初のランプの右奥にある小屋に居ます。

・カレル文字「淀み」を記憶している状態で出来ること
league_ranking.png
協力マルチプレイを成功させた際にアイテム「虫」が手に入ります。「虫」を潰した回数によってランキングに参加可能になります。

league_coop.jpg
いくつかのエリアで連盟員の協力NPCを召喚可能になります。

協力NPCの追加

NPC.png

いくつかのエリアや聖杯ダンジョンに古い狩人たちが出現するようになります。特定の条件を満たすと、狩人の夢にいる使者から「古人呼びの鐘」を入手できます。これを所持した状態で、エリア上にある特定のポイントに行き、啓蒙を1消費して「古人呼びの鐘」を使用することで、協力NPCとして古い狩人を召喚できます。なお、召喚可能な協力NPCの数は条件によって異なりますが最大で2体までです(また、協力プレイヤーを呼んでいる場合は、その分召喚できる協力NPCの数が減ります)。

聖杯ダンジョンの共有方法の変更

chalice.jpg
聖杯ダンジョンにはエリアの構造が決まっている通常聖杯ダンジョンと、エリアの形状がランダムで生成される汎聖杯ダンジョンの二種類がありますが、その内通常聖杯ダンジョンを他のプレイヤーと共有する方法が変わります。これまで通常聖杯ダンジョンを生成すると、それぞれ個別の通常聖杯ダンジョンが生成されていましたが、通常聖杯ダンジョンを生成するときに新規の追加儀法である「固有ダンジョン」を選択すると、全てのプレイヤーが同一の通常聖杯ダンジョンを生成するようになります。これにより一つの通常聖杯ダンジョンに集まるプレイヤーが増え、オンラインマルチプレイが成立しやすくなります。
chalice_update.jpg
※追加儀法「固有ダンジョン」を選択しなければ、これまで通りそれぞれ個別の通常聖杯ダンジョンを生成することも可能です。

協力マルチプレイが可能なプレイヤーを幻影として表示するように変更

ccop.png

周囲に協力マルチプレイを希望している(「狩人呼びの鐘」か「共鳴する小さな鐘」を使用している)プレイヤーが居る場合に、そのプレイヤーが特別なエフェクトのついた幻影として表示されるようになります。
366630f97d7d0e3d9c24569bc9b34c2709dd204d.jpg

21cfbb6fed65d6d36d92d1ad48671243858c1f71.jpg

協力マルチプレイを希望しているプレイヤーが、足元に波紋のエフェクトが付いた幻影として表示されます。
※自分と協力マルチプレイが可能なレベル帯のプレイヤーの幻影のみ表示されます。

その他、マッチングの改善などいくつかの修正・変更を行っています。

よろしくお願いします。

©2015 Sony Computer Entertainment Inc. Developed by FromSoftware, Inc.