操作ガイド 目次次ページ
1.必ずお読みください
ご使用にあたって
ご使用にあたっては、"PlayStation BB Navigator"ディスクパッケージ裏面の「使用許諾契約書」を遵守してください。
消失や破損からデータを守るため、"PlayStation 2"専用メモリーカード(8MB)またはメモリーカードへセーブできるデータについてはコピーをとるようにしてください。
何らかの原因でデータが消失・破損した場合、データの復旧・修復はできません。万一データが消失・破損しても、当社は一切の責任を負いかねます。あらかじめご了承ください。
権利者の許諾を得ることなく、"PlayStation BB Navigator"(取扱説明書等を含む)およびこれに供される著作物の全部または一部を複製すること、ならびにこれらの著作物を改変し、頒布し、翻案し、公に上映し、公に演奏し、公に上演し、公衆送信(放送、有線放送および送信可能化を含む)し、公衆送信された当該著作物を公に伝達し、または貸与することは、法律により禁止されています。
この操作ガイドについて 本操作ガイドは、"PlayStation BB Navigator"の使いかたについて説明するものです。ディスクの取扱方法や"PlayStation BB Navigator"のインストール方法について詳しくは、"PlayStation BB Navigator"の取扱説明書をご覧ください。"PlayStation BB Navigator"の使用許諾については、ディスクパッケージ裏面の「使用許諾契約書」をご覧ください。
"PlayStation 2"の認証について "PlayStation BB Navigator"は、"DNAS"(Dynamic Network Authentication System)という著作権およびセキュリティの保護を可能にする当社独自の認証システムを使用しています。
"DNAS"は、"PlayStation 2"に組み込まれた機器IDを元に、ネットワークを介して機器認証やコンテンツのコピーマネジメントなどを行います。このシステムの無効化装置若しくはプログラムを譲渡し、引渡し、展示し、輸出し、輸入し、または送信することは、法律により禁止されています。

"DNAS"に対応したコンテンツを、他の"PlayStation 2"で利用することはできません。

"DNAS"は株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメントの商標です。
課金について 提供されるコンテンツ/サービスによっては、ご利用の際に別途料金がかかる場合があります。
コンテンツ/サービスのご利用の際には、必ず各コンテンツ/サービスの契約内容および注意事項などをご確認ください。
健康上のご注意 ソフトウェア製品は、まちがった使いかたをすると、健康を害するおそれがあります。健康を守るために次のことを必ずお守りください。

テレビ画面を長時間継続して見ないでください。テレビなどの画面を長時間継続して見続けると、目が疲れたり、視力が低下するおそれがあります。テレビ画面を見続けて身体の一部に不快感や痛みを感じたときは、すぐに使用をやめて休息してください。万一、休息しても不快感や痛みがとれないときは、医師の診察を受けてください。
著作権保護による制限事項 OpenMG Xでの著作権保護による制限事項

ミュージックチャンネルは、音楽コンテンツの著作権保護の仕組みとして、ソニー株式会社の開発した著作権保護技術「OpenMG X」を採用しております。著作権保護された音楽データを"PlayStation 2"で取り扱うために、OpenMG Xは、SDMIの取り決めに従って高度な暗号化技術を用いています。
このため、ご利用いただくにあたり以下のような制限があることをご理解ください。

ミュージックチャンネルを用いて"PlayStation BB Unit"に保存した音楽データを、他の"PlayStation 2"等にコピーしても再生することはできません。
"PlayStation 2"から外部機器・メディアに転送(チェックアウト)した音楽データを、他の"PlayStation 2"等にコピーしても再生することはできません。
外部機器・メディアに転送(チェックアウト)した音楽データは、転送元である"PlayStation 2"以外に転送(チェックイン)することはできません。
音楽データの利用方法に関する条件(Usage Rule)について著作権者やサービス事業者の意志により、音楽データに利用条件(Usage Rule)が付加されている場合、この条件に従った操作のみが可能になります。音楽CD等で利用条件が付加されていない音楽データの場合は、SDMIの基本ルール(Default Usage Rule)に従った操作のみ可能です。この基本ルールでは、「ひとつの音楽データにつき、チェックアウトの回数制限は3回まで」となっています。
ミュージックチャンネルにて取り扱えない音楽データについて
ミュージックチャンネルでは、SDMIの取り決めにより、コピー禁止信号が埋め込まれている音楽データを取り扱うことはできません。
ミュージックチャンネルのバージョンアップについて
ミュージックチャンネルはSDMIの現在の取り決めに基づいて作られています。この規定が将来、新規定に移行した場合、ミュージックチャンネルの一部の機能は使えなくなる可能性があります。この場合には、アップグレードにて対応させていただく予定です。

(C)2002 SCEI