PlayStation™Networkにサインイン

サインインするとトロフィーやフレンドの情報を見たり、PS.Blog にコメント投稿することができます。

システムソフトウェア バージョン1.80で更新される主な機能

ゲーム/ビデオ

 アップコンバート出力

PlayStation®規格ソフトウェア/PlayStation®2規格ソフトウェア/DVDの映像をHD解像度にアップコンバートして出力できるようになりました。

アップコンバートとは?

アップコンバートとは、SD解像度(480p/480i)で記録された映像を、HD解像度(1080p/1080i/720p)に引き伸ばして表示する機能です。PlayStation®/PlayStation®2規格ソフトウェアや、市販のDVDビデオはSD解像度で映像が記録されているため、アップコンバート出力を有効にすることでより高解像度の映像を楽しめます。

ゲームのアップコンバート出力

[設定]に[ゲーム設定]を追加しました。PlayStation®/PlayStation®2規格ソフトウェアのアップコンバート出力に関する設定をできます。

PS/PS2アップコンバート

アップコンバート出力を無効にする
ノーマル 画面サイズに合わせてアップコンバート出力する
フル 縦横比を変え、画面いっぱいに画像を引き伸ばしてアップコンバート出力する
  • アップコンバート出力時に画像が乱れるときや不自然に感じられるときは、[切]に設定してください。

PS/PS2スムージング

スムージングを無効にする
画像の粗さを少なくして表示する
  • [PS/PS2スムージング]の設定は、[PS/PS2アップコンバート]を[切]にしているときも有効です。
  • ソフトウェアによっては、[入]に設定してもスムージングの効果がわかりにくかったり、画像が乱れたりする場合があります。その場合は、[切]に設定してください。

DVDのアップコンバート出力

[設定]の[BD/DVD設定]に[DVDアップコンバート]を追加しました。DVDのアップコンバート出力に関する設定をできます。

アップコンバート出力を無効にする
2倍 * 縦横比は変えず、2倍に引き伸ばしてアップコンバート出力する
ノーマル 画面サイズに合わせてアップコンバート出力する
フル 縦横比を変え、画面いっぱいに画像を引き伸ばしてアップコンバート出力する

* PS3®の映像出力を1080p/1080iに設定しているときだけ有効です。

  • 市販のDVDビデオなど、著作権保護されたDVDコンテンツを再生するときは、HDMIケーブルを使っているときだけアップコンバート出力できます。
  • アップコンバート出力時に画像が乱れるときや不自然に感じられるときは、[切]に設定してください。

戻る

ゲーム

 メモリーカードへセーブデータをコピーする

PlayStation®規格ソフトウェア/PlayStation®2規格ソフトウェアのセーブデータを、メモリーカード/PlayStation®2専用メモリーカード(8MB)にコピーできるようになりました。

  1. (ゲーム)から(メモリーカード管理(PS / PS2))を選ぶ。
  2. PS3®にメモリーカードアダプターを接続し、メモリーカードをセットする。
  3. セーブデータが保存されている(仮想メモリーカード(PS))または(仮想メモリーカード(PS2))からコピーしたいセーブデータのアイコンを選び、△ボタンを押す。
  4. [コピー]を選ぶ。
    保存先に(メモリーカード(PS))または(メモリーカード(PS2))を指定します。
  • セーブデータによっては、コピーに数十秒から数分かかることがあります。

戻る

全体

 DLNAクライアントとして使う

DLNAサーバー機能を持つパソコンやハードディスクレコーダーなどに保管してある画像、音楽、および動画ファイルをネットワーク経由で再生できるようになりました。

DLNAとは?

DLNA(Digital Living Network Alliance)とは、パソコンやハードディスクレコーダー、テレビなどのデジタル機器をネットワークでつないで、別の機器にあるデータを利用できる仕組みです。

DLNA対応機器には、画像、音楽、動画ファイルなどのデータを配信する側(サーバー)と、データを受信する側(クライアント)の2 種類があります。両方の機能を持つ機器もあります。PS3®をクライアントとして使うことで、DLNA サーバー機能を持つパソコンやハードディスクレコーダーなどに保存してある画像、音楽、動画ファイルなどのデータを、ネットワークを経由してPS3®で再生できます。

  • PS3®をDLNAクライアントとして使うには、[設定]>[ネットワーク設定]>[メディアサーバー接続]を有効にしておく必要があります。
  • 「ソニールームリンク」対応の機器や、他社製品を含むDLNA対応の機器にネットワークで接続できます。また、Windows Media® Player 11 がインストールされたMicrosoft® Windows® XP または Microsoft® Windows Vista™搭載パソコンとも接続できます。

DLNAサーバーのコンテンツを再生する

PS3®の電源を入れると、同じネットワーク内にあるDLNAサーバーが自動的に検索され、[フォト]、[ミュージック]、[ビデオ]のいずれかにサーバーのアイコンが表示されます。アイコンを選ぶと、それぞれのDLNAサーバーで公開されているコンテンツを再生できます。

  • 著作権保護されたコンテンツは再生できません。

手動でDLNAサーバーを検索する

[フォト]、[ミュージック]、[ビデオ]のいずれかで[メディアサーバー検索]を選ぶと、同じネットワーク内にあるDLNAサーバーを再検索できます。PS3®の電源を入れたあとにDLNAサーバーが見つからなかったときに利用します。

戻る

フォト

 写真を印刷する

USBプリンタを接続して画像を印刷できるようになりました。 この機能を使うには、あらかじめ[設定]>プリンタ設定]でプリンタの設定をしておく必要があります。

  1. PS3®のUSB接続端子に対応プリンタを接続する。
  2. [フォト]で印刷したい写真を選び、△ボタンを押す
  3. オプションメニューから[印刷]を選ぶ。
  4. 印刷の設定を確認する。
    △ボタンを押すとオプションメニューが表示され、印刷の設定を変更できます。設定できる項目は、お使いのプリンタによって異なります。
  5. [印刷]を選び、○ボタンを押す。
    写真が印刷されます。
  • バージョン1.80ではセイコーエプソン株式会社製のプリンタに対応しています。詳しくはこちらをご覧ください。
  • 表示中の画像を印刷するには、△ボタンを押して表示される操作パネルから [印刷]を選びます。
  • DLNAサーバーに保存されている画像を印刷するときは、画像をPS3®のハードディスクにコピーする必要があります。

戻る

ネットワーク

 リモートプレイをする(インターネット経由)

ホットスポットなどと呼ばれる公衆無線LANサービスのアクセスポイントから、自宅のPS3®にインターネット経由で接続します。PS3®を接続待機状態にしておくことで、自宅から離れた場所からリモートプレイをすることができます。

  • この機能を使うには、PSP®のシステムソフトウェアがバージョン3.50以上になっている必要があります。3.50のアップデートは、5月末に実施予定です。
  • インターネット経由でリモートプレイをするには、PLAYSTATION®Networkのアカウントが必要です。
  • 公衆無線LANサービスの利用方法や料金は、サービス事業者によって異なります。詳しくは、サービス事業者にお問い合わせください。
  1. PS3®で、[フレンド]から[サインイン]を選ぶ。
    インターネット経由でリモートプレイをするには、PLAYSTATION®Networkへのサインインが必要です。
  2. PS3®で、[ネットワーク]から[リモートプレイ]を選ぶ。
    リモートプレイの接続待機状態になり、サインインIDが表示されます。
  3. PSP®で、ホームメニューの[ネットワーク]から[リモートプレイ]を選ぶ。
  4. PS3®への接続方法に[インターネット経由で接続する]を選ぶ。
  5. 接続先の一覧から、リモートプレイで使用するアクセスポイントの接続先を選ぶ。
  6. PS3®で使っているPLAYSTATION®NetworkのサインインIDとパスワードを入力する。

    接続に成功すると、PSP®にPS3®の画面が表示されます。
  • リモートプレイについて詳しくは、PS3®のユーザーズガイドをご覧ください。
  • 自宅から離れた場所でリモートプレイ接続をするには、手順2の状態でPS3®を待機させておく必要があります。

戻る

トップに戻るボタン