PlayStation™Networkにサインイン

利用規約に同意してサインインするとトロフィーやフレンドの情報を見たり、PS.Blog にコメント投稿することができます。

俺の屍を越えてゆけ 続編への道 「俺の屍を越えてゆけ」続編の進捗状況について、随時お伝えして参ります!

ホーム  >  制作日誌

制作日誌18: 佐嶋さんのお顔を本邦初公開!

2013.10.10

SCE『俺屍2』制作チームです。
写真はTGSで試遊していただいた皆さんの当主様データを、打ち出してファイリングしたものです。
スタッフの宝物として大事に保管しています。というか毎日眺めています。

こうして見てると、学生時代の卒業アルバムのようです。仲良かった友達、想いを告げられなかったあの子…。
どの人の顔を見ても、その人とのエピソードが即座によみがえってきます。


いきなりな妄想モードですが、こうした感覚が楽しめるのも、『俺屍2』が目指す遊び方のひとつなんです。
顔パターンに限界のあった前作と違って、人との違いを楽しむことは純粋に面白いですよね。

まぁ、この顔に関してはいろいろとご意見をいただいているので、その辺りを中心に今回の日誌を書くとして…。


さて、今日は千葉の某所に来ています。
最近は桝田さんと品川でミーティングする機会が多いので、千葉は久しぶりです。

その理由は…というと、イラストレーターの佐嶋さんにお会いして、
今後のPR用イラストの話や、先日のTGSの反響を受けて改善案などを話し合いに来たのです。

某JR駅構内にあるNEWDA●S前で待ち合わせ。
ほどなくして桝田さん佐嶋さんと合流。

平日の夕方、まさかこんなところで俺屍スタッフが集結しているとは誰も思うまい…です(笑)

佐嶋さんとのミーティングの前に、皆さん結構気になっていると思いますので、TGSでの試遊の感想から、
現在僕らが桝田さんやアルファ・システムさんと話し合っているポイントの一部を抜粋します。

■ 当主キャラクターに関して

・神様やコーちんと比べたときの違和感
・目が気持ち悪い
・眉がおかしい
・ぶさいく

■ バトル演出関連

・バトルのテンポが悪い
・戦闘時の前後列が判別しにくいとの意見が多い

■ エンカウントシンボル関連

・移動中、敵の背後がさっぱり取れない
・移動中視点が低くて、敵との距離感が計れずぶつかりやすい
・背景とマップ上の敵が同じような質感で、絵としてはわかるが、記号として見えにくい

■ エンカウント演出

・バトルに入るときの幕は、評判が悪い
・ロードの時間が長い

などなど、です。

特に当主キャラクターの作成に関しては、顔そのものに関するご意見が多かったので、
もう少し詳しく改善案のお話をすると…。

桝田さんのアイデア:

カメラで撮影したいくつかの顔を、それなりの見栄えに直した場合の修正傾向を分析して、
それを最初から反映させる、などの方法を検討してみては?
たとえば僕は、顔の輪郭をややスリムにして、目をやや大きくして目の位置を少し下げて、
眉のかたちを整えるくらいのことをやってる。これくらいやると20歳くらい若返る。

アルファさんの改善案:

一族の顔に関しては、デフォルトに前作で人気があった一族に似た顔を男女10種ずつ入れておく。

目が気持ち悪い件については、
汎用の目には光源が映りこみがないからではないかという意見が散見している。
生成後にスポットを乗せれば解決するか検証。

目の濃度を全体に上げて、瞳孔があまり目立たないようにする。

目の下側の線は評判が良くないので再検討。

極端な下膨れと極端に尖った顎は、初代当主作成時は、いっそ削除してもいいかもしれない。

目の表現はハイライトを目立たせてみる対応を実施する予定。

新規一族を作成する際に、今回と同様の仕様で「委任」を追加。
この「委任」は、旧作一族をアバター化したものからランダムで選択するものを予定。

ブサイク問題については、「パーツのみ反映、位置調整なし」の美形モードを検討。

と、このように、かなり議論を行っており…今後も調整を施していく予定です。
今回から3Dになったことで、ファンの方々によってはそれだけで印象も変わってしまったでしょうし、
そもそも静止画か動画かによっても印象は大きく変わると思います。

佐嶋テイストをしっかり踏襲しながら、皆さんが納得できる方向性を目指していきますので、
今後の情報にご期待ください。

話を戻して佐嶋さんとのミーティングですが、ここで軽い問題が発生しました。

「あの、制作日誌用にお写真は…やっぱダメですよ…ね?」

「はい(笑顔)」

爽やかな笑顔でお断りされてしまいました。
ファンの方々なら当然ご存知だと思いますが、佐嶋さんは写真NGなお方なんです。

日誌担当の乏しい表現力で頑張ってお伝えすると…髪はショートで、穏やかなオーラをおもちのお姉さまです。
『俺屍』キャラで例えるなら…

悪ノリすみませんOrz
調子こいて、こんなことばかり書いていたら…マジで佐嶋さんに殴られそうです。

その場では年明け以降のPRスケジュールに合わせて、どういったイラストを描いていくか? など、
かなり重要な話をしました。が、なにぶんまだゲーム制作に必要なイラストも進行中の状況なので、
PR用に何枚必要か? とか、ジャケットやマニュアルの絵はどうするか? などなど、
今後の作業量を決めてミーティングは終了しました。

僕らは作業中のイラストも拝見していますが、いやーやはり、たまりません!
設定画などを集めた画集を出してくれるように、マーチャンダイジングチームにも再度お願いしておこうと思います。

「日誌さぁ、このままだとネタ全然取れてないと思うから、この後のお食事の席でこっそり佐嶋さん撮れば?」

永嶋先輩が悪そうな顔で耳打ちしてきました。

先輩、無理ですよ。そんなことしたら本当に佐嶋さんに怒られますって!

↑うわぁ、本当に悪そうな顔してる。Vサインも意味分かんない。
あなた、この前のステージを経験して、より一層度胸が据わっちゃってるじゃないですか!

↑とりあえず佐嶋さんは怖いので、どんなシーンを撮っても怒らない桝田さんをパシャリ。
お食事しながらお題で投稿いただいた当主様を楽しそうに眺めています。

↑佐嶋さん自ら、ご自身の画風と3Dキャラの違いを鋭く指摘。
そんな真面目なシーンの後ろでこっそりと…
佐嶋さんの指先だけをカメラに収めることに成功した歴史的瞬間です!
この指で、あの素敵なキャラクターが生み出されていくのですね。

↑お酒も入ってきたので、ここで皆ちょっとノリも良くなってきました。
「せっかくだから、佐嶋の顔でキャラ作ってみようよ」と桝田さんから提案が!
さっそく撮って…さらに似せようと顔をいじくる桝田さん。

↑「う、うーん。こんなものかなぁ。ちょっと違うなぁ」とハーフ満足げな桝田さん。
あの、ここからだと全然見えないのでもう少し近くで見せてください!



一同 「う、うーん。まぁ…似てますかね…」

まさか佐嶋さんご本人もポリゴンキャラでお顔を晒されるとは思っていなかったでしょうが、
ほろ酔いの桝田さんのお陰で、これまでずっと写真NGだった佐嶋さんのお姿が明かされるという…、
記念すべき日になったのは間違いありません!

今回の日誌、振り返ると顔の話ばかりですが、
画面写真をジーっと見れば、さりげなく新情報も載っているのがお分かりいただけるとかと。

そうです、キャラの顔はお好みで微調整も出来ますので、ご安心ください。

まだまだ来年夏に向けて『俺屍2』は進化していきますよー!
お楽しみに!

  • 次の日誌へ
  • ホームへ
  • 前の日誌へ
トップに戻るボタン