PlayStation™Networkにサインイン

利用規約に同意してサインインするとトロフィーやフレンドの情報を見たり、PS.Blog にコメント投稿することができます。

俺の屍を越えてゆけ 続編への道 「俺の屍を越えてゆけ」続編の進捗状況について、随時お伝えして参ります!

ホーム  >  制作日誌

制作日誌20: スタジオに住んでいます

2013.11.07

日誌を書いている今、もはや時間の感覚さえ無くなってきました。
人間は陽の光を浴びてこそ、体内時計が作動することを痛感しました。SCE『俺屍2』制作チームです。

そうなんです、このところずっとスタジオで収録を続けているんです!
密閉空間のなか、音声スタッフの皆さん、いつものSCEメンバー、
そして桝田さんとずーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっと一緒なんです。

結構な確率でド派手なプリントの服を着てくる桝田さんですが、
慣れというのは恐ろしいもので…

あ、今日は地味ですね。

なんて思っちゃうくらいに「桝田さん慣れ」してきました。

ちなみに、夜の食事も桝田さん、椎名P、永嶋先輩と常に一緒です。

…もう、このメンツが家族でいいかも。

そんな排他的で危険な発想が浮かんでしまうくらいです。
冷静に考えると、こんな濃いメンバーだらけの家族なんて嫌です(笑)

とはいえ、肝心の音声収録は順調に進行しています!

前回の日誌でお見せした台本もご覧の状況で、
声優さんのパートごとに貼った付箋がすごいことになっています!

↑ピッカピカの新品だった台本もご覧の通り。まるで受験生の辞書のように
付箋と手垢がビッシリです。こういうの読者プレゼントすると盛り上がりますかね?

さて、すでに収録も後半戦に突入し、ここまでの段階で40人ちかくの声優さんにご参加いただきました。
ストーリーに絡む主要キャラクターを担当する声優さんには、
時間の許す限り、ビデオメッセージやボイスメッセージなどの収録もお願いしています。

こうしたメッセージは声優さんの発表とあわせて、
Webサイトで公開できるように準備中ですので、ぜひともお楽しみに!

↑収録の合間にメッセージ映像用のカメラをスタンバイする、
JAPANスタジオはサウンド&ビデオグループのメンバーたち。
収録の2日前にお願いしたにも関わらず、
フットワークも軽く、どこのスタジオにも飛んできてくれる頼もしい猛者たちです。

ちなみに鋭い方はすでにお気づきかもしれませんが、
今回の日誌に載せているスタジオの写真は、異なる場所のものを混在させて掲載しています。

そうなんです、じつは一ヶ所のスタジオを長期で押さえているものの、
この日記を書いている週だけ、声優さんのスケジュールにあわせて都内のスタジオを移動しつつ収録しているんです(泣)
もちろん、頼もしい音声スタッフの皆さんが一緒なので、それでもスムーズに作業が進んでいくので安心ですが。

あらためて、自社ビルのスタジオを占拠している、なんたらサクリファイス♪ デルタのチームがうらめしい!

※他チームの宣伝をしているような気がして悔しいので、雑なリンク指定をしておきます。

なんだかんだで、ここ数週間はずっとこんな感じでして…。
日誌のネタを搾り出そうにも、声優さんの情報は解禁にはまだ早いですし、
水面下で準備していることが多く、なかなか皆さんに明確な情報をお伝えできないのが心苦しくもあります。

また制作とは別に、年明けの本格PRの準備や体験版の検討、
ファンの方々はもちろん、新規の方々へのアピールをどうすべきか、
桝田さんや宣伝スタッフも交えて色々と協議を行っています。

あとSCEJがSCEJAになった分、年明けの台北ゲームショウにも出たいなーと、
アジア部署の人たちと妄想もしています。


…あっと、そして大事なことをお伝えし忘れました!

ゲーム内のアニメパートの制作もスタートしました!

↑発表前ですので、アニメーション制作会社さんは内緒にしておきますが、
ご覧のような感じで熱いミーティングを行っています。
じつは発表用の「特報! アニメトレーラー」を制作した会社さんに引き続き担当していただいています。
といいますか、そもそもこの会社さんでゲーム内のアニメパートを担当していただくことが決まっていたので、
あの発表用アニメを作ったという流れが正しいです。
まだラフですが、コンテもちょっとだけ(遠くから)撮影してみました。

↑思い起こせば発表用のアニメトレーラーの制作時からゲーム内アニメの方向性を模索し始めていました。
途中段階をみると最終形とテイストが違うのもお分かりいただけるかと。
初代同様、『俺屍2』でも衝撃的かつドラマチックなシーンが展開していきますので、震えてお待ちください!

とまぁ、現在は、やることいっぱい夢いっぱいです。
来年の夏、15年越しの思いを爆発させてバーンとォ! 発売できますように、ここから更に頑張ります。

ノリだけの日誌も、いつの間にか隔週ペースで20回目を迎えました。
いつも読んでいただいている方々、有難うございます。
お返事はできていませんが、ご意見やご感想はスタッフ一同すべて拝見しておりますので、
引き続きコメントなどお気軽にお寄せください。

来月でもう2013年も終わりですね…あと7週間で会社もお休みということで…。
少し焦ってまいりました!

  • 次の日誌へ
  • ホームへ
  • 前の日誌へ
トップに戻るボタン