PlayStation™Networkにサインイン

利用規約に同意してサインインするとトロフィーやフレンドの情報を見たり、PS.Blog にコメント投稿することができます。

1. 大陸の歴史について

皆さん初めまして。
私、バランドール王国:歴史考察特派員のエルシィと申します。
今日から複数回に渡って、大陸の歴史を追っていきたいと思いますので、以後、宜しくお願い致します。

第一回目の今日は大陸の歴史についてです。
最古の歴史書、または各地の遺跡に刻まれた記録を紐解いていくと、この大陸は遥か昔、偉大なる王“聖王ファルシオス”によって統治されていた。…とされています。
恐らく、これが現在解明されている大陸最古の歴史なのですが、この“ファルシオス”がどれ程偉大な王であったのか。当時の大陸はいかに平和に満ち溢れた大地であったのか。
そういった記録は残念ながらほとんど残されていません。
強い魔力を持っていて、実に四百年間もの間生きていたという伝説もありますが、まぁ…伝説なんてそんな物です。

———記録が残っていない理由。
それは、“ファルシオス”の死後、大陸を二分した想像を絶する戦乱の時代が訪れた為といわれています。
その戦乱の時代を、後の世の学者達は“ドグマ戦記”と総称し現在に伝えています。
しかし残念ながら、“ドグマ戦記”自体の記録もそれ程多く残っている訳ではありません。
「その戦争が余りに激しかった為に記録は全て紛失したのだ。」
と言う歴史学者もいれば、
「あの戦争は後世に残す事のできない呪われた歴史だから記録は意図的に抹消されたのだ。」
と語る魔術評論家もいます。
もっとも一万年も前の話ですから、その真偽は確かめようもありません。

ただ、その数少ない記録から読み取った限りでは、“ドグマ戦記”は伝承にある様に、私達の経験した事のない、とても大きな戦争であった。と推測されます。
十年前、バランドール王国とフォーリア公国との間で“二王国間戦争”が勃発し、当時は“ドグマ戦記”の再来か? と人々を不安にさせましたが、幸い、近年ではその面影もなく休戦状態が続いています。
噂では近々バランドール王国で開催されるシズナ姫様の成人祭に、フォーリア公国の某要人が招待されているとかいないとか。
これが本当なら終戦も近いという事になりますね。噂が現実である事を期待します。

遺跡…と、話がそれました。
前述の“ドグマ戦記”が、私達の記憶に新しい“二王国間戦争”よりも熾烈を極める戦いであった事は、近年発見の相次ぐ“ドグマホール”と総称される遺跡群からの出土品の数々から証明されています。

特に注目したいのが、現代の知識では解明できない動力源が不明とされる飛行艇を思わせる戦闘兵器や、重武装したトロル族を、鎧ごと、ひと太刀の下に切り伏せられたと思われる残骸の数々。

前者は、“ドグマ戦記”時代に私達の想像を超えた文明が栄えていた事を証明し、後者は、伝説の“シンナイト”が実在していた事を裏付ける証拠として注目されています。

次回は、この“シンナイト”について、もう少し掘り下げてみたいと思います。

上へ

Created by LEVEL-5 Inc. ©2008 Sony Computer Entertainment Inc.

トップに戻るボタン