PlayStation™Networkにサインイン

利用規約に同意してサインインするとトロフィーやフレンドの情報を見たり、PS.Blog にコメント投稿することができます。

METAL GEAR RISING REVENGEANCE

PS3
1 ソニーストアで見る
(ソニーストア販売価格)

オリジナルデザインのPS3®本体を同梱した斬奪パッケージが発売!

 PS3®用ソフト『メタルギア ライジング リベンジェンス』と、オリジナルモデルのPS3®本体がセットになった“メタルギア ライジング リベンジェンス 斬奪 パッケージ”が数量限定で2013年2月21日に発売される。このパッケージに同梱されるPS3®本体は、『メタルギア ライジング リベンジェンス』のイメージカラーのブルーと、作品を象徴する“斬奪”の文字をデザイン。コントローラのDUALSHOCK®3は、ダークブルーのスケルトン仕様になっている。さらに、オリジナルカスタムテーマのダウンロードコードも同梱されている。

同梱版の詳しい情報はこちらをチェック!

再び戦いに身を投じる雷電! 新たに描かれる歴史とドラマに注

 『メタルギアソリッド(以下、MGS)2』で初登場した雷電(ライデン)が主人公となる、アクションの壮快感を追求した新たな『メタルギア』、それが『メタルギア ライジング リベンジェンス(以下、MGR)』だ。『MGS4』ではサイボーグ剣士として生まれ変わり、刀一本で敵と渡り合う姿が印象的だった雷電。『MGR』は、そんな雷電のサイボーグならではの人智を超えたアクションを思う存分楽しめる作品となっている。キーワードは“斬奪”。敵を自在に斬り刻む“斬撃モード”と、斬った敵から自己修復ユニットを奪い体力を回復するという攻防一体のアクションで敵をなぎ倒していく。なお、数量限定特典として、『MGS』に登場したサイボーグ忍者を再現したカスタマイズ用ボディ“サイボーグ忍者”のダウンロードコードも同梱される。

 『メタルギア』サーガの歴史に連なる『MGR』の物語は、そのリアリティに満ちた世界観とドラマ性の高さも魅力の1つ。今回の物語は、『MGS4』から4年余りが過ぎた世界が舞台となる。アメリカとロシアの思惑が交差する新興国アブハジア。その首都を占拠した民間軍事会社(PMC)の“デスペラード・エンフォースメント”と、デスペラード社と行動をともにし、不可解な発言を繰り返す剣士サムエル・ホドリゲス。多くの思惑と謎を抱えた戦いの中で過去と対峙した雷電は、1つの決断を下すことになる。雷電の決断は何を引き起こすのか? 戦いの果てにどんな真実が待っているのか? 新たな時代の中で描かれる、彼らのドラマに注目だ。

~STORY~

 かつて少年兵としてリベリア内戦に参加し、“ジャック・ザ・リッパー”の名で怖れられた雷電。現在の彼は、サイボーグとして民間軍事警備会社(PMSCs)の“マヴェリック・セキュリティ・コンサルティング”に所属し、新興国での要人警護や国軍の訓練などを請け負うことで糊口をしのいでいた。

  しかし、内戦を脱して復興を遂げたはずの国で、雷電たちは多数のサイボーグを擁する勢力による襲撃を受け、復興の立役者であった首相を死亡させてしまう。敵の用心棒サムは、雷電の剣が「快楽を怖れている」と指摘。雷電はサムに敗れ、左目と左腕を失ってしまう。

  調査の結果、敵勢力は“デスペラード・エンフォースメント”として米国に登記されたPMCであると判明。さらに彼らが、米ロの思惑が交錯するアブハジアにて首都を占拠したとの情報が入る。ロシア出身のマヴェリック社代表ボリスは、ロシア連邦保安庁(FSB)からの根回しを受けて、首都奪還の業務を受注。新たなサイボーグとして再起動した雷電は、デスペラード社とサムへの雪辱戦(リベンジ)に赴く——。

▲雷電:巨大な無人兵器をも一刀両断する“高周波ブレード”を装備したサイボーグ。リベリアに生まれ、内戦に巻き込まれて家族を失い、チャイルドソルジャーとなる。民間軍事警備会社(PMSCs)“マヴェリック・セキュリティ・コンサルティング”に入社。

▲サムエル・ホドリゲス:デスペラード社に雇われた謎のサイボーグ。雷電との戦いでその太刀筋を見切り、雷電の剣が快楽を怖れていると指摘する。

▲LQ-84i:自己学習型の光ニューロAIに加え、プロトタイプの対話インターフェイスを搭載した無人機。デスペラード社より雷電抹殺の指令を受け、雷電の前に姿を現す。

■斬り続ける壮快感! 多彩な攻撃アクションでミッションに挑む

 攻撃アクションの基本となる通常攻撃は□、△ボタンを押せばよい。連続してボタンを押すことでコンボを繰り出せるだけでなく、相手の攻撃に合わせてアナログスティックを傾けながら□ボタン押せば、敵の攻撃を刀で受ける“シノギ”も行える。こうした、常に攻撃しながら防御もできるアグレッシブさと、従来の『MGS』とはまた違ったスピーディなアクションの融合が、『MGR』の壮快感を生み出している。

 また、攻撃における『MGR』の核となるアクションが、斬る位置や角度を自在に操作できる“斬撃モード”。このモードでは、敵を一刀両断にする強力な斬撃を行える反面、FC(燃料電池)ゲージを消費してしまう。しかし、斬撃モード中に表示される敵のコア(赤い四角)を斬って○ボタンを押せば、敵の自己修復ユニットを“斬奪”し、LIFEとFCゲージの回復が可能。斬奪を使いこなせば、より攻撃的に敵と渡り合うことができる。

▲“シノギ”や“斬奪”など、攻撃の中に防御や回復の要素もある『MGR』。敵を一撃で仕留める“ニンジャキル”というアクションもあり、幅広い攻撃アクションを使いこなすことで、さらなる壮快感を得ることができる。

METAL GEAR RISING REVENGEANCE

(株)コナミデジタルエンタテインメント

BLJM-60554
発売日 2013年2月21日
メーカー希望小売価格 6,648円 (税抜) / 7,179円 (税込)
ジャンル アクション
フォーマット PS3®
販売形態 ディスク
PSN℠ 対応
CEROレーティング
(対象年齢)
CERO D(17歳以上対象)
  • 暴力暴力
プレイヤー 1人
必要容量 2260MB以上
METAL GEAR RISING REVENGEANCE ジャケット画像
ソニーストアで見る
(ソニーストア販売価格)
ゲームタイトル(カナ)
メタルギアライジングリベンジェンス
発売元(カナ)
ジャンル
アクション
特別ジャンル
公開
公開
JANコード
4988602164404
体験版
0
リスト用画像
http://sce.scene7.com/is/image/playstation/bljm60554_jacket?$pkgS$
Move
0
3D
0
互換性情報
0
ゲームアーカイブスの種類
PS Vita互換
0
PS Vita TV互換
0
PS Now対応
非対応
YZコード
1361372400000
ページID
8tnu01000001zdei
  • PSN℠対応PSN℠対応
  • 追加コンテンツ対応追加コンテンツ対応
トップに戻るボタン