PlayStation™Networkにサインイン

利用規約に同意してサインインするとトロフィーやフレンドの情報を見たり、PS.Blog にコメント投稿することができます。

かまいたちの夜 特別篇

ゲームアーカイブス
2 PlayStation®Storeで見る
(PlayStation®Store販売価格)
雪深い山の中にあるペンションで起こった無差別な連続殺人事件。
完全密室で起きた殺人の謎を、あなたは解き明かすことができるか?
ミステリーアドベンチャーの傑作。

スペシャルレビュー「フリープレイ」の中から、押さえておきたい作品をゲーム誌歴代編集長がピックアップ!

『ゲーマガ』元編集長 梅田浩二

「元ゲーマガの梅田? 誰、それ?」という方、初めまして。そうでない方は、ご無沙汰しております。2012年3月に休刊したゲーマガというゲーム総合雑誌で、編集長を務めていました梅田と申します。当時は誌面や某ラジオなどでウメPと呼ばれ、誌面にはちょくちょく出させていただきました。

現在は縁あってドワンゴに転職、ニコニコ動画・ニコニコチャンネル・ニコニコアプリ関係の業務に従事しています。

今回はSCEさんからお題をいただきまして、僭越ながら1本セレクトさせていただきます。

僕が6月のPS Plusフリープレイタイトルで気になったのは、スパイク・チュンソフトの「かまいたちの夜 特別篇」(1998年12月3日発売)です。

当時、PS版「かまいたち」は、「サウンドノベルエボリューション」と銘打たれたシリーズの中でリリースされたソフトで、SFC版「弟切草」、SFC・GBA版「かまいたち」、サターン版「街」のサウンドノベル3部作を一括りにして、PSに移植・連続リリースというプロジェクトだったと記憶しています。

その当時、僕は「ゲーマガ」の前身となるセガハード専門誌に所属していて、誌面で「街」を猛プッシュしていました。その情熱や記事クオリティを評価されたのか、姉妹誌の「ザ・プレイステーション」編集部から、「今度発売されるサウンドノベル3部作の記事制作を、ぜひお願いしたい」という依頼が届きました。

セガハード専門雑誌の編集者がプレイステーション専門雑誌の記事を担当するのは異例のことで、戸惑いを感じながらも「オレがやるからには全力で制作しよう」と、ゲーム評論家の山下章さんとチュンソフト中村社長(当時)の対談をセッティングし、自ら原稿を執筆したことを覚えています。

さて、その「かまいたち」ですが、ゲーム内容や魅力については、今さら説明不要でしょう。

SFC版は後戻りのできないストイックな仕様で、間違った選択肢を選んでも前に進むしかなく、今思えば結果的にその強制仕様が「追い詰められる恐怖と不安」を生んでいたように思います。

PS版はフローチャート機能が搭載されたことでグッと遊びやすくなっていますが、やり直しのできる仕様が親切すぎて、正直なところSFC版のような恐怖と不安は襲ってきません。

しかし、ライトユーザーや気軽に楽しみたい方にはちょうどいい「今風の難易度」でしょうし、久しぶりにプレイして「こんなシナリオあったんだ!」という新たな分岐を見つける楽しみもあります。

もちろんフローチャート機能を封印すれば昔の難易度のままでプレイできますから、こんな僕のコラムを読んでいるようなコアな方には、ぜひとも自力&ノーヒントでプレイしていただき、当時を懐かしみながら「後戻りのできない仕様」と「追い詰められる恐怖と不安」を、再度体験されてみてはいかがでしょうか。

ところで、もしサウンドノベルが現在に蘇るとしたら、プレイヤーのパラメーターやステータスによって、進路や先のシナリオを自動的にダウンロード・可変する仕様が今風でしょうね。そして、分岐の選択肢で課金するとか。

前からいい雰囲気だった、憧れのあの娘と居酒屋デート。トークも相当盛り上がったのだが、「そろそろ終電近いから帰らなきゃ」と彼女がつぶやいた。僕は・・・

A)「駅まで送るよ」と、紳士な言葉を投げかけた。
B)「タクシー代なら払うから、もうちょっと呑もうよ」と、引き延ばした。
C)「だったらオレんち来ない?」と、一気に勝負をかけた。(¥100)

温故知新の意味を込めて、「分岐型テキストアドベンチャー」と「サウンドノベル」の原点でもある「かまいたちの夜 特別篇」をオススメさせていただきます。

ではみなさん、またどこかでお会いしましょう(゚∀゚)

株式会社ドワンゴ 梅田浩二

92年セガ入社。AM2研でバーチャファイターなどの広報を担当、97年に雑誌の編集へと転身。セガサターンマガジンなどのセガ専門誌誌を経て、2004年にゲーム総合誌ゲーマガの編集長に就任、アイドルマスター、初音ミク、中川翔子連載などを担当。2012年ゲーマガ休刊に伴い転職、現在は株式会社ドワンゴにて、ニコニコアプリやニコニコチャンネルの業務に従事。

「ゲームアーカイブス」は、過去に発売された名作ゲームを楽しむことができるシリーズです。
この作品は、PS3®/PS Vita/PS Vita TV/PSP®で楽しめます。「ゲームアーカイブス」について詳しくはこちら
※ご利用の際のご注意
ゲームソフトは、販売・配信時期やその他の事情により一部または全部のサービスを中止または終了している場合やさまざまなキャンペーン等で販売価格が変動する場合がございます。必ず“PlayStation Store”にて配信状況をご確認のうえウォレットへのチャージ/ご購入ください。また、コンテンツをダウンロードする際は、ストレージ内にダウンロード容量以外の一時的な空き容量が必要です。

かまいたちの夜 特別篇

(株)スパイク・チュンソフト

配信日 2011年8月24日
販売価格 823円 (税込)
ジャンル アドベンチャー
フォーマット PS3®
PS Vita
PS Vita TV
PSP®
[PSP-1000シリーズ/PSP-2000シリーズ/PSP-3000シリーズ/PSP-N1000(PSP®go)シリーズ]
販売形態 ダウンロード
振動機能 対応
PS Vitaでの動作 PS3®やPSP®でのプレイとは一部異なる可能性がございますが、ゲームの進行には影響ございません。
CEROレーティング
(対象年齢)
CERO D(17歳以上対象)
プレイヤー 1人
かまいたちの夜 特別篇 ジャケット画像
PlayStation®Storeで見る
(PlayStation®Store販売価格)
ゲームタイトル(カナ)
カマイタチノヨルトクベツヘン
発売元(カナ)
ジャンル
アドベンチャー
特別ジャンル
公開
公開
JANコード
体験版
0
リスト用画像
http://sce.scene7.com/is/image/playstation/jp0365npjj00599_000000000000000001_jacket?$pkgS$
Move
0
3D
0
互換性情報
0
ゲームアーカイブスの種類
PS1
PS Vita互換
0
PS Vita TV互換
1
PS Now対応
非対応
YZコード
1314111600000
ページID
8tnu0100000fbkpj
トップに戻るボタン