PlayStation™Networkにサインイン

サインインするとトロフィーやフレンドの情報を見たり、PS.Blog にコメント投稿することができます。

I.Q FINAL

ゲームアーカイブス
2 PlayStation®Storeで見る
(PlayStation®Store販売価格)
脳細胞を駆けめぐる、静かな興奮。新たなる敵[Forbidden Gate]の出現、生き残りを賭け、新技[REVERSE]を駆使して戦う対戦モード「I.Q SURVIVAL」、100問制覇のドリル方式「100 ATTACK」など、コンテンツも充実し、また一段と凄味を増した"FINAL"ならではのシュールな世界。前作を凌ぐオープニングムービー、心癒すエンディングの数々も見逃せない。

スペシャルレビュー「フリープレイ」の中から、押さえておきたい作品をゲーム誌歴代編集長がピックアップ!

『ハイパープレイステーション』元編集長 岡村尚正

 1994年の「プレイステーション」の登場によって、ゲームは2Dから3Dの時代に突入し、現実世界を再現したり、ファンタジー世界を精緻に構築するゲームが一斉を風靡、ゲームのグラフィックは“リアル”に向かって猛烈に進化していった。凄いCGによる大作ゲームがどんどん生まれていった時代、平面ではなく空間の中での規則的な動きや自由度の高い操作が可能になったことは、パズルゲームにも新しい波をもたらした。

 大ヒットRPG『ファイナルファンタジーVII』が発売された1997年、「プレイステーション」が最初のピークを迎えたその同じ年に、パズルゲームにも傑作が誕生していた。『I.Q Intelligent Qube』だ。

 空間に浮かぶシンプルなマス目状のフィールドにポツンと立つキャラクター。前方からゴトンゴトンと転がってくるキューブ群がフィールドから落ちてしまう前に、いかにして迫り来るキューブを最速で消し去る(捕獲する)ことができるか。瞬時に最短コースを見つけないといけない緊迫感と思考性、ルールは簡単で誰でも手軽に遊べるけれど、やりだしたら止まらない中毒性と没入感。キューブの隙間をすり抜けてのショートカットや同時捕獲などのテクニックを駆使しての、ただの頭脳ゲームではない、アクションゲーム的なスリリングな面白さもあった。

 当時、キューブを消す最短手順を論理的に解析したくて、でも解析プログラムをつくる能力も知識もないから、エクセルで方眼紙をつくって1手ごとにキューブの動いたマスを塗りつぶす、という論理的でもなんでもないアナログな方法で最少歩数を研究したものだった。実践ではろくに役に立たなかったけれど、そういうことを考えるのが楽しかった。

 前方から整然と迫ってくる敵を効率よく消していく遊び方の骨格は、よくよく考えてみると『スペースインベーダー』などとなんら変わらない。それが3D空間では、まったく違うゲームになった。アイデアがゲームをどんどん変えていった時代が間違いなくあった、ということだ。

 モノトーンでどこまでも無機質なデザインは、“大人のための愉しみ”を感じさせるお洒落さ。CMプランナーとして「ドンタコス」「バザールでござーる」など、さまざまなヒット作を手掛けていた佐藤雅彦氏によるゲームデザインは、異業種クリエイターが活躍するようになった「プレイステーション」ならではのもの。作曲家・服部隆之氏による、従来のゲームミュージックとは一線を画す荘厳な音楽が演出するひりひりとする切迫感など、語るべきことはたくさんある。自由と制限が拮抗する3D空間での遊び、大人の鑑賞にも耐えるスタイリッシュさ、クリエイターの作家性、上質な音楽……それらすべてが「プレイステーション」らしい新しさに満ちていた。

 1998年に発売された続編『IQ FINAL』は、規定の100問を解いていく「100 ATTACK」、制限時間なしでひたすらキューブを捕獲し続ける「I.Q SURVIVAL」などの新モードのほか、対戦時に相手のキューブ群を左右反転させてしまう“なんてことすんのさ”的な大技「REVERSE」なども追加され、より完成度を増した完全版といっていい素晴らしい出来で、15年経ったいま若いゲームユーザーが遊んでも、古さは感じないに違いない。ノスタルジーではなく、純粋に「プレイステーション」が生み出したゲームのマジックを堪能できるはずだ。

 『I.Q』が1997年に登場した時のキャッチコピーは“脳は戦う”。なんともカッコいいじゃないか。

「ゲームアーカイブス」は、過去に発売された名作ゲームを楽しむことができるシリーズです。
この作品は、PS3®/PS Vita/PS Vita TV/PSP®で楽しめます。「ゲームアーカイブス」について詳しくはこちら
PocketStation for PlayStation Vita』に対応しています。
最新の PS Vita システムソフトウェアにアップデートしてご利用ください。
※ご利用の際のご注意
ゲームソフトは、販売・配信時期やその他の事情により一部または全部のサービスを中止または終了している場合やさまざまなキャンペーン等で販売価格が変動する場合がございます。必ず“PlayStation Store”にて配信状況をご確認のうえウォレットへのチャージ/ご購入ください。また、コンテンツをダウンロードする際は、ストレージ内にダウンロード容量以外の一時的な空き容量が必要です。

I.Q FINAL

(株)ソニー・コンピュータエンタテインメント

配信日 2008年1月16日
販売価格 617円 (税込)
ジャンル パズル
フォーマット PS3®
PS Vita
PS Vita TV
PSP®
[PSP-1000シリーズ/PSP-2000シリーズ/PSP-3000シリーズ/PSP-N1000(PSP®go)シリーズ]
販売形態 ダウンロード
振動機能 対応
スクリーンショット機能 対応
PS Vitaでの動作 PS3®やPSP®でのプレイとは一部異なる可能性がございますが、ゲームの進行には影響ございません。
CEROレーティング
(対象年齢)
CERO A(全年齢対象)
I.Q FINAL ジャケット画像
PlayStation®Storeで見る
(PlayStation®Store販売価格)
ゲームタイトル(カナ)
アイキューファイナル
発売元(カナ)
ジャンル
パズル
特別ジャンル
公開
公開
JANコード
体験版
0
リスト用画像
http://sce.scene7.com/is/image/playstation/jp9000npji00048_000000000000000001_jacket?$pkgS$
Move
0
3D
0
互換性情報
0
ゲームアーカイブスの種類
PS1
PS Vita互換
0
PS Vita TV互換
1
PS Now対応
非対応
YZコード
1200409200000
ページID
8tnu01000000rnla
トップに戻るボタン