PlayStation™Networkにサインイン

利用規約に同意してサインインするとトロフィーやフレンドの情報を見たり、PS.Blog にコメント投稿することができます。

金色のコルダ4 プラチナBOX

PSVita PSVita
1 ソニーストアで見る
(ソニーストア販売価格)

■音楽をテーマにした学園青春ストーリー! 秋と冬ならではのとろけるような恋を奏でよう

 “音楽”に一生懸命な主人公と男性たちによる、青春と恋を描く『金色のコルダ』シリーズ。そのナンバリングタイトルである本作では、『金色のコルダ3』に登場したキャラクターの秋と冬がつづられていく。

 舞い散る落ち葉がセンチメンタルな秋、きらめくイルミネーションに輝く冬——美しい港町・横浜を舞台にした、胸キュンたっぷりの日々を満喫しよう。

『金色のコルダ4』ゲーム画面
『金色のコルダ4』ゲーム画面
『金色のコルダ4』ゲーム画面
『金色のコルダ4』ゲーム画面
『金色のコルダ4』ゲーム画面

■STORY 夏のコンクールから1カ月——新たなコンサートが開幕!

 横浜にある音楽の名門・星奏学院高校。主人公が所属するオーケストラ部は、夏の“全国学生音楽コンクール”で全国優勝を達成した。それから1カ月——。

 後輩に誘われ、オーケストラ部の先輩たちが企画する週末のコンサートに参加することになった主人公。その達成感に感激した彼女は、オーケストラ部の仲間や、コンクールで知り合った他校の演奏家と一緒にたくさんのステージを企画することに。その中で、少しずつ恋心が芽生えていき……。

『金色のコルダ4』ゲーム画面
『金色のコルダ4』ゲーム画面

▲マップ上から目当ての彼がいるスポットを選択。どんどん会いに行って、会話や練習をすれば、親密になれちゃう!

『金色のコルダ4』ゲーム画面
『金色のコルダ4』ゲーム画面

▲仲のいい人たちとアンサンブルを組んでコンサートの舞台へ。ここでの評価は、毎日の練習がカギ。たくさん練習しよう。

『金色のコルダ4』ゲーム画面
『金色のコルダ4』ゲーム画面

▲本作での好感度は“彼への想い”と“彼からの想い”の2種類。どちらかが偏ると、片想い状態になることも!

■CHARACTER 主人公&アンサンブルを組める12名の演奏家たち

小日向 かなで(こひなた かなで)
※名前変更可能

『金色のコルダ4』小日向 かなで(こひなた かなで)

▲本作の主人公で、星奏学院高校の2年生。夏のコンクールを通じて、さまざまな知り合いが増えた。

星奏学院高校の生徒たち

『金色のコルダ4』星奏学院高校の生徒たち

▲左から、如月響也(CV:福山 潤)、如月 律(CV:小西克幸)、榊 大地(CV:内田夕夜)、水嶋悠人(CV:水橋かおり)

至誠館高校の生徒たち

『金色のコルダ4』至誠館高校の生徒たち

▲左から、八木沢雪広(CV:伊藤健太郎)、火積司郎(CV:森田成一)、水嶋 新(CV:岸尾だいすけ)

神南高校の生徒たち

『金色のコルダ4』神南高校の生徒たち

▲左から、東金千秋(CV:谷山紀章)、土岐蓬生(CV:石川英郎)

天音学園の生徒たち

『金色のコルダ4』天音学園の生徒たち

▲左から、冥加玲士(CV:日野 聡)、天宮 静(CV:宮野真守)、七海宗介(CV:増田ゆき)

●さらに本作にて初登場の新攻略対象も!

須永 巧(すなが たくみ) CV:武内駿輔

『金色のコルダ4』ゲーム画面

▲星奏学院オーケストラ部顧問。ノリがよく、セクシーな魅力の持ち主で、生徒たちをすぐとりこにしてしまう。

■『プラチナBOX』特典内容 メモリアルメッセージ全集やスペシャルボイスクロック、 手書きラブレターなど特典盛りだくさんの決定版!

 『金色のコルダ4』決定版とも言える『プラチナBOX』には、『トレジャーBOX』をしのぐ豪華特典が盛りだくさん! 『トレジャーBOX』に同梱する特典に加えて、“金色のコルダ3 フルボイスSpecial&金色のコルダ4 メモリアルメッセージ全集”、“スペシャルボイスクロック”、“メッセージCD『眠れぬ夜の過ごし方 ~Other Schools~』”、“彼からの手書きラブレター”を同梱。

 『金色のコルダ』の世界を最大限に楽しめる限定版となっている。

『金色のコルダ4』ゲーム画面
●『プラチナBOX』同梱内容
・『金色のコルダ4』ゲームソフト
・フォトライブラリ
・メッセージCD『眠れぬ夜の過ごし方~星奏学院~』
・演奏曲集
・ミニキャラファスナーチャーム
・金色のコルダ3 フルボイスSpecial&金色のコルダ4 メモリアルメッセージ全集:『金色のコルダ3 フルボイスSpecial』と『金色のコルダ4』のセリフがギュギュっと詰まった書籍2冊のセット。
・メッセージCD『眠れぬ夜の過ごし方 ~Other Schools~』:ドキドキ感たっぷりのメッセージCD。至誠館・神南・天音学園に通う8キャラクターのメッセージを収録。
・スペシャルボイスクロック:盤面には描き下ろしのミニキャラクターイラストを使用。『金色のコルダ3』中に登場する“名言ボイス”が入った贅沢なボイスクロック。
・彼からの手書きラブレター:須永を含む13人からの手紙。封筒には彼の直筆メッセージと描き下ろしイラストを使用したクリアカードを同封。

■武内駿輔さんと内田裕也さんが語る『金色のコルダ4』、その魅力

 2010年に発売された『金色のコルダ3』シリーズ。2016年3月10日に、ファン待望の物語の続きが描かれた最新作『金色のコルダ4』がPS Vitaで発売されます。発売を記念して、『金色のコルダ2f』で主人公が通う星奏学院の理事長・吉羅暁彦、そして『コルダ3』からは榊大地を演じる内田夕夜さんと、『コルダ4』から新たに登場する攻略キャラクター・須永巧を演じる武内駿輔さんに、PS Vitaの魅力や『コルダ4』について語っていただきました。

■お2人も心待ちにしていた 『PS Vita 金色のコルダ4 Limited Edition』

——お2人はPS Vitaはお持ちですか?

武内駿輔さん(以下、武内):PSPは持っているのですが、PS Vitaはまだ持っていないんです。

内田夕夜さん(以下、内田):僕も同じく。『コルダ4』がPS Vita作品なので、発売に合わせて購入しないと!

——実はミニキャラが刻印された数量限定モデル『PS Vita 金色のコルダ4 Limited Edition」が発売されるんですよ! しかも“星奏学院Ver.”、“至誠館高校Ver.”、“神南高校Ver.”、“天音学園Ver.”の4種類があって、オリジナルテーマ&オリジナルスリーブがセットになったスペシャルバージョンです。

内田:そうなんですよね! 僕も武内くんもこれを待っていました(笑)。

武内:“星奏学院Ver.”には巧くんもいますね。うれしいです。

——さきほど最新作『コルダ4』を少し触っていただきましたが、PS Vitaでのプレイはいかがでしたか?

武内:高画質で感動しました。世界観やキャラクターがはっきりわかるようになったので、PSPよりもさらに身近に感じられるような気がします。『コルダ4』は秋冬が舞台なので、みんなが秋冬服で登場するなど、この季節ならではの魅力がたくさん詰まっていますね。まだ冒頭部分しか触っていませんが、学園での日々がどう広がっていくのか非常に楽しみです。

内田:PS Vitaはゲーム画面をタッチして動かせる点もいいですね。『コルダ4』以外の作品でも、タッチ操作で技を駆使したりしたらおもしろそうだなと思いました。『コルダ4』は……想像以上でした! これまでのシリーズを僕もプレイしているので「こうなるだろうな」というイメージがあったんです。でも実際に触ってみると、想像していなかった部分がかなりありました。数分間プレイしただけでもおどろきの連続だったので、早くガッツリプレイしたいです。

▲今回の『コルダ4』のイベントCGは、前作とは違う塗り方を採用している。そのため、イベントCGにより暖かみが増しており、秋冬独特の雰囲気を楽しむことができる。

——PS Vitaで乙女ゲームもたくさん発売されていますが、今後乙女ゲームはどうなっていくと思いますか?

武内:もしかしたらもうあるかもしれませんが、PS Vitaのタッチ機能でキャラクターに直接触ったりして、プレイヤーとキャラクターのスキンシップができたらいいですね。

内田:お気に入りのキャラクターのほっぺを触ってみたいね。高画質なので細かいディティールも作れるようになっていくと思うのですが、写真のようではなく絵としての方向で向上してほしいです。そのほうが情感が乗るような気がするんですよね。

——『コルダ4』の話に戻りますが、武内さんは大地、内田さんは須永の印象を教えてください。

武内:大地は、甘いフェイスが魅力的で、女性だったら頼りたくなるタイプですよね。男気にあふれているのですが、繊細な男らしさという言葉のほうがピッタリかなと思います。包み込んでくれるような優しい印象を受けました。

内田:須永&小倉をセットで見せていただいたので「スゴイキャラクターがきた!」と思いました(笑)。『コルダ3』では冥加だけが突出して見えましたが、彼と相並ぶ者がついにやってきた感じです。ただ不思議なことに、須永はイラストから受ける印象なだけではなさそうな気がします。細かい設定はまだわかりませんが裏があるというか、何か傷があるようなキャラクターなのかなと思いました。

——それぞれが演じられているキャラクターのアピールポイントを教えてください。

武内:内田さんがおっしゃったように、巧くんは見た目通りではない何かを持っているキャラクターです。そこが彼の一番魅力的な部分で、主人公との距離が縮まっていくにつれて少しずつひも解かれ、本当の彼の姿が出てくると思います。普段の大人の色気や余裕よりも、ずっとステキな巧くんが見えてくると思いますので楽しみにしていてください。

内田:楽しみだね! 大地は『コルダ3』のなかでは数少ないまっとうな人かな(笑)。強烈な何かがあるわけではないのですが、結婚して旦那さんになったら一番いいだろうなと思える人です。大地は「最終的に自分は音楽で身を立てられない」とわかっているので、そういったさみしさの裏返しで鋭角的にものを返さない。どんなに相手から強くこられても、1回ふわって受け止めて柔らかく返せる人です。ただし、土岐には牙をむきますけどね(笑)。多分それは、大地と土岐は似た部分があるからなんだろうなって思います。

▲武内さん演じる須永は、本作から加わった新キャラクター。星奏学院の教師として、主人公と出会う。見た目が派手で『コルダ』の世界にあまりいない俺様タイプに見えるが果たして……?

——では、そんな彼らとエンディングを迎えるためのアドバイスをお願いします!

内田:“やさしい”モードでプレイしましょう。そしてコンサートだけ“難しい”にしてSSSの評価をたくさんとって1回クリアして、データを引き継いだ状態でいざ勝負というのがオススメです。

武内:ガチの攻略方法ですね(笑)。巧くんの場合、彼を受け止めてあげてください。導いてあげるような感覚で接することが大事かなと思います。

内田:今回一番大きく違うのは、大地がオーケストラ部の部員ではないところだと思います。いままでは普通にプレイしていればエンディングを迎えることができましたが、今作ではもうちょっとだけ気にかけてあげてください。あとは“想い”が上がる色が2種類あるので、想いが上がるときによく見ておくことがポイントです。

 『コルダ4』には片想いシステムがあって、彼からの片想いや主人公からの片想いも楽しめますが、ぜひ1回目はみなさんの思うとおりにやってみてください。そうするとご自身の恋愛傾向がわかると思います。

武内:最初はこっちのキャラクターが魅力的だと思っていても、じつは別のキャラクターがタイプだったということもありそうですよね。

内田:絶対にあると思う。駆け引きもよりリアルになっているので、いろいろ楽しんで最終的に大地にきていただけるとうれしいです(笑)。

▲本作では2人の関係の示すパラメータが“主人公から”か“彼から”の2つになる。どのようにアプローチしたかにより、バランスが変化する。大きくかたよることにより、主人公の片想いや彼の片想いの状態になることもある。

■コルダへの愛が、そのままプラチナBOXの重さに!?

——本作にはプラチナBOXという超豪華な特典付きも発売されます。プラチナBOXのポイントはズバリなんでしょう?

内田:メッセージCDは、全編ダミーヘッドマイクを使って収録しました。眠れない夜に聴いたら、さらに眠れなくなる内容です。結構スゴイですよ(笑)。

武内:巧くんはカワイイ感じになっていると思います。

内田:大地はパターンを変えて3回収録しました。1回目は普通に録って、2回目は衣擦れが入らないように録って、3回目はわざと衣擦れが入るようにやりました。シチュエーションの設定が布団に入っている状態なので、どうやったら夜眠れなくなるかと試行錯誤しながらの収録でした。ぜひヘッドフォンで聴いてほしいです。

武内:初めてのダミーヘッドマイクだったのですが、せいいっぱいやらせていただきました。みなさんに楽しんでいただけたらうれしいです。

内田:収録後に小西さんたちと話す機会があったのですが、全然違う録り方をしていたのが印象的でした。そしてプレミアムBOXは4.4キロあるそうなので、買いに行くときはぜひ軍手をしていってください。4キロをなめたらいけません。

武内:キャリーバッグを持っていったほうがいいかもしれませんね。

内田:事前に近所のスーパーで5キロのお米を持って、重さを体感しておくといいかも。乙女ゲーム史上最も重いゲームなんじゃないでしょうか。購入時は気をつけてください。

武内:それから、キャラクターのセリフが入っている“スペシャルボイスクロック”は、電池を入れる向きに注意です(笑)。

内田:そうそう時計が動いていても、電池の向きが逆だとキャラクターボイスが流れなかったね(笑)。おかしいなと思ったら電池を見ましょう!

——本日はありがとうございました。最後にひとことお願いします。

武内:今日の衣装は大地をイメージされているんですね。

内田:そうなんです。ぜひ武内くんも須永の衣装を着よう! そうすれば野島さんも小倉の格好をやらざるを得なくなるから(笑)。

武内:がんばります(笑)。

内田:イベント開催が楽しみですね。『コルダ』は“コルダファミリー”と言われるぐらいみんな仲よしなので、武内くんもきっとすぐ馴染めるよ。

武内:ありがとうございます。僕もみなさんとお会いするのが楽しみです。

金色のコルダ4 プラチナBOX

(株)コーエーテクモゲームス

KTGS-V0335
発売日 2016年3月10日
メーカー希望小売価格 30,000円 (税抜) / 32,400円 (税込)
ジャンル 恋愛・育成シミュレーション
フォーマット PS Vita
PS Vita TV
販売形態 PS Vitaカード
PSN℠ 対応
PS Vita TV互換 PlayStation®Vitaでのプレイとは一部異なる可能性がございますが、ゲームの進行には影響ございません。
ゲームデータセーブ先 メモリーカード
CEROレーティング
(対象年齢)
CERO B(12歳以上対象)
  • 恋愛恋愛
  • セクシャルセクシャル
  • 犯罪犯罪
プレイヤー 1人
金色のコルダ4 プラチナBOX ジャケット画像
ソニーストアで見る
(ソニーストア販売価格)
ゲームタイトル(カナ)
キンイロノコルダ4プラチナボックス
発売元(カナ)
コーエーテクモゲームス
ジャンル
シミュレーション
特別ジャンル
恋愛・育成シミュレーション
公開
公開
JANコード
4988615081200
体験版
0
リスト用画像
http://sce.scene7.com/is/image/playstation/ktgsv0335_jacket?$pkgS$
Move
0
3D
0
互換性情報
0
ゲームアーカイブスの種類
PS Vita互換
0
PS Vita TV互換
1
PS Now対応
非対応
YZコード
1457535600000
ページID
8tnu010000bbl0mh
  • メモリーカード(別売)必須
  • タッチスクリーン
  • PSN℠対応PSN℠対応
  • 追加コンテンツ対応追加コンテンツ対応
トップに戻るボタン