PlayStation™Networkにサインイン

サインインするとトロフィーやフレンドの情報を見たり、PS.Blog にコメント投稿することができます。

龍が如く 維新!

PS4
1 ソニーストアで見る
(ソニーストア販売価格)

今度の『龍が如く』の舞台は激動の幕末! 真実を越える坂本龍馬の生き様をその目に焼き付けろ!!

 攘夷と倒幕、2つの理想が激突する幕末。多くの志士たちが明日の世のため刀を振るう中、復讐のためにのみ生きる男がいた。恩師の仇を討つべく京にたどり着いた坂本龍馬は、壬生の狼と呼ばれる剣客集団“新選組”へ、“斎藤一”という偽りの名で決死の潜入に挑む。今、時代を駆け抜けた“龍”と“狼”の伝説が始まろうとしていた……。

▲主人公・坂本龍馬(斎藤一)。身分の低い“郷土”の生まれだが、その卓越した剣の腕をもって藩を変えるために立ち上がる。しかし、改革前夜にある事件が発生し、龍馬の運命は大きく変わることに……。

『龍が如く』オールスターが幕末の動乱を駆け抜ける!

 幕末を舞台とした本作では、シリーズでおなじみの人気キャラクターたちが、新選組・沖田総司や徳川最後の将軍・慶喜といった歴史上の英雄として登場。それぞれの正義を掲げて、激動の時代に立ち向かう。また、新規キャストとしてヒロイン・おりょう役に桜庭ななみ、武市半平太役に高橋克典、近藤勇役に船越英一郎がキャラクターボイスと3DCGで出演。『龍が如く』オールスターと豪華俳優陣による熱い演技にも注目だ。

▲京の情報通として知られる長州藩士・新堀松輔。ある理由から龍馬に接近するが……。

▲新選組一番隊隊長・沖田総司。生粋の戦闘狂で、強い相手との命がけの戦いを喜びとしている。

▲薩摩藩を束ねる西郷吉之助。豪快で好戦的な性格だが、並み居る策士と渡り合うしたたかさも持つ。

▲龍馬が定宿とする寺田屋で働く看板娘・おりょう。過去に起きたある事件がきっかけで、人斬りに過剰な敵意を見せる。

▲龍馬を幼少期から守り、一緒に成長してた武市半平太。しかし、育ての親・吉田東洋の死によって2人は別の道に歩き出す……。

▲新選組局長・近藤勇。無法者たちをまとめ上げて新選組を作った、希代の手腕を持つ。しかし、その姿を見たものは少なく、一部で死亡説もささやかれるが……。

“幕末”ならではの豪快なバトルシステム

 本作のバトルでは、主人公・坂本龍馬(斎藤一)の戦闘スタイルに合わせた4つの型が登場。刀と銃、拳によるアクションを組み合わせた豪快なバトルが繰り広げられる。他にも槍や大太刀などの特殊な武器や、町中に落ちているものを使って戦うことも可能だ。もちろん、“ヒートアクション”や“絶技”といったシリーズおなじみの大技も健在。ド派手なアクションを使いこなし、迫りくる敵を蹴散らせ!

▲両手で刀を持つ“一刀の型”。渾身の力を込めた斬撃は、相手の攻撃やガードをものともせず、一閃のもとに斬り伏せる。また、刀によるガードや相手の刀の巻き上げなど、防御面でもスキがない。

▲“短銃の型”はリボルバー式の短銃を使う型。遠距離からの射撃に加えて、背面撃ちや多段撃ちなどで敵を翻弄する。また、弾丸のカスタマイズによって、炎や毒性のある射撃を行うことも!

▲己の肉体のみで敵をねじ伏せる“格闘の型”。相手の攻撃を受け流し、接近してからの連続技を得意とする。また、武器を出しながら攻撃を繰り出すことで、複数のスタイルを使い分けることも可能だ。

▲右手に刀、左手に銃を持つ“乱舞の型”。斬撃と銃撃による同時攻撃など、圧倒的な手数で敵を蹴散らす! 刀と銃の装備の組み合わせで、さまざまな能力が発揮できるのも魅力の1つだ。

豊富なやり込み要素で幕末を遊びつくせ!

 新たなバトルモード“バトルダンジョン”では、仲間となった新選組隊士を“カード”として同行させることが可能。隊士が持つさまざまな能力を使った新感覚のバトルが展開する。また、別宅と呼ばれる住居では、少女“遥”と一緒に“アナザーライフ”を満喫。野菜作り、料理、行商、釣り、ペット育成などの多彩な要素を楽しめる。さらに、PS Vitaとのクロスプレイを利用すれば、外出先でも育成を進められる!

▲仲間とともに挑むバトルダンジョン。仲間の隊士はそれぞれ能力やスキルが異なるので、部隊の編制が攻略のカギとなりそうだ。見事クリアできれば、町中では入手困難なレアアイテムが手に入る!

▲アナザーライフの舞台となる別宅。台所やお風呂はもちろん、畑や商売道具などもあり、さまざまなやり込み要素が用意されている。これらの要素を進めていくと、装備購入の資金調達や戦闘に役立つアイテムを手に入れられる。

Conversations with Creators PlayStation®4インタビュー映像シリーズ

セガ『龍が如く 維新!』の名越稔洋氏と阪本寛之氏が登場!

名越稔洋(Toshihiro Nagoshi)
セガ『龍が如く』シリーズ総合監督

阪本寛之(Hiroyuki Sakamoto)
セガ『龍が如く 維新!』ディレクター

 熱き人間ドラマや爽快なアクションが楽しめる『龍が如く』シリーズの最新作、『龍が如く 維新!』。PS4™とPS3®で制作が進められており、2014年2月22日に同時に発売される予定になっている。本作について、『龍が如く』シリーズ総合監督として知られるセガの名越稔洋氏と、『龍が如く 維新!』のディレクターを務めるセガの阪本寛之氏に語ってもらった。

——『龍が如く 維新!』は、『龍が如く』シリーズの中で、どのような位置づけのタイトルなのでしょうか?

名越:以前、『龍が如く 見参!』という歴史ものの作品があったのですが、『龍が如く 維新!』はこの『龍が如く 見参!』に続く、歴史ものスピンオフ第2弾になります。『龍が如く 見参!』は非常に評判がよく、俺自身、「このチームって、こういうテイストのゲームを作ることにおいても優秀なんだな」と自覚できたので、ぜひ何かまた作りたいなと思っていたんです

——本作には、PS4™版、PS3®版ともにPS Vitaとの連動要素があるとのことですが、詳しく教えていただけますか?

阪本:『維新!』では、プレイヤーのレベルや能力、武器の錬成などの、RPGにあるような成長要素を強めているんです。レアな武器を作るための素材が手に入るダンジョンもガッツリ用意していて、そこだけでもずっと遊んでいただけるように作っています。そのような育成の部分を、PS Vitaで遊べるようにしています。外でキャラクターを育成して、そのデータを据え置き機に反映させられるんです。スムーズにデータが循環できる仕組みを作っています。

——それはとても便利ですね! 時間や場所を選ばずに育成できるんですね。

名越:そもそも『龍が如く』は、サービス精神旺盛なコンテンツなんですよね。そのサービスの部分を、クロスプラットフォームによって拡散していくようにしました。『龍が如く』が盛り上がって、末永く遊んでもらえるようにするために企画したものなので、ぜひ期待してもらいたいと思います。

——PS4™というハードについて、どんな印象を抱いていますか?

名越:新しいハードが揃う時期になってきましたが、その中でもPS4™のパフォーマンスが高いということは、重々わかっています。ただ、どう料理するかというのは、ゲームの設定をするディレクターであり、プロデューサーであり、プランナーであり……がひとつのカギになりますし、それを表現するデザイナーやプログラマーの腕が試されるというのは、いままでと変わりがありません。手ごたえのある手段を講じると、ゲームの見た目も、遊んだときの感覚もよくなるということは日々感じているので、これからも励んでいきます。「ゲームはまだこんなに変わるんだ」と皆さんに感じてもらえる機会を増やしていくつもりなので、過去作と見比べてほしいですね。

龍が如く 維新!

(株)セガゲームス

PLJM-80001
発売日 2014年2月22日
メーカー希望小売価格 8,190円 (税抜) / 8,845円 (税込)
ジャンル アクションアドベンチャー
フォーマット PS4®
販売形態 ディスク
PSN℠ 対応
CEROレーティング
(対象年齢)
CERO D(17歳以上対象)
  • セクシャルセクシャル
  • 暴力暴力
  • 犯罪犯罪
プレイヤー 1人(オンライン:1~4人)
龍が如く 維新! ジャケット画像
ソニーストアで見る
(ソニーストア販売価格)
ゲームタイトル(カナ)
リュウガゴトクイシン
発売元(カナ)
ジャンル
アクション
特別ジャンル
アクションアドベンチャー
公開
公開
JANコード
4974365823009
体験版
0
リスト用画像
http://sce.scene7.com/is/image/playstation/pljm80001_jacket?$pkgS$
Move
0
3D
0
互換性情報
0
ゲームアーカイブスの種類
PS Vita互換
0
PS Vita TV互換
0
PS Now対応
非対応
YZコード
1392994800000
ページID
8tnu010000axe2e3
  • PlayStation®Plus 加入必須
トップに戻るボタン