PlayStation™Networkにサインイン

利用規約に同意してサインインするとトロフィーやフレンドの情報を見たり、PS.Blog にコメント投稿することができます。

Star Wars バトルフロント

PS4
1 ソニーストアで見る
(ソニーストア販売価格)

遥か彼方、銀河の命運を懸けた戦いへ——! DICE制作の『Star Wars™』シューターがここに誕生

 ジョージ・ルーカスが作り出した、全世界を熱狂させる壮大なスペースオペラ『Star Wars™』シリーズ。たびたびゲーム化されてきた本作の中でも高い人気を誇る『Star Wars™ バトルフロント™』が、旧作から10年を経てついに復活!

 本作の開発は、『バトルフィールド』シリーズで名高いEA Digital Illusions CE(DICE)が担当する。背景設定は原作のエピソード4~6を踏襲しており、プレイヤーは反乱軍か帝国軍、どちらかの兵士として戦うことになる。

 本作は主観視点のFPSとしてだけでなく、三人称視点のTPSとしてもプレイできる。2つの視点はプレイ中でもスムーズに切り替えられるので、敵を狙う時は主観視点、周囲を見渡すときは三人称視点など、状況に応じて切り替えよう。

■DICEらしさ×『Star Wars™』らしさ

 『バトルフィールド』シリーズと言えば、特徴的なのは戦車や戦闘機など多彩なビークルがマップ上に登場すること。本作にもスピーダーバイクやAT-ST、XウイングやTIEファイターなど、おなじみのビークルが多数参戦する。

 武器もブラスターを中心としてさまざまなものが活躍する中、これらの多くはエネルギー兵器。そのため、火薬式の銃器と異なり反動や跳ね上がりが極めて小さい。ベースは“DICEらしい”シューターながら、ユニークなビークルや武器の数々は、『Star Wars™』作品でなければ味わえないプレイ感を演出してくれる。

■最大40人参加のオンラインマルチプレイ!

 本作はオンラインマルチプレイがメインとなっており、さまざまなルールによる対戦を楽しめる。用意されたルールは、最大40人の大規模なものから8対8で競い合うスマートなものまで多彩。幾多の戦場に身を投じ、自分好みのものを見つけよう!

 マルチプレイ用のマップはホスの氷原やサラストの溶岩台地、エンドアの密林など全12種類。さらに、後述のミッションモードにも数多くの専用マップが用意されている。プレイの多様性は、まさに銀河規模の幅広さだ。以下でその一部を紹介する。

●超大規模40人対戦の“ウォーカー・アサルト”

 “ウォーカー・アサルト”では、敵陣のパワージェネレーターを破壊すべくAT-ATを侵攻させる帝国軍と、それを阻止する反乱軍に分かれ、最大40人で対決する。

 AT-ATは原作通り非常に強靭で、歩兵が持つブラスター程度ではダメージを与えられず、攻撃も苛烈だ。反乱軍がAT-ATを倒すには、強力な火砲を持つ航空機を活用しなければならない。一方の帝国軍は、いかに航空支援を妨害するかが重要となる。

●“ドロップゾーン”で戦術的思考を駆使しよう

 “ドロップゾーン”は、いわゆる“キング・オブ・ザ・ヒル(陣取り合戦)”ルールの発展版だ。宇宙から降下してくるポッドを多く確保した陣営が勝者となるルールで、最大16人が参加できる。状況判断や戦況把握など、戦術的な能力が求められる内容となっている。

●STGの爽快感を味わえる“ファイター・スコードロン”

 Xウイング、TIEファイター、ミレニアム・ファルコンをはじめとする『Star Wars™』を代表するスターファイターで空に上がり、ドッグファイトに挑もう。スターファイターでのバトルは、地上での白兵戦とはまた異なる『Star Wars™』のリアルな体験を与えてくれるはずだ。

■ヒーローの出現! それはピンチ? それともチャンス?

 プレイ中に特別なアイテムを入手したプレイヤーは、ルーク・スカイウォーカーやダース・ベイダー、ボバ・フェットなどのヒーローに変身することができる。ヒーローは通常の兵士とは段違いに強力なうえ、ライトセーバーでブラスターの弾丸を防いだり、フォースで遠距離の敵を吹き飛ばしたりといった特殊な能力を持っている。

 ただし、強靭なヒーローも無敵ではない。HPが常に減り続けているので、一般的なプレイヤーが操作できるのはおおよそ2分間だ。また、ヒーローと言えども多勢に無勢な状況や包囲攻撃には対処が難しい。敵陣営からすれば、ヒーローを倒すと高いスコアを得られるので、襲われる側にとってもヒーローの出現はチャンスと言える。

▲“エピソード4~6”の主人公である、ルーク・スカイウォーカー。フォースの力を用いたジャンプや、神速のセーバーラッシュで帝国軍を蹴散らす。彼は素早い身のこなしで戦場を駆け抜け、ライトセーバーを振るって帝国軍兵士のブラスターによる攻撃を跳ね返す。

▲ルークの父親にして、“エピソード1~3”の主人公でもあるダースベイダーことアナキン・スカイウォーカー。遠距離から敵の首を絞めるフォース・チョーカーやライトセーバーを投げつけるセーバースローなど、遠距離から敵集団を制圧できる性能を秘める。

■オフラインでの協力プレイも可能なミッションモード

 もちろん、オフラインでシングルプレイを楽しめるモードも用意。このミッションモードでは、本作ならではのバラエティー豊富な『Star Wars™』アクションを気軽に楽しめる。協力プレイの要素もオフライン・オンラインともに搭載。サバイバル、バトル、ヒーローバトル、トライアルなどの各種ルールが存在し、多彩なステージにチャレンジすることができる。

■『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』とクロスオーバーしたDLC

 2015年12月8日から無料配信されるDLCミッション“Battle of Jakku(ジャクーの戦い)”では、『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』で繰り広げられた“エンドアの戦い”から1年後の戦闘が描かれる。このミッションは、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』とクロスオーバーした内容になっていて、同作に登場するレイが住む、戦乱で荒れ果てた惑星ジャクーが舞台となる。

 このコンテンツは、本作を予約購入することで2015年12月1日に入手可能。一足先に銀河史の転換点となる戦いに参加したいプレイヤーは、予約を忘れずに。

Star Wars バトルフロント

エレクトロニック・アーツ(株)

PLJM-80130
発売日 2015年11月19日
メーカー希望小売価格 7,800円 (税抜) / 8,424円 (税込)
ジャンル シューティング
フォーマット PS4®
販売形態 ディスク
PSN℠ 対応
CEROレーティング
(対象年齢)
CERO C(15歳以上対象)
  • 暴力暴力
プレイヤー 1~2人(オンライン:2~40人)
Star Wars バトルフロント ジャケット画像
ソニーストアで見る
(ソニーストア販売価格)
ゲームタイトル(カナ)
スターウォーズバトルフロント
発売元(カナ)
ジャンル
シューティング
特別ジャンル
公開
公開
JANコード
4938833022189
体験版
0
リスト用画像
http://sce.scene7.com/is/image/playstation/pljm80130_jacket?$pkgS$
Move
0
3D
0
互換性情報
0
ゲームアーカイブスの種類
PS Vita互換
0
PS Vita TV互換
0
PS Now対応
非対応
PSVR
対応
YZコード
1447858800000
ページID
8tnu010000b9w0sr
  • PlayStation®Plus 加入必須
  • PSN℠対応PSN℠対応
  • 追加コンテンツ対応追加コンテンツ対応
  • PlayStation®VR対応PlayStation®VR対応
トップに戻るボタン