PlayStation™Networkにサインイン

利用規約に同意してサインインするとトロフィーやフレンドの情報を見たり、PS.Blog にコメント投稿することができます。

フリーダムウォーズ

PSVita PSVita
1 ソニーストアで見る
(ソニーストア販売価格)
序盤が無料で遊べる体験版配信中!

懲役100万年——生きる罪を負った人々は自由を求めて戦う! 衝撃的な世界観と“奪還”する遊びが新しいマルチプレイアクション

 『フリーダムウォーズ』は、人々が牢国都市“パノプティコン”に管理され、懲役100万年の罪を背負って生まれてくるというハードな世界観が特徴の新作マルチプレイアクションゲーム。巨大な生体兵器から市民を“奪還”することが目的のミッションなど、新しい遊びが盛り込まれている。

 また本作では、荒廃した世界のわずかな資源を求めて争う都市間の関係をオンライン上で実現。プレイヤーは、全国47都道府県に置き換えたパノプティコンのどれかに所属し、都市同士の勢力争いを体験できる。

▲ボランティアと呼ばれるミッションの目的は、生体兵器“アブダクター”に捕われた市民(シヴィリアン)を奪還すること。敵を攻撃するだけでなく、護送機まで市民(シヴィリアン)を守って後退する必要があり、戦術的な判断が求められる。

■STORY

 牢国都市“パノプティコン”——そこに暮らす主人公(プレイヤー)は、生まれた時から懲役100万年を科された“咎人(トガビト)”である。彼は、その刑期を減らす戦闘行為“ボランティア”を繰り返す日々の中で、歴戦の戦士である“ウーヴェ”という仲間を得る。さらに、“アリエス・M”という女性が、時として主人公の前に現れ、暗示するかのように意味深な言葉を告げていく。監視者、仲間、謎の存在……主人公はさまざまな人物と出会い、苦難を乗り越えながら自由を得るために戦う。

▲咎人であり、ベテランの戦士でもあるウーヴェから、主人公は大切なものを教わる。夢の中のような場所で出会うアリエスは、ウーヴェとは違った役割で物語上の重要なキャラだ。

■世界観——牢国都市“パノプティコン”と懲役100万年

 『フリーダムウォーズ』の舞台は、人々の過ちによって旧来の国家が崩壊し、世界中の何もかもが荒れ果てた近未来。もはや従来の暮らしを続けられなくなった人類は、“パノプティコン(PT)”と呼ばれる要塞都市を各地に作り、厳しい環境を持つ外界との間に壁を築いて暮らし始める。

 しかし、わずかに残る資源や、現状を打破するための研究成果などを求め、各都市は抗争を繰り広げていた。また各地のPTは、効率的に資源と住民を管理する必要性から、ほとんどの人間に“懲役100万年”を科す。「ただ生きることは罪であり、住民は都市に貢献すべきだ。その貢献に応じて、幸福を分配する」。それがPTの主張だ。

 こうして、懲役を科せられた人々は“咎人”と呼ばれ、“ボランティア”という名の戦いへ参加を強いられる。PTの理念を述べた憲章はこう結ぶ——「我等の前に国家なし、我等の後に国家なし。我等が崇高なるパノプティコンの理念の下、最終的かつ徹底的な幸福の希求に邁進(まいしん)せよ」

●牢国都市“パノプティコン”

 国土そのものが人工的に建設された都市国家。都市内では、“PT法”という名の絶対的法典に基づき、人を含めたすべてのリソースが徹底管理される。PT法は、都市の意思の具現化とも言うべきもので、世界各地のPTに同じ法が採用されている。

●咎人とアクセサリ

 咎人は、生まれながらに懲役100万年を科されたPT所属の人間。“ボランティア”という戦闘行為をこなすと、刑期を減らすことができる。また、“アクセサリ”と呼ばれる生体アンドロイドが側につき、常に行動を監視される。戦闘におけるパートナーでもあるアクセサリは、咎人とあわせ、ストーリーの進行によってプレイヤーの好みにカスタマイズできる。

●ボランティア

 PTの命令で行う戦闘ミッション。他の都市の咎人と戦ったり、人類を脅かす巨大な生体兵器“アブダクター”と戦ったりする。アブダクターとの戦いでは、その討伐の他、さらわれた市民や仲間の“奪還”が目的となっている。

●完全監視の“独房”

 咎人に与えられる唯一の個人空間。特に予定のない場合は、ここに収監される。咎人も都市にとっての資源であるため、監視体制は厳しく、個人の自由はほとんど存在しない。情報位階権限(コード)が上がった咎人には、より清潔な独房が与えられる。

●交流禁止の社交空間“ロウストリート”

 PT内の各独房をつなぐ、比較的広い区画。各独房の入口や区画全体を監視できるような建築構造になっている。外出を許可された咎人たちにとっては憩いの場でもあるが、あくまでも監視が行き届いた場所であることを忘れてはならない。

●PT間抗争

 各PTは、資源を奪い合い激しく抗争する。その結果、勝者は勢力を拡大し、敗者はその傘下に収まることも珍しくない。そうして強大化したホウライPTは、傘下のメガラニカPTを従え、主人公のPTに攻撃を仕掛けてくる。

■主人公を取り巻くキャラクターたち

 懲役100万年の咎人、牢国都市パノプティコンなど、独自の世界観を持った『フリーダムウォーズ』。本作に登場するキャラクターたちは、そんな世界観に沿った独自のドラマを紡いでいく。ここでは、主人公である咎人の立場を再確認するとともに、彼・彼女に深くかかわっていくキャラクターたちを紹介する。

咎人

▲懲役100万年を科された者たち。その理由は、資源の欠乏したこの世界で、それを無為に消費することが罪と断じられるからである。ボランティアという戦闘行為で刑期を減らすことができ、それゆえ、刑期が少ないほど歴戦の戦士になる。プレイヤーは、自分の分身として主人公を作成する。

アクセサリ

▲PTから咎人に配給される生体アンドロイド。携帯端末や携帯兵器であると同時に独房の看守でもあるため、主人公にとってはパートナー兼監視者となる。ボランティアで実績を示せば、見た目や思考をカスタマイズできるようになる。また音声も同様で、リストに好きなセリフを登録できる。

マティアス(CV:石田彰)

▲ボランティアの参加経験がない新人。主人公と同じ目線の仲間兼ライバルで、近い境遇である主人公を気に入る。そのため、何かと世話を焼いたり、相談をしに来たり、時には張り合ったりする。昔はヤンチャだったらしいが、仲間思いで、よくも悪くも正直な男。頼まれると嫌とは言えない性格でもある。

ベアトリーチェ(CV:中村繪里子)

▲ヒロイン。PT深部に囚われている謎の女性。主人公に救い出され、咎人として仲間の1人になる。主人公たちと一緒に戦い、自らの望みを追い求めるが、逃れられない運命に翻弄されていく。そうして思い悩みながらも、自らの意志で前向きに進む強さを持つ。時には、テクノロジーオタクの一面を見せることも。

ウーヴェ(CV:中田譲治)

▲生き延びるだけで困難を極めるPT社会で、常に戦場に立ち続け、PTへ多大な貢献をし続けてきた歴戦の勇士。その背中に教え導かれ、咎人として一人前となった者は数多く存在する。主人公もその1人となり、覚悟と自由のありかを探し求める。

アリエス(CV:原由実)

▲主人公の前に時々現れる謎の女性。だが彼女が現れるのは、まるで夢の中のような世界と決まっている。彼女がどのようして主人公の前に現れ、どのような目的を持っているのか、それは物語の中で明らかになる。

ナタリア(CV:浅川悠)

▲PTの法と秩序の執行者。安全保障局第35社会防衛群社会調査会隊長。PT上層部の意思に従い、苛烈な取り締まりも行うが、その根底にあるのは仲間を守りたいという愛情である。だが、それを表に出さないため、冷酷非情な女憲兵と思われている。

アーベル(CV:諏訪部順一)

▲世界最強の咎人の1人で、主人公のPTと敵対するホウライPTの頂点に立つ。人工アブダクターのオリジナル“原初の三機”の1つ“憤怒の烈火(レッドレイジ)”を駆る。その苛烈な野望ゆえに、主人公やベアトリーチェの運命と大きく交わる。

■戦い方の幅を広げる立体高速移動が可能な“荊(イバラ)”アクションの魅力

 巨大な生体兵器“アブダクター”を相手に、さらわれた市民の“奪還”を行う『フリーダムウォーズ』の戦い。ボランティアと呼ばれるそのバトルでは、伸縮するムチのような“荊(イバラ)”と近接/遠距離武器の使い分けが、アクションの最大の持ち味になる。

 荊は、その伸縮性を利用して、高所に打ち込んでステージを立体的かつ高速に移動したり、アブダクターの体に取りついたりすることが可能だ。アブダクターの体に取りついたら、そのまま近接用の小剣(ムラサメMk9)で関節部分を攻撃するといった、特殊な戦術を取れる。さらに複数人で荊をアブダクターに打ち込めば、相手を一時的に行動不能にできるチャンスも狙える。

 また、荊にはいくつか種類があり、成長させることで能力を変化させたり、強化したりできる。そうしたカスタマイズ要素も、戦術をより広げてくれる要素の1つだ。

▲咎人たちが、左腕に巻いている棘のある物体が荊だ。

▲アブダクターとの間合いを詰めるため、駆け出す咎人たち。伸縮する荊はどんな場所にも撃ち込むことが可能で、高低差のある地形を高速で移動できる。

▲仲間同士で協力し、一斉に荊を打ち込む。そのまま引き倒せば、アブダクターは一定時間、行動不能に!

▲実際にアブダクターにダメージを与えるのは、手持ちの武器の役目となる。その攻撃を行うために、いかに有利な状況を作るかが、荊の役割とも言える。

▲荊を使って身体に取りつき、アブダクターの鳥篭(ゲージ)をムラサメMk9(小剣)で攻撃! 捕われた市民を助けることができれば、今度は後退戦に移る。援護する仲間とのチームワークがいっそう問われる場面だ。

■都市国家対戦を体験するオンライン要素

 本作は、仲間と一緒に“奪還”のボランティアに挑むだけでなく、都市国家対戦を体験できるオンライン要素を搭載。プレイヤーは47都道府県の中から勢力を選択し、所属した都市国家の発展に貢献すべく、他の地域のPTと抗争を繰り広げていくことになる。戦いで得た資源を自分のPTへ納品できれば、都市を発展させることができ、これにより、限られた資源を奪い合うという本作の世界観をそのままオンライン上で体験できる。なお、この都市国家対戦では、PT同士の同盟も起こり得る。

▲各地のPTは都市国家のランキングという形で見ることができる。自分の所属するPTのランキング順位を上げることが、自分たちの貢献の証左となるのだ。

序盤が無料で遊べる体験版配信中!

本作の序盤をプレイできる体験版が、“PlayStation Store”にて配信中!

※体験版で作成したセーブデータを製品版『フリーダムウォーズ』に引き継ぐことはできません。
※マルチプレイ、ネットワーク機能は含まれていません。
※コンテンツの内容や配信期間は、予告なく変更する場合があります。

フリーダムウォーズ

(株)ソニー・コンピュータエンタテインメント

発売日 2014年6月26日
メーカー希望小売価格 5,800円 (税抜) / 6,264円 (税込)
ジャンル “奪還”マルチプレイアクション
フォーマット PS Vita
PS Vita TV
販売形態 PS Vitaカード
PSN℠ 対応
PS Vita TV互換 PlayStation®Vitaでのプレイとは一部異なる可能性がございますが、ゲームの進行には影響ございません。
ゲームデータセーブ先 メモリーカード
CEROレーティング
(対象年齢)
CERO B(12歳以上対象)
  • セクシャルセクシャル
  • 暴力暴力
  • 犯罪犯罪
プレイヤー 1人(アドホック:1〜4人)
フリーダムウォーズ ジャケット画像
ソニーストアで見る
(ソニーストア販売価格)
ゲームタイトル(カナ)
フリーダムウォーズ
発売元(カナ)
ジャンル
アクション
特別ジャンル
“奪還”マルチプレイアクション
公開
公開
JANコード
4948872015097
体験版
0
リスト用画像
http://sce.scene7.com/is/image/playstation/vcjs10009_jacket?$pkgS$
Move
0
3D
0
互換性情報
0
ゲームアーカイブスの種類
PS Vita互換
0
PS Vita TV互換
1
PS Now対応
非対応
YZコード
1403708400000
ページID
8tnu0100008ey7e1
  • メモリーカード(別売)必須
  • タッチスクリーン
トップに戻るボタン