PlayStation™Networkにサインイン

利用規約に同意してサインインするとトロフィーやフレンドの情報を見たり、PS.Blog にコメント投稿することができます。

三國志12

PSVita PSVita
1 ソニーストアで見る
(ソニーストア販売価格)

PS3版とのクロスプレイ対戦を実現! 手のひらに広がる無限の戦略性——

 日本を代表する歴史戦略シミュレーションの1つである『三國志』シリーズの最新作が、PS3®に続いてPS Vitaでも登場する。多彩なシステムを取り入れた戦略性に富んだゲームを、タッチ操作と携帯ゲーム機ならではのコンパクトさで、場所を選ばず手軽にプレイできるようになった。配下武将を使って自らの戦略を推し進め、全40の都市から成る中国の統一を目指そう。また、他のユーザーと戦場で勝敗を競うオンライン対戦は、PS3®ユーザーとのクロスプレイを実現。PS Vitaユーザー同士であれば、オンライン対戦の戦績に反映されないアドホック通信による対戦も気楽にプレイできる。

■13のシナリオで始まる自分だけの三国時代——紡ぐのは史実か己だけの歴史か

 プレイヤーが紡ぐ歴史の始点となるシナリオは、史実に沿った10のシナリオと、架空の歴史舞台を体験する仮想シナリオ3本が用意されている。戦略フェイズはターン制で進行するため、落ち着いて戦略を練ることが可能だ。都市にはそれぞれ特色があり、さまざまな施設を建設し、強化していくことで国力を高められる。また、“武将抜擢”システムを活用すれば、市井から見出した人材を自らの配下に加えることも可能。足りない武将を補うだけでなく、プレイヤーの好みで人材を育成する楽しみも味わえる。

▲最終的に13のシナリオをプレイ可能。数多くの歴史イベントも用意されているため、お気に入りのエピソードを再現することもできる。

▲選んだシナリオ、選んだ勢力によって、開始状況はまったく異なる。配下武将を適材適所で使いこなし、勢力の基盤を固めていこう。

■タッチで部隊操作も可能! 戦局の見極めが重要なリアルタイム戦闘

 他勢力との戦闘はリアルタイムで進行する。そのため、敵軍の動きを予測し、戦況を見きわめて部隊を動かしていくことが勝利のカギであり、戦いの醍醐味。PS Vita版は、タッチ操作で部隊を動かしたり、戦法や秘策を発動したりできるので、思いのままに軍を指揮する感覚を味わえる。プレイヤー自身の戦術を駆使して、敵の本陣制圧を目指そう。

▲戦法は、各武将が持つ切り札で、戦局を変えうる力を秘めている。また、さまざまな支援効果を持つ強化陣、兵法陣といったPS3®版で追加された要素もPS Vita版に搭載されており、奥深い駆け引きを味わえる。

■日本中のプレイヤーと知略を駆使してオンラインで対戦

 シナリオモードの他に、オンライン対戦モードも搭載されている。武将カードを集めて自分だけの部隊を編成し、全国のプレーヤーと競い合おう。PS3®版とPS Vita版で対戦データの共有もでき、外出先でも気軽にプレイできる。また、他のプレイヤーと対戦する公式対戦の他に、CPUとの模擬戦も行える。対戦を重ねて武将カードを入手し、自分の部隊を強化していこう。

お知らせ

三國志12

(株)コーエーテクモゲームス

VLJM-30034
発売日 2013年2月7日
メーカー希望小売価格 7,800円 (税抜) / 8,424円 (税込)
ジャンル 歴史シミュレーション
フォーマット PS Vita
PS Vita TV
販売形態 PS Vitaカード
PSN℠ 対応
PS Vita TV互換 PlayStation®Vitaでのプレイとは一部異なる可能性がございますが、ゲームの進行には影響ございません。
ゲームデータセーブ先 メモリーカード
CEROレーティング
(対象年齢)
CERO A(全年齢対象)
プレイヤー 1人(オンライン:1~2人)
三國志12 ジャケット画像
ソニーストアで見る
(ソニーストア販売価格)
ゲームタイトル(カナ)
サンゴクシ12
発売元(カナ)
コーエーテクモゲームス
ジャンル
シミュレーション
特別ジャンル
歴史シミュレーション
公開
公開
JANコード
4988615046315
体験版
0
リスト用画像
http://sce.scene7.com/is/image/playstation/vljm30034_jacket?$pkgS$
Move
0
3D
0
互換性情報
0
ゲームアーカイブスの種類
PS Vita互換
0
PS Vita TV互換
1
PS Now対応
非対応
YZコード
1360162800000
ページID
8tnu0100004dk10v
  • メモリーカード(別売)必須
  • タッチスクリーン
  • PSN℠対応PSN℠対応
  • 追加コンテンツ対応追加コンテンツ対応
トップに戻るボタン