PlayStation™Networkにサインイン

利用規約に同意してサインインするとトロフィーやフレンドの情報を見たり、PS.Blog にコメント投稿することができます。

るいは智を呼ぶ

PSVita PSVita
1 ソニーストアで見る
(ソニーストア販売価格)

僕らはみんな呪われている みんな僕らに呪われている


2008年にAKABEiSOFT2(ブランド名:暁WORKS)より発売されたPC用アドベンチャーゲーム『るいは智を呼ぶ』と、2010年に発売されたファンディスク『明日のむこうに視える風』が1本になってPlayStation®3とPlayStation®Vitaに登場! さらに、PS3®、PS Vita版では、オリジナル制作チーム監修によるイベントCGが追加!

■音声はもちろんフルボイス!
本作は『るいは智を呼ぶ - フルボイスエディション - 』をベースとしているので、主人公でありながらユーザーから高い人気を誇る“和久津智”にも音声がついているフルボイス仕様です。

■ゲームシステムはオーソドックスなADVスタイル
本作はテキストを読む事によってストーリーを進めていくオーソドックスなノベルタイプのADVシステムを採用。
時折表示される選択肢を選ぶことによってストーリーが分岐し、さまざまなエンディングへと繋がっていきます。

■あらすじ
<るいは智を呼ぶ>
運命はいつだって問答無用にやってくる。
自分たちをお構いなしに自分勝手に巡っていく。

皆元るいは、家なし子だった。
花城花鶏は、奪われたものを取り返すためにやってきた。
鳴滝こよりは、消えた婚約者を探していた。
茅場茜子は、父の不始末のとばっちりを受けていた。
白鞘伊代は、ひとりぼっちだった。

そして。
猫かぶりの優等生、和久津智は断末魔だった。

言語道断な呪われた青春と対峙するために、一心でもなく同体でもない、六人の少女が同盟を結ぶ。
いつか来る平穏無事な日々を夢見て、全身全霊で疾走するでこぼこだらけの少女たちは、いつしか固い絆で結ばれていく。

けれど。
和久津智は仲間にもいえない秘密を隠し持っていた。
 
彼女は「男の子」だったのだ──。

<るいは智を呼ぶファンディスク - 明日のむこうに視える風 ->
僕らはみんな呪われている。

和久津智には秘密があった。
持って生まれた〈呪い〉のせいで、初めて得た“同類”たちにも、自分が“男”であることを告げられないでいた。

禁忌を破れば死をもたらす〈呪い〉の痣。
呪われた少女たちは、お互いの抱えたトラブルに立ち向かうため───
〈同盟〉を結ぶ。

ある時は賭けレースに出場し、ある時は地元のギャングたちと渡り合い、力をあわせて平穏を勝ち取った“少女”たちの前に、7人目と8人目の〈呪い〉の痣の持ち主が現れる。

騒がしくも楽しく、少し後ろめたい日々の中。
智は死んだ筈の姉、真耶が生きているという手掛かりを得る。
だが、身の回りに不可解な出来事が起き始め……。

それは、いまだ語られざる“可能性”。

────そして僕らはまた出逢う。

るいは智を呼ぶ

(株)MAGES.

VLJM-35062
発売日 2013年9月26日
メーカー希望小売価格 6,800円 (税抜) / 7,344円 (税込)
ジャンル 新美少女エンタメアドベンチャー
フォーマット PS Vita
PS Vita TV
販売形態 PS Vitaカード
PS Vita TV互換 PlayStation®Vitaでのプレイとは一部異なる可能性がございますが、ゲームの進行には影響ございません。
ゲームデータセーブ先 メモリーカード
CEROレーティング
(対象年齢)
CERO D(17歳以上対象)
  • セクシャルセクシャル
  • 犯罪犯罪
プレイヤー 1人
備考 PS Vita TVで遊ぶためには、ネットワーク接続を使ってタイトルのLiveArea画面からアップデートもしくは更新を行って頂く必要があります。詳しくはこちらをご覧ください。
るいは智を呼ぶ ジャケット画像
ソニーストアで見る
(ソニーストア販売価格)
ゲームタイトル(カナ)
ルイハトモヲヨブ
発売元(カナ)
ジャンル
アドベンチャー
特別ジャンル
新美少女エンタメアドベンチャー
公開
公開
JANコード
4582325378676
体験版
0
リスト用画像
http://sce.scene7.com/is/image/playstation/vljm35062_jacket?$pkgS$
Move
0
3D
0
互換性情報
0
ゲームアーカイブスの種類
PS Vita互換
0
PS Vita TV互換
1
PS Now対応
非対応
YZコード
1380121200000
ページID
8tnu0100008susje
  • メモリーカード(別売)必須
  • タッチスクリーン
トップに戻るボタン