PlayStation™Networkにサインイン

利用規約に同意してサインインするとトロフィーやフレンドの情報を見たり、PS.Blog にコメント投稿することができます。

ROBOTICS;NOTES ELITE

PSVita PSVita
1 ソニーストアで見る
(ソニーストア販売価格)

世界を救うのはヒーローじゃない。


< すべてが"精鋭"『ROBOTICS;NOTES ELITE』 >
『CHAOS;HEAD NOAH』『STEINS;GATE』に続く科学アドンベンチャーシリーズ第三弾!
『ROBOTICS;NOTES』が、新たな名称と共に数多くの要素を追加してPS Vitaでリリース。
巨大ロボット製作を通して描かれる、登場人物たちの“夢”をテーマにした物語と、近未来の種子島に暮らす高校生たちが巻き込まれる世界的な陰謀の結末は──?

■『ROBOTICS;NOTES ELITE』で追加される新たな要素
・アニメ映像&新規ムービーを追加
アニメと新規制作の映像が追加されたことで、情景がより分かりやすくなりました。
いままで伝えきれなかった数々のシーンがより臨場感あふれる演出に。

・ストーリーの再構成
ストーリーの骨格はそのままに、よりスピーディーな展開に再構成。
主人公の心の動きが分かりやすく整理され、各所に各登場人物の視点が追加されることでストーリーが分かりやすくなりました。

・キャラクター3Dモデルの最適化
PS Vitaに合わせて単純にダウングレードするのではなく、表情やモーションを最適化することで、キャラクターがより可愛く・格好良く・魅力的になりました。
主要キャラクターには新たなモーションも追加されています。

・PlayStation®Vitaならではの新機能
「ROBOTICS;NOTES」の象徴的なシステムである「ポケコントリガー」は本作でも健在。
"ELITE"ではPS Vitaにあわせてタッチ対応になりました。
ピンチイン・アウトやスクロールなど直感的な操作が可能に。
また、PS Vitaのモーションセンサーを利用して、「居ル夫。」画面を直感的に操作できます。

■イントロダクション
2019年。世界線変動率「1.048596」

フォンドロイド——通称『ポケコン』の普及により、拡張現実が身近な存在となった近未来の種子島。
そんな島にある中央種子島高校『ロボット研究部』は廃部の危機に直面していた。

2名しかいない部員の1人で主人公の“八汐海翔”は、こんな状況でも「ロボ部」に興味を示さず、ひたすらロボット格闘ゲームに夢中。
そんな海翔を尻目に、猪突猛進のダメ部長“瀬乃宮あき穂”は「巨大ロボット完成」を目標に、目下の危機である廃部を避けるべく奮闘していた。

そんなある日、海翔はひょんなことから『君島レポート』なるA.R.アノテーションを発見する。
そこには君島コウという人物が書いた、世界を巻き込む陰謀の告発が記されていた。

※A.R.とは?
「拡張現実」
現実環境にコンピュータを用いて情報を付加提示する技術、および情報を付加提示された環境そのものを指す言葉。

■キャラクター紹介

八汐 海翔/CV:木村 良
本編の主人公。中央種子島高校3年生。ロボット研究部所属。言動が軽く、無気力そうでいつもヘラヘラしているため、周りからは頼りなさそうに見られている。ロボット格闘ゲーム「ガンヴァレル キルバラッドON-LINE(通称「キルバラ」)」ばかりプレイしている重度の「格ゲーオタ」。現在、全国ランキング5位で、目標は「全一(全国一位)」になること。「ロボ部」所属であり「キルバラ」をプレイしているが、ロボットに関する事に興味は無い。何事も勝負にならないとイマイチ本気になれない性格で、頼みごとをされると「キルバラ」で勝負をふっかけるという子供っぽい面も。

▲瀬乃宮 あき穂/CV:南條 愛乃
中央種子島高校3年生。ロボット研究部部長で海翔とは幼馴染。明るく元気でポジティブな猪突猛進タイプだが、お調子者なのが玉にキズ。「ロボット研究部」を創設した実の姉“瀬乃宮みさ希”が掲げた「巨大ロボット完成」を目標に奮闘中。金字塔的ロボットアニメに登場するキャラクターを“あの人”と呼んで尊敬しており、そのキャラクターの台詞をたびたび口にする。その際に赤いフレームの伊達メガネを必ずかけるため、普段から持ち歩いている。ちなみに視力は悪くない。


▲神代 フラウ/CV:名塚 佳織
根暗で口も性格も悪いヒキコモリのオタク。ネット上だけでなく現実でも死語となったネットスラングを多用する。2000万人以上のユーザーがいるロボット格闘ゲーム「ガンヴァレル キルバラッドON-LINE」のプログラムを担当したプログラマー。海翔とはその「キルバラ」を通して知り合う。人との交流にあまり興味がなく、気になること以外、他人の話をまったく聞こうとしない。男性同士の恋愛を妄想するのが趣味で、昔の同人誌などを買い漁っては「デュフフ」と笑いながら眺めている。

▲日高 昴/CV:細谷 佳正
中央種子島高校2年生。クールで強気。ロボット工学に詳しく、自信過剰なところがあるため、年上の人間にも上から目線の言動が目立つ。イケメンでクールな雰囲気から女子のファンも多いが、ストイックな性格が災いして、女子とのスキンシップには慣れていない。『ガンヴァレル』を好む“あき穂”とは逆に、リアルなロボットを好むため、“あき穂”とはロボットの製作方針でたびたび衝突する。クールな雰囲気とは裏腹に、緊張するとテンパって手汗が出まくったり言葉を噛んでしまうといったヘタレな面も持ち合わせる。

▲大徳 淳和/CV:徳井 青空
中央種子島高校3年生。小動物系空手少女。かなり気弱ですぐ涙目になるが、家族の世話を一手に引き受けるしっかり者。努力家だが、性格的な問題により空手の腕前はからきしで、いまだ黒帯にすらなれていない。都市伝説が好きで資料を集めたり、実際に都市伝説が起きると噂されるような場所へ出向いたりする一方、オカルト話は極端に苦手で、幽霊話は怖くて聞いていられない。朝早く起きて家族の食事やお弁当を作っていたり、夜遅くまで家事をしているので慢性的な寝不足で、油断するとすぐうたた寝をする。


▲愛理/CV:釘宮 理恵
清楚で儚げでおしとやかな美少女。言葉づかいは敬語で礼儀正しいが、まだまだ子供らしい無邪気さを見せる妹系キャラ。“海翔”のことを「お兄ちゃん」と呼んで慕っている。突然性格が変わったように無表情になる事もあり、謎が多い。君島レポートに深く関係しているらしい。

ROBOTICS;NOTES ELITE

(株)MAGES.

VLJM-35109
発売日 2014年6月26日
メーカー希望小売価格 6,800円 (税抜) / 7,344円 (税込)
ジャンル 拡張科学アドベンチャー
フォーマット PS Vita
PS Vita TV
販売形態 PS Vitaカード
PS Vita TV互換 PlayStation®Vitaでのプレイとは一部異なる可能性がございますが、ゲームの進行には影響ございません。
ゲームデータセーブ先 メモリーカード
CEROレーティング
(対象年齢)
CERO C(15歳以上対象)
  • 暴力暴力
プレイヤー 1人
ROBOTICS;NOTES ELITE ジャケット画像
ソニーストアで見る
(ソニーストア販売価格)
ゲームタイトル(カナ)
ロボティクスノーツ エリート
発売元(カナ)
ジャンル
アドベンチャー
特別ジャンル
拡張科学アドベンチャー
公開
公開
JANコード
4582325379017
体験版
0
リスト用画像
http://sce.scene7.com/is/image/playstation/vljm35109_jacket?$pkgS$
Move
0
3D
0
互換性情報
0
ゲームアーカイブスの種類
PS Vita互換
0
PS Vita TV互換
1
PS Now対応
非対応
YZコード
1403708400000
ページID
8tnu010000b015el
  • メモリーカード(別売)必須
  • タッチスクリーン
  • モーションセンサー
トップに戻るボタン