PlayStation™Networkにサインイン

利用規約に同意してサインインするとトロフィーやフレンドの情報を見たり、PS.Blog にコメント投稿することができます。

DRAMAtical Murder re:code

PSVita PSVita
1 ソニーストアで見る
(ソニーストア販売価格)

——俺がお前を『壊して』やる。

シナリオ:淵井鏑 キャラクターデザイン・原画:ほにゃらら 開発:NitroplusCHiRAL

STORY

今よりずっと先の未来。
日本列島の南に位置する碧島(みどりじま)。
かつてそこは自然と人々が共存する豊かな島であった。

しかし日本有数の財閥の1つである“東江財閥”に買い取られ、島の約3分の1は豪華絢爛な会員制の娯楽施設“プラチナ・ジェイル”へと姿を変えた。
最新鋭の設備を備えた“プラチナ・ジェイル”が注目を集める一方、強引な開発の犠牲となった島民たちは“旧住民区”に追いやられ、不便で未整備な環境での生活を余儀なくされていた。

主人公、蒼葉は旧住民区にあるジャンクショップ“平凡”でのアルバイトに日々を費やし、祖母のタエと2人で暮らしていた。

旧住民区の若者たちの間では、とあるゲームが流行していた。
かたやチームを作り、肉弾戦での縄張り争いを日々繰り広げる“リブスティーズ”、かたや仮想世界を舞台にした電脳オンラインゲーム“ライム”に熱狂する“ライマー”。
だが、蒼葉はそのどちらにも興味を示すことなく、ただ婆ちゃんとのんびり暮らせればそれでいいと思っていた。

しかし、平穏な日々を揺るがす異変は確実に起こり始めていた——。

CHARACTER

蒼葉(あおば)
CV:私市 淳

「まーさーか。そういうの嫌いだっつってるだろ」

 ジャンクショップ「平凡」でアルバイトをしながら祖母・タエと二人で暮らしている青年。多少めんどくさがりなところはあるが、頼まれたら嫌とは言えないお人好しな性格。“ライム”にも“リブスティーズ”にもまったく興味を持たない。昔から原因不明の頭痛に悩まされている。

紅雀(こうじゃく)
CV:高橋 広樹

「そこまで言われて断ったんじゃあ男が廃るってもんだ」

 蒼葉の幼馴染みで、兄貴肌で人情に厚い。不定期に道端で営業する髪結い師で、その腕前と営業スマイルで女子に大人気。リブスティーズのチーム“紅時雨”の頭(ヘッド)でもある。

ノイズ
CV:日野 聡

「だったらアンタの大事なモンを壊す」

 無表情で何を考えているのかわからない。淡々とした喋り方で時に人を突き放すような言葉を使う。ある時を境に、蒼葉に対して因縁をつけ、付きまとい始める。

ミンク
CV:松田 健一郎

「お前、自分の立場わかってんのか?」

 目的のためなら手段を選ばない男。必要であればどんなにひどいことでもやってのける。リブスティーズのチーム“スクラッチ”の頭(ヘッド)。

クリア
CV:中澤 まさとも

「はい。マスターはボクのマスターです。」

 ある日突然、蒼葉の前に空から降ってきた。ガスマスクのせいで表情は一切わからないうえ、たまに言っていることがとんちんかんである。何故か蒼葉のことをマスターと呼ぶ。

蓮(れん)
CV:竹内 良太

「考え過ぎだ。思考回路がショートするぞ」

 蒼葉の旧式犬型オールメイト。常に冷静な判断でアドバイスをしてくれる蒼葉の頼れる相棒。

TIPS

碧島(みどりじま)
日本列島の南西に位置する島。
かつて緑豊かな島であったが、東江財閥の買い上げ、開発により現在は貧富の差が著しい島となっている。

旧住民区(きゅうじゅうみんく)
東江財閥は、碧島を開発するにあたり島の住民へ本土への移住を提案した。大金や豪華な家屋が交換条件として出されたため、大半の人々は島から出ていった。しかし、一部の頑固な島民たちは最後までそれを拒否した。最終的にそういった人々を追いやり一角に集めたのが、現在の旧住民区である。水道やガスといった最低限のライフラインはかろうじて保たれているが、それ以外の管理は手放し。ヤクザや名前ばかりの警察が幅を利かせている。

プラチナ・ジェイル
東江財閥によって碧島に建設された会員制高級娯楽施設。
旧住民区との間を高い壁が覆っており、中の様子を見ることは出来ない。

オールメイト
人工知能を持つ人工生命体。主にネットワークツールのサポートとして一般的に使用されている。
多種多様の型があり言葉を介したコミュニケーションも取れるので、ペットとして愛好している者も多い。
電脳ゲーム「ライム」で戦うためのパートナーとしても使用できる。コイルを介して持ち主の識別が可能である。

ライム
若者に絶大な人気を誇る電脳ゲーム。オールメイトを所有していれば誰でも参加することができる。
対戦する際は、どちらかの心の中が電脳空間に反映されバトルフィールドとなる。電脳空間でしか味わえないスピーディーでアクロバティックなバトルが楽しめる。
正規のルールでは“卯水”と呼ばれる審判の立会が必須である。

DRAMAtical Murder re:code

(株)デジターボ

VLJM-35129
発売日 2014年10月30日
メーカー希望小売価格 6,500円 (税抜) / 7,020円 (税込)
ジャンル 脳内クラッシュADV
フォーマット PS Vita
PS Vita TV
販売形態 PS Vitaカード
PS Vita TV互換 PlayStation®Vitaでのプレイとは一部異なる可能性がございますが、ゲームの進行には影響ございません。
ゲームデータセーブ先 メモリーカード
CEROレーティング
(対象年齢)
CERO C(15歳以上対象)
  • セクシャルセクシャル
  • 暴力暴力
  • 犯罪犯罪
  • 麻薬麻薬
  • 言葉・その他言葉・その他
プレイヤー 1人
DRAMAtical Murder re:code ジャケット画像
ソニーストアで見る
(ソニーストア販売価格)
ゲームタイトル(カナ)
ドラマティカルマーダーリコード
発売元(カナ)
デジターボ
ジャンル
アドベンチャー
特別ジャンル
脳内クラッシュADV
公開
公開
JANコード
4529790600727
体験版
0
リスト用画像
http://sce.scene7.com/is/image/playstation/vljm35129_jacket?$pkgS$
Move
0
3D
0
互換性情報
0
ゲームアーカイブスの種類
PS Vita互換
0
PS Vita TV互換
1
PS Now対応
非対応
YZコード
1414594800000
ページID
8tnu010000b27moh
  • メモリーカード(別売)必須
  • タッチスクリーン
トップに戻るボタン