PlayStation™Networkにサインイン

利用規約に同意してサインインするとトロフィーやフレンドの情報を見たり、PS.Blog にコメント投稿することができます。

あまつみそらに! 雲のはたてに

PSVita PSVita
1 ソニーストアで見る
(ソニーストア販売価格)

小さな島に恋愛前線急接近!!

「あまつみそらに! 雲のはたてに」の原作は、PCゲームブランド「クロシェット」より2010年5月に発売されたPC用ゲームソフトで、瞬く間に大ヒットを記録。2012年2月には、2人の攻略ヒロインと数多くのイベントCG、シナリオを追加したPSP®版が発売され、大好評を博しました。
この度のPS Vita版では、ビジュアルとシナリオの表現をより原作PC版に近づけると共に、PSP®では再現できなかった演出も大幅強化!

自然豊かな離島を舞台に、めんどくさがりやの神様、島っ子アイドルとして活躍中の妹、世話焼きな幼なじみ、ミステリアスな巫女さんなど個性豊かな7人のヒロイン達と繰り広げられるハートフルストーリーが、さらに魅力を増してPS Vitaに登場します。

■Feature of PS Vita<PS Vita版の特徴>

●恋愛シーンを中心にビジュアル&シナリオをPC版寄りにリファイン!

PS Vita版では、恋愛シーンを中心に、ビジュアル、シナリオの表現を原作PC版へ近づけてリファイン。
PSP®版以上に濃厚なラブストーリーをお楽しみいただけます。

●シリーズ最高解像度でより一層の感動を!

PC版(800×600)、PSP®版(480×272)を超える960×544ピクセルの高解像度に対応。シリーズ最高の高精細グラフィックにより、鮮やかで美しいCGを余すところなくお楽しみいただけます。

●PC版の色味に近づける「色合い調整機能」付き!

当作品の原作はPC用ソフトのため、グラフィックは一般的なPC用液晶モニターに合わせて彩色されています。
一方、PS Vitaは構造そのものが液晶モニターとは大きく異なる「有機EL」を搭載した1000シリーズと、構造はPC用液晶モニターに近いものの黄色みがかった浅めの発色になる2000シリーズがあり、どちらも一般的なPC用モニターとはかなり違った色味になっていました。
そこで、代表的なPC用ディスプレイメーカー「EIZO」のLEDバックライトディスプレイ「EV2736W-FS」を初期出荷状態で使用し、そこで表示される色合いとPS Vitaの色合いを比較。
より「EV2736W-FS」の印象に近くなるように、PS Vitaで表示されるグラフィックの色変換を行う機能が「色合い調整機能」です。

「色合い調整機能」は以下の3タイプより選択が可能で、「タイプA」もしくは「タイプB」に設定した際には、それぞれの色合い調整の「適用量」調節でき、よりお好みにあわせての画面設定が行えます。

・「調整なし」…PS Vita TVでプレイする際や、各々のPS Vita固有の発色で楽しみたい方用です。
・「タイプA」…PS Vita1000シリーズの有機EL表示のビビッドな発色を押さえPC版に近づけます。
・「タイプB」…PS Vita2000シリーズの液晶表示の色味を鮮やかにし、黄色みを押さえてPC版に近づけます。

▲公式ウェブサイト内「色合い調整機能」紹介ページ

●快適なタッチ操作対応!

PS Vita のタッチスクリーンにフル対応。従来のボタン操作に加えて、メッセージ送り、選択肢の決定、スキップ&巻き戻し、選択肢ジャンプなどあらゆる操作がタッチスクリーンにも対応し、PS Vitaならではの直感的操作で快適にプレイできます。

●PS Vita TV対応!

PS Vita TVにも完全対応。テレビにつなげば大画面でのプレイも可能です。

■Story<物語>

瀬戸の海に浮かぶ美空島。
豊かな自然と、ゆったりと流れる時間の中で育った少年少女たちは、もうすぐ、恋を知ることになる。

主人公、観崎高久は、神様と暮らしていた。
小さな頃から、神様はあたり前のようにそばにいて、家族として育ってきた。
神様の名は、一ツ橋神奈。
神としての能力は結構高いのに、むしろ人として振舞う神奈。
観崎家にはもう一人、妹の美唯がいる。
彼らにとって、この三人が紛れもない家族だった。
そんな中、美唯はアイドルとしての仕事が軌道に乗りはじめ、家族にも徐々に変化が訪れようとしていた。

幼なじみで民宿の娘である帷千紗は、昔のように隔てのないつきあいではないものの、生活力に乏しい観崎家をなにかと気にかけている。
美唯の親友でテニス部の清澄芹夏は、学園でも家でも主人公のところに押しかけてきてなにかと騒ぎを起こしてしまうお祭り人間。
芹夏は神奈に憧れていて、一緒にいる主人公をライバル視していたり。
神奈と芹夏がとんでもない騒ぎを起こして、美唯と主人公がそれをどうにか収めるというのがこの四人のお決まりパターン。
いつものそんな日々を過ごしていた初夏のある日、芹夏がひとつのニュースを持ってきた。

「今日、島の外から新しい巫女さんがやってくるんですって」

そんな一言から神社の移転行事「遷座祭」を見物することに。
主人公はそこで、不思議な雰囲気を持った巫女の少女、葉月深景と言葉を交わす。
出会いは連鎖的に少女たちの心を動かして、秘めていた気持ちを揺さぶっていく。

はじまるのは、巡る想いの物語。

■Character<登場人物>

一ツ橋 神奈
CV:小林 眞紀

▲巡宮学園2年生。幼い頃から主人公と一緒に暮らしている、正真正銘本物の神様。しかも、周囲もそれを全く疑っていない。しかし、特別「神」として振る舞おうとすることもなく、むしろ人間として暮らすことを望んでいるようにしか見えない。めんどくさがりな性格。神様らしからず、ゲーム好きで、PCなどデジタル系に精通している。

観崎 美唯
CV:清水 愛

▲主人公の妹で、巡宮学園1年生。家事なども万能にこなすことができるので、必然的に観崎家の母親役になっている。離島出身の島っ子アイドルとしてデビューして、現在グラビアやバラエティなどに出演し、じわじわブレイク中。島での学生生活と本土での仕事という慌ただしい日々を送っている。

清澄 芹夏
CV:力丸 乃りこ

▲同学年の美唯とは幼少時からの付き合いで親友。持ち前の超前向きな性格と調子のよさ、外見的なかわいさから周囲の人気が高い。結果、学園のアイドルを自認している。スポーツ万能で、現在、自称テニス部のエース。しかし、なにをやっても神奈には適わず、よくテニスの勝負を挑んでは惨敗している。

帷 千紗
CV:いのくち ゆか

▲家は民宿を経営しており、きちんとその手伝いをしている。主人公とは家が近いこともあり幼なじみだが、一緒になって遊んだのは十年くらい前まで。クールで素っ気ないところもあるが、何かと世話を焼いてくれる面倒見の良い性格。自己と向きあうためというストイックな理由から、部活は弓道部に所属。なぜかカエルに並々ならぬ関心を持つ。

葉月 深景
CV:櫻井 浩美

▲鎌倉から美空島へ引っ越してきた巫女さん。巡宮学園の3年生へ転入してくる。神職の家系で、鎌倉でも巫女として働いていたが、美空島の上納神社で宮司を務めていた祖父が隠居することになり、その代わりとして美空島にやってくる。初めての離島での生活にも臆さない楽天家。ある意味「本物」の家系で霊感は強い。

音無 夏帆
CV:鈴本 かおり

▲巡宮学園2年生で、主人公のクラスメイト。活発で誰とでもすぐに仲良くなれる、明るく優しい性格。体育会系で、テニス部の部長を務めている。芹夏の上官として君臨しているが、実は廃部寸前。姉の京佳と二人暮らしで、甘味処「おとなし」を二人で切り盛りしている。

隠神 穂乃里
CV:福圓 美里

▲巡宮学園の聴講生。人懐っこく、とてもまっすぐな性格。世間知らずなみんなのマスコット的存在で、よく周りに弄られては主人公に助けてもらっている。皆と仲良くしたいと強く思っているようだが、それには深い理由がある模様。人にはない力を両親から受け継いでいるらしいが……。

あまつみそらに! 雲のはたてに

(株)プロトタイプ

VLJM-35244
発売日 2015年9月17日
メーカー希望小売価格 5,600円 (税抜) / 6,048円 (税込)
ジャンル 恋愛アドベンチャー
フォーマット PS Vita
PS Vita TV
販売形態 PS Vitaカード
PS Vita TV互換 PlayStation®Vitaでのプレイとは一部異なる可能性がございますが、ゲームの進行には影響ございません。
ゲームデータセーブ先 メモリーカード
CEROレーティング
(対象年齢)
CERO C(15歳以上対象)
  • 恋愛恋愛
  • セクシャルセクシャル
プレイヤー 1人
あまつみそらに! 雲のはたてに ジャケット画像
ソニーストアで見る
(ソニーストア販売価格)
ゲームタイトル(カナ)
アマツミソラニクモノハタテニ
発売元(カナ)
ジャンル
アドベンチャー
特別ジャンル
恋愛アドベンチャー
公開
公開
JANコード
4580206270507
体験版
0
リスト用画像
http://sce.scene7.com/is/image/playstation/vljm35244_jacket?$pkgS$
Move
0
3D
0
互換性情報
0
ゲームアーカイブスの種類
PS Vita互換
0
PS Vita TV互換
1
PS Now対応
非対応
YZコード
1442415600000
ページID
8tnu010000b7dhuu
  • メモリーカード(別売)必須
  • タッチスクリーン
トップに戻るボタン