PlayStation™Networkにサインイン

利用規約に同意してサインインするとトロフィーやフレンドの情報を見たり、PS.Blog にコメント投稿することができます。

XBLAZE CODE : EMBRYO

PSVita PSVita
1 ソニーストアで見る
(ソニーストア販売価格)

『ブレイブルー』の世界観とリンクした“蒼の物語”が始まる

 人気対戦格闘ゲーム『ブレイブルー』シリーズの世界観とリンクした、新たな物語が展開するアドベンチャーゲームが登場。主人公の篝 橙八(かがりとうや)は、謎の少女Es(エス)との出会いをきっかけに、非現実的な事件に巻き込まれていく。独自の“TOi(トイ)”と呼ばれるゲームシステムを導入し、“選択肢のないゲーム進行”によって物語を楽しめるのが本作の大きな特徴となっている。

▲ある日のバイトの帰り道、橙八は鈴の音に誘われ、隔離された閉鎖特区に迷い込んでしまう。そこで大けがを負った“男”に突然襲撃されるが、謎の少女によって命を助けられる。

▲蒼き少女Esとの出会いをきっかけに、新たなる“蒼の物語”が幕を開ける! 『ブレイブルー』との関連も気になるところだ。

▲キャラクターデザインは樋口このみ氏が担当しており、キャラクター別のエンディングも楽しめる。

■蒼の物語を彩る個性豊かな登場人物たち

 主人公の篝 橙八と、蒼き少女Esを中心に、魅力的なキャラクターが織りなす“蒼の物語”。Esの他にも、魅力的なヒロインが多数登場し、それぞれにエンディングが用意されている。

●篝 橙八(かがり とうや)

▲新横崎市に住む高校2年生で、好奇心旺盛かつ非常に温厚な性格。ケンカなどを見かけると、すぐ首を突っ込み止めようとする一面も持つ。姫鶴家に居候しつつ、生活費を稼ぐためカレー屋“まは☆ら~じゃ”でアルバイトをしている。(CV:菊池幸利)

●Es(エス)

▲御剣機関に属する対能力者兵士(スレイプニール)の一員。戦闘以外のことにはまるで無知で、口数も少なく、感情も表に出さない。身体能力が高いだけでなく、短い距離ではあるがD発症者(ユニオン)の発する信号“ディスカバーコール”を感知できる。(CV:野村真悠華)

●姫鶴 ひなた(ひめづる ひなた)

▲橙八が居候している姫鶴家の次女。誰にでも優しく温和な性格で、いつも楽しそうにしている。無精者の姉に代わって姫鶴家の家事をほとんどやっているが、本人は家事が好きなので気にしていない。(CV:持月玲依)

●姫鶴 由貴(ひめづる ゆき)

▲明るく前向きな性格で、ここぞという時に背中を押してくれるひなたの姉。姫鶴家の精神的支柱だが、本人は仕事に没頭しているため、家のことはひなたにまかせっきりで帰って来ない日が多い。(CV:磯村知美)

●久音=グラムレッド=シュトルハイム

▲魔導都市イシャナの魔術学校に通う学生で、名家シュトルハイムのお嬢様。正義感あふれる性格で、間違ったことを見逃せずにトラブルを起こすことも多い。周囲の者からは“爆炎の魔女シュトルハイム”と恐れられている。現在の魔導協会では珍しい、実力で十聖になれる器として期待されている。(CV:近藤唯)

●天ノ矛坂 冥(あまのほこさか めい)

▲御剣機関と協力関係にある、天ノ矛坂家の1人娘で次期当主。幼少の頃からD発症者(ユニオン)対策に携わっており、大人と接する機会が多いせいか、同年代とのコミュニケーションにはあまり慣れていない。陰陽術の使い手で、自ら式神を使役して情報を収集する他、戦闘を行うこともある。(CV:水瀬いのり)

●瓶割 晃(かめわりあきら)

▲橙八の親友で、クラスは違うが同じ学校に通っている。両親は海外におり、中学生の頃から1人暮らしをしている。お金持ちで顔立ちも整っているが、お調子者の性格が災いし、残念なイケメンとして認知されている。(CV:細谷佳正)

●鵜丸 総一朗(うのまる そういちろう)

▲御剣機関新横崎支部第七研究所の所長。現在はD発症者(ユニオン)の保護、管理を総括している。冥やEsに直接指示を出しているのも彼である。(CV:櫻井孝宏)

●赤城 林檎(あかぎ りんご)

▲橙八のバイト先の先輩。いつも謎のカレー作法に対するコメントを橙八に聞かせる。あまり真面目に働かず、橙八をうんざりさせている。(CV:松浦チエ)

●エルス=フォン=クラーゲン

▲魔道協会からの使者として魔道都市イシャナからやって来た少女。親友の久音(くおん)を心配するあまり、自ら志願して状況を視察に来た。(CV:山本希望)

■情報収集アプリT0iが主人公の運命を左右する

 T0iとは“Technology Of Interest”の略称で、本作の世界で流行している情報収集アプリのこと。使用者が興味を持つ記事を解析し、インターネット上から自動的に集めてくる便利なツールだ。プレイヤーはこれを使って、気になる事件や人物などについての記事を確認することができる。そして記事を“見る”か“見ない”かによって、特別なイベントが発生したり、エンディングに影響したりと、物語の展開が変化していく。

▲T0iには次々と新着記事が送られてくる。また、主人公とかかわりがある人物の状況も知ることができる。チェックするかどうかは、プレイヤーの判断にゆだねられる。

▲本作には選択肢は存在せず、T0iの記事の閲覧状況が主人公の運命を左右する。選択肢に変わる新しいシステムで、これまでのアドベンチャーとは一味違うプレイ感覚を味わえる。

『XBLAZE CODE : EMBRYO』(PS3®版)の詳細はこちら

XBLAZE CODE : EMBRYO

アークシステムワークス(株)

VLJS-00047
発売日 2013年7月25日
メーカー希望小売価格 6,800円 (税抜) / 7,344円 (税込)
ジャンル 蒼き運命のアドベンチャー
フォーマット PS Vita
PS Vita TV
販売形態 PS Vitaカード
PSN℠ 対応
PS Vita TV互換 PlayStation®Vitaでのプレイとは一部異なる可能性がございますが、ゲームの進行には影響ございません。
ゲームデータセーブ先 メモリーカード
CEROレーティング
(対象年齢)
CERO C(15歳以上対象)
  • セクシャルセクシャル
  • 犯罪犯罪
プレイヤー 1人
XBLAZE CODE : EMBRYO ジャケット画像
ソニーストアで見る
(ソニーストア販売価格)
ゲームタイトル(カナ)
エクスブレイズコードエンブリオ
発売元(カナ)
ジャンル
アドベンチャー
特別ジャンル
蒼き運命のアドベンチャー
公開
公開
JANコード
4510772130110
体験版
0
リスト用画像
http://sce.scene7.com/is/image/playstation/vljs00047_jacket?$pkgS$
Move
0
3D
0
互換性情報
0
ゲームアーカイブスの種類
PS Vita互換
0
PS Vita TV互換
1
PS Now対応
非対応
YZコード
1374678000000
ページID
8tnu0100007mhb2k
  • メモリーカード(別売)必須
  • タッチスクリーン
トップに戻るボタン