PlayStation™Networkにサインイン

利用規約に同意してサインインするとトロフィーやフレンドの情報を見たり、PS.Blog にコメント投稿することができます。

CERO Z(18歳以上のみ対象)ソフトウェアについて

CERO Z(18才以上のみ対象)

この作品には、CERO(コンピュータエンターテインメントレーティング機構)のレーティングにおいて
18才以上のみを対象とする内容が含まれています。

この先のご閲覧は18才以上の方に限定させていただいております。
お客様のご年齢に応じてご選択をお願いいたします。

  • 18歳以上の方
  • 18歳未満の方

CEROレーティングマークについて

2002年12月以降、コンピュータエンターテインメントレーティング機構(CERO)によって審査が行われたソフトには、ソフトの表現内容によってふさわしい対象年齢を示すための「CEROレーティングマーク」がパッケージに表示されています(詳しくはこちら)。

コンピュータエンターテインメントレーティング機構(CERO)につきましてはこちらへ

真 流行り神

PSVita PSVita
1 ソニーストアで見る
(ソニーストア販売価格)

猟奇殺人、悪霊、監禁、洗脳、感染、虫……恐怖の都市伝説が、あなたを襲う!

 「万人が“怖い”と思えるホラーゲーム」をコンセプトとした人気ホラーアドベンチャー『流行り神』シリーズの新章が、PS3®/PS Vitaで描かれる。本作『真 流行り神』は、“都市伝説”をモチーフにした要素や独特のゲームシステムはシリーズを踏襲しつつ、キャラクターなどを一新したタイトルだ。

 本作の主人公・北条紗希は、S県C村分署の特殊警ら課(通称:特ラ課)に所属する女性巡査。プレイヤーは嘘や演技を得意とする彼女を操作して、相手から必要な情報を聞き出し、数々の奇妙な事件の真相を解明していくことになる。

▲シナリオ、グラフィック、サウンドなど、どの要素においても“怖さ”を第一に体感できるように制作されている。

■ストーリー&キャラクター:演技派の女性巡査が、都市伝説を模した猟奇殺人事件を追う!

 北条紗希は、猟奇殺人を犯す怪人“ブラインドマン”を追ううちに、さまざまな恐怖に遭遇していく……。演技派の女性巡査と元大学教授の殺人容疑者による推理は、科学的根拠から真犯人を暴くのか、それとも怨霊や呪いが生んだ超自然現象を発見するのか?

▲主人公の名前は変更可能。

▲特ラ課には、奇妙な事件の調査が数多く舞い込む。

●プロローグ

 S県C村で殺人事件が発生。遺体で発見された男性は、両目を大きな裁ちバサミで貫かれていた。

 「私は、S県C村で発生した殺人事件に関する情報を持っています」

 東京地裁で公判中の元大学教授、関本爽二朗がこの事件の情報を持つと話したため、彼は特例で身柄をC村分署の留置所に移された。

 関本の担当は、主人公・北条紗希が所属する署内の窓際部署である特殊警ら課(通称:特ラ課)が受け持つこととなる。事件資料を一通り確認した関本は、自信満々に言った。

 この事件は都市伝説の怪物“ブラインドマン”の仕業である、と——。

◆“ブラインドマン”とは

 都市伝説に登場する架空の通り魔。深夜、路上を一人歩きしている者の前に現れて、目にハサミを突きたてる手口で殺害する。

北條紗希

▲物語の主人公である、特殊警ら課の巡査。使命感が強く、人の前では弱音を吐かない強さを持っている。嫌味のないさっぱりとした性格で、人当たりがよく行動的。心理戦を得意とする。

関本爽二朗

▲都市伝説を中心に、民俗学の研究をしていた元大学教授。殺人の容疑者だが、“ブラインドマン”による猟奇殺人事件を捜査する警察へ、助言という形で協力する。

▲死臭編。とある人物からもらった自家製の醤油の匂いを嗅いだ関本は、そこに死体が放つ腐敗の臭い、すなわち“死臭”を感じ取る。

▲人形編。“呪いの婆”と呼ばれていた人形師が心不全で死亡した。紗希はその現場の近くで、捨てられた市松人形を目にする。

▲悪霊編。次々と心停止で死んでいく村人たち。これは本当に事故なのか? 関本によると、霊的存在が事件を起こしているらしいが……。

▲パンデミック編。製薬研究所の爆発事故による感染者が暴徒と化した。銃も警棒も効かない肉体となった感染者は、理性を失い、人々を襲い始める。

▲寄生虫編。腐った床下をのぞいた紗希が目にしたもの。それは一面を埋め尽くす、ぶよぶよした白い幼虫がうごめく姿だった。

■システム:主人公の行動や選択で多彩に分岐していくストーリー

 本作の物語は、メインシナリオである“ブラインドマン編”を中心に、複数のルートで構成されている。各シナリオの遊び方によって新たなストーリーが出現する他、シナリオ分岐に関係する選択肢も追加されていく。

▲選択肢の中には、“カリッジポイント”を消費しなければ選べないものもある。カリッジ(勇気)という言葉が示すように、勇敢で強い意志が必要となる場合に登場することが多い。

▲シナリオ分岐は視覚的にわかりやすいチャート形式で表示。繰り返し遊ぶ際も、新ルートを見つけやすくなっている。

●嘘や演技を使いこなす新システム“ライアーズアート”

 本作からの新システムとなる“ライアーズアート”は、紗希と相手との1対1の対話形式で展開。紗希の特技である“嘘や演技”を巧みに用いて、必要な情報を聞き出したり、その場の状況をうまく切り抜けたりすることになる。

▲紗希が次に相手へ投げかける言葉の一部が、選択肢となって出現。制限時間を越えると“選択しなかった”という結果になるが、状況によっては、あえて“選択しない”という判断が有効な場合もある。

▲選択後、そのキーとなる言葉を含む台詞を実際に相手に投げかける。その言葉によって相手の反応が変化し、画面右にあるメーターの針が“疑”か“信”に傾いていく。この結果に応じて、ストーリー展開や“カリッジポイント”の回復量が変化する。

■予約特典:本作のサントラ&歴代シリーズのBEST版のCD2枚組

 予約特典となる『「流行り神」サウンドトラック the BEST』はCD2枚組。『真 流行り神』の音楽に加え、歴代シリーズ(『流行り神 警視庁怪異事件ファイル』、『流行り神2 警視庁怪異事件ファイル』、『流行り神3 警視庁怪異事件ファイル』)の厳選した音楽を盛り込んだBEST版サウンドトラックとなる。

真 流行り神

(株)日本一ソフトウェア

VLJS-00081
発売日 2014年8月7日
メーカー希望小売価格 5,800円 (税抜) / 6,264円 (税込)
ジャンル ホラーアドベンチャー
フォーマット PS Vita
PS Vita TV
販売形態 PS Vitaカード
PSN℠ 対応
PS Vita TV互換 PlayStation®Vitaでのプレイとは一部異なる可能性がございますが、ゲームの進行には影響ございません。
ゲームデータセーブ先 メモリーカード
CEROレーティング
(対象年齢)
CERO Z(18歳以上対象)
  • 犯罪犯罪
プレイヤー 1人
真 流行り神 ジャケット画像
ソニーストアで見る
(ソニーストア販売価格)
ゲームタイトル(カナ)
シンハヤリガミ
発売元(カナ)
ジャンル
アドベンチャー
特別ジャンル
ホラーアドベンチャー
公開
公開
JANコード
4995506002183
体験版
0
リスト用画像
http://sce.scene7.com/is/image/playstation/vljs00081_jacket?$pkgS$
Move
0
3D
0
互換性情報
0
ゲームアーカイブスの種類
PS Vita互換
0
PS Vita TV互換
1
PS Now対応
非対応
YZコード
1407337200000
ページID
8tnu010000b1gh16
  • メモリーカード(別売)必須
  • タッチスクリーン
トップに戻るボタン