PlayStation™Networkにサインイン

利用規約に同意してサインインするとトロフィーやフレンドの情報を見たり、PS.Blog にコメント投稿することができます。

憂世ノ浪士

PSVita PSVita
1 ソニーストアで見る
(ソニーストア販売価格)

激動の幕末を舞台に、1人の浪士が新たな維新の物語を紡ぐ

 激動の時代を駆け抜けた志士が、PS Vitaで目覚める——。本作は、スパイク・チュンソフトが手掛けるアクションアドベンチャー。幕末を舞台に、史実をベースにしたifの物語が展開する。

 本作の大きな特徴は、PS3®用ソフト『憂世ノ志士』と世界設定や登場人物を共有しながら、2人の主人公による異なる物語が紡がれる点。同じ物語を各主人公の視点で描くのではなく、それぞれ独自のシナリオが展開するため、『浪士』または『志士』いずれかを遊び尽くしたプレイヤーでも新鮮な感覚でもう一方のタイトルを楽しめる。

▲システムは両タイトルで共通。いくつかのエリアで構成された巨大都市・京都で、戦闘や探索、さらには浮世絵師として腕を磨くなど多彩かつ自由なゲームプレイが可能だ。

▲戦闘では、カンタン操作で爽快な剣戟アクションを繰り出せる。キャラクターのカスマタイズ要素も豊富!

▲“浮世エンジン”と呼ばれる独自のエンジンを搭載。美麗な街並みを、いつでも浮世絵として収めることができる。

■物語——幕末の京都に潜む闇を沖田芳次郎が暴き出す!

 1人の男が、江戸から京に上ってきた。その正体は沖田総司の甥、沖田芳次郎である。伯父に憧れ、新選組への入隊を希望した芳次郎であったが、土方によって配属されたのは斉藤一が仕切る監察方——京の治安を守るお役目だった。

 京で起こるさまざまな事件を解き明かし、真の下手人を暴くことに楽しみを見出していく芳次郎。だが時代の流れは速い。それぞれ譲れない志や浮き世の義理などが複雑に絡み合い、幕末の有名人物が事件の被害者や下手人となる。

 監察方として京の闇を探り出す主人公はいつしか真の巨悪と対面することになるのであった。

●『憂世ノ浪士』の主要人物

沖田芳次郎(主人公)

▲新選組一番隊組長・沖田総司の姉の子。叔父を頼り、新選組隊士になるために京へと上ってきた。斎藤一率いる、京の治安を護る役目“監察方”に配属された芳次郎は、剣と浮世絵の才を生かし、さまざまな事件の謎を解いていく。

沖田総司

▲強さに反して、その容姿はボーイッシュな少女にすら見える美少年。天真爛漫という言葉がぴったりの笑顔で、いつもニコニコしている。だが、その笑みには無邪気な残酷さも併せ持ち、人を殺す時は一切のためらいがない。

近藤勇

▲新選組局長。厳格で規律を重んじる武士らしい武士だが、切り捨て御免もいとわない無情さも併せ持つ。新選組のトップの名に恥じず、戦いの場となると風貌どおりの迫力で剣を振るう達人。その仮面の下の表情はうかがい知れない。

■外見変更——衣装に加えて性別も自由に変更可能

 主人公である沖田芳次郎は、男性と女性から性別を選択可能! もちろん服装や髪型など、それぞれの性別専用のものが多数用意されている。中には幕末時代としては奇抜な衣装や装飾品も登場し、個性あふれるカスタマイズが可能だ。

 服、足、下着の衣装は防御力などのステータスには影響を及ぼさないため、外見の好みだけで選択できる。衣装とは別に用意されている装飾品は、外見の変化に加えて“感嘆ゲージの増加率アップ”や“回復アイテムの効果上昇”など追加効果を得られる。

■戦闘——簡単操作で爽快アクションを楽しめるカブキチャンバラ

 本作での戦闘は、□、△、○ボタンの組み合わせで多彩な攻撃を繰り出せる点が魅力。連続入力でコンボをつなげたり、敵を打ち上げて空中攻撃を決めたりと、簡単操作で爽快感バツグンの剣戟が体験可能だ。

 基本アクションに加えて“斬り斬り舞”、“秘剣”と呼ばれる2つの必殺剣も存在。“斬り斬り舞”は狙いを定めた複数の敵を次々と斬っていく必殺剣で、敵集団を高速で切り捨てられる。“秘剣”には単体に対して絶大なダメージを与えるものや周囲を攻撃するものなどさまざまな種類があり、状況に応じて使い分ける楽しさを味わえる。

▲武器には打刀、大太刀、片手剣、忍刀、二刀流、槍、無手、銃の8系統が存在。それぞれで使い勝手や技が異なるので、自分に合ったものを探してみよう。

▲“秘剣”の名称は自由に変更可能。発動時に変更した名称が演出に反映されるので、自分だけの秘剣を楽しめる!

 さらに、特定の条件を満たすと発動する極意“筆おろし”もポイント! 卓越した剣技で相手の衣服だけを切り捨て、戦意を喪失させると同時に対象に応じた春画が入手できる。多彩なアクションを自在に操り、動乱の時代を制せよ!

▲魅惑的でありながら独特の雰囲気を感じさせる春画。女性だけでなく、男性の春画も!?

■施設——箱庭のような京都の町に並ぶ、さまざまな店

 主要な舞台である京都の町には口入屋や浮世絵屋、呉服屋などさまざまな施設が存在し、独自の機能を備えてプレイヤーを待っている。アイテムの購入や依頼での報酬獲得、オンライン要素など各施設を活用して本作を遊び尽くそう!

口入屋

▲荷物の配達や闇討ちなど、お使いのようなものから戦闘が発生するものまで、多岐にわたる依頼を受けられる。

鍛冶屋

▲武器の強化や修理を行える。“焼き入れ”を行うことで、武器に特殊な効果を付与することも可能だ。

浮世絵屋

▲浮世絵依頼を受注し、要望に沿った浮世絵を納品するのが目的。風景画や人物画などの他、敵を討ち取った際に描かれる戦画の依頼も。また、浮世絵を描くための版木が購入でき、同じ風景でも使用する版木に応じて完成した浮世絵の趣が大きく変化する。

呉服屋

▲主人公の衣装を購入できる。ゲームを進めることで品ぞろえが増えていく。

廻船問屋

▲オンライン要素“判じ絵(浮世絵に描かれた場所を探すミニゲーム)”に用いられる施設。ここで売却した浮世絵は専用サーバにアップロードされ、他プレイヤーへの“判じ絵”のお題として使われる。“判じ絵”では、浮世絵を売却した時の姿のプレイヤーキャラクターが他プレイヤーの世界に出題者として登場!

■セーブデータ連動——入手した武器や衣装を『憂世ノ志士』と共有可能

 本作は、PS3®用ソフト『憂世ノ志士』とセーブデータを連動させることができる。連動を利用することで各タイトル限定の衣装や武器を両タイトルで使用できるのに加え、『憂世ノ浪士』の主人公である坂本龍馬の外見と声で本作をプレイすることも可能に! さらに、連動特典として強力な二刀流武器“陸奥守吉行・加賀清光”も手に入る。

PS3用ソフト『憂世ノ志士』の紹介ページはこちら!

■初回特典であの名刀を入手せよ!

 初回特典には、本作『憂世ノ浪士』はもちろんPS3®用ソフト『憂世ノ志士』をより手軽にプレイ可能になる2種類のプロダクトコードが封入される。

 1つは、名刀“加賀清光”がダウンロードできるプロダクトコード。史実では沖田総司が使用したといわれる刀を手に、京に潜む真の悪に立ち向かおう。もう1つは、本作と世界観などを共有するPS3®用ソフト『憂世ノ志士』のダウンロード版をお求めやすい価格で購入できるプロダクトコードとなっている。

 なお本作のダウンロード版にも、2015年2月11日~2015年3月10日の期間限定で同内容の特典が付属する。

憂世ノ浪士

(株)スパイク・チュンソフト

VLJS-05056
発売日 2015年2月11日
メーカー希望小売価格 5,800円 (税抜) / 6,264円 (税込)
ジャンル アクションアドベンチャー
フォーマット PS Vita
PS Vita TV
販売形態 PS Vitaカード
PSN℠ 対応
PS Vita TV互換 PlayStation®Vitaでのプレイとは一部異なる可能性がございますが、ゲームの進行には影響ございません。
ゲームデータセーブ先 メモリーカード
CEROレーティング
(対象年齢)
CERO D(17歳以上対象)
  • セクシャルセクシャル
  • 暴力暴力
プレイヤー 1人
憂世ノ浪士 ジャケット画像
ソニーストアで見る
(ソニーストア販売価格)
ゲームタイトル(カナ)
ウキヨノロウシ
発売元(カナ)
ジャンル
アクション
特別ジャンル
アクションアドベンチャー
公開
公開
JANコード
4940261511784
体験版
0
リスト用画像
http://sce.scene7.com/is/image/playstation/vljs05056_jacket?$pkgS$
Move
0
3D
0
互換性情報
0
ゲームアーカイブスの種類
PS Vita互換
0
PS Vita TV互換
1
PS Now対応
非対応
YZコード
1423580400000
ページID
8tnu010000b517zd
  • メモリーカード(別売)必須
  • タッチスクリーン
  • PSN℠対応PSN℠対応
  • 追加コンテンツ対応追加コンテンツ対応
トップに戻るボタン