PlayStation™Networkにサインイン

サインインするとトロフィーやフレンドの情報を見たり、PS.Blog にコメント投稿することができます。

本文の開始

ご家庭でできる節電のご案内

PlayStation®3、PSP®「プレイステーション・ポータブル」の待機電力などの使用電力の節減方法をご案内します。


■ PlayStation®3

コンセントを抜く
長期間使わないときは、電源ランプが赤色に点灯していることを確認して、電源コードのプラグをコンセントから抜いてください。
ご注意いただきたいこと
  • 電源ランプが緑色に点灯または点滅しているときは、次のことに注意してください。データの破損/消失や、故障の原因となります。
      電源コードのプラグをコンセントから抜かないでください。
      本体を移動させたり、置きかたを変えたりしないでください。
  • torne(トルネ)™使用時は、コンセントを抜くと録画予約は実行されません。
省電力設定
省電力設定をおこなうことにより、一定時間操作しなかったときに、本体やコントローラの電源を自動的にオフにして、消費電力を節約できます。
 <設定方法>
  PlayStation®3の"XMB"(クロスメディアバー)より[設定] > [省電力設定]を選択し、以下の項目を設定します。

  • 本体 自動電源オフ
    1時間後
    設定した時間に本体の電源を切る
    2時間後
    3時間後
    5時間後
    自動的に本体の電源を切らない
  • コントローラ 自動電源オフ
    10分後
    設定した時間にコントローラの電源を切る
    20分後
    30分後
    コントローラの電源を自動的に切らない



■ PSP®「プレイステーション・ポータブル」

コンセントを抜く
充電が終わったら、そのままにせずACアダプターをコンセントから抜いてください。

省電力設定
自動的にバックライトをオフにしたり、スリープモードにしたりして、消費電力を節約することができます。
 <設定方法>
  PSP®の"XMB"(クロスメディアバー)より[設定] > [省電力設定]を選択し、以下の項目を設定します。

  • 自動バックライト調整(PSP-3000のみ)
    映像に合わせて画面の明るさを調整するかどうかを設定する。
    画面の明るさを調整しない
    画面の明るさを調整し、消費電力を節約する
    ご注意いただきたいこと
    映像によっては、[入]に設定したとき、画像が乱れることがあります。その場合は、[切]に設定してください。
     
  • 自動バックライトオフ
    一定時間操作しなかったとき、自動的に液晶画面のバックライトをオフにして、消費電力を節約できます。
    バックライトがオフになると画面が消えます。
    自動的にバックライトをオフにしない
    2分後
    1分後に画面が暗くなり、さらに1分経つとバックライトがオフになる
    5分後
    1分後に画面が暗くなり、さらに4分経つとバックライトがオフになる
    10分後
    1分後に画面が暗くなり、さらに9分経つとバックライトがオフになる
    ご注意いただきたいこと
    次のような場合は、自動バックライトオフが機能しないことがあります。
    • ビデオを再生しているとき
    • スライドショーで画像を表示しているとき
    • インターネットラジオを聴いているとき
  • 自動スリープ
    一定時間操作しなかったとき、自動的にスリープモードにして、消費電力を節約できます。
    自動的にスリープモードにしない
    5分後
    5分後にスリープモードにする
    10分後
    10分後にスリープモードにする
    15分後
    15分後にスリープモードにする
    ご注意いただきたいこと
    次のような場合は、自動スリープが機能しないことがあります。
    • ACアダプターをつないでいるとき
    • ゲームをしているとき
    • ビデオを再生しているとき
    • 曲を再生しているとき
    • スライドショーで画像を表示しているとき
    • USBケーブルを使って外部機器に接続し、USBモードにしているとき
    • インターネットラジオを聴いているとき*
      * インターネットラジオプレーヤーによっては、スリープタイマー機能を独自に設定できます。
  • ワイヤレスLAN省電力モード
    ワイヤレスLAN機能の電力モードを切りかえます。
    最大電力で通信する
    消費電力をおさえて通信する
    ご注意いただきたいこと
    [入]にすると、環境によっては正しく通信できないことがあります。このようなときは、[切]に設定してください。

参考情報

ページの先頭へ戻る

トップに戻るボタン