PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

新たなキャラクターや独自のダンジョン探索システムが明らかに! PS Vita『レイギガント』最新情報

by PS.Blogスタッフ 2015/06/19

運命に抗う3人の主人公の物語を描く3DダンジョンRPG『レイギガント』。宇宙からやってきた未知の侵略者ギガントに対抗できるのは、同じく未知の存在となる半生命体ヨリガミと共生する人間のみ。ヨリガミ適合者である3人の主人公はそれぞれの思いを胸に秘め、ギガントの脅威と自らの運命に立ち向かう。

今回は、主人公たちと深い関わりを持つ登場人物と、ゲームのメインとなる3Dダンジョンの探索システムの詳細をお届けする。また、前回の記事で紹介した本作の育成システム「エボルブツリー」の続報も公開! 7月30日(木)の発売に備えて、今から把握しておこう。




■物語のキーパーソンを紹介!

本作に登場する2人のキャラクターが新たに判明! 一弥を監督する立場にある七城卯月はヨリガミ適合者であり、戦闘にも登場することから、かなり重要なキャラクターだと予想される。イアソン・エゼキエルは、過去の記事で「神父」として存在をお伝えしていた人物で、ニルたち孤児の育ての親だ。




◆七城 卯月
CV:櫻井 孝宏

「なに泣きごと言ってやがる。そういうのは死んでからにしろ」
性別:男性 / 年齢:20歳 / 国籍:不明 / 身長:180cm

壊滅後の東京に対ギガント施設「外生校」を設立した人物。ヨリガミのカグツチとともに、事実上の指揮官として一弥たちを監督している。情け容赦のない性格で、その言動に一弥たちが反発することも多い。戦闘力もかなりのものだが戦闘に参加することは滅多になく、その来歴は誰も知らない。外生校で最も謎に包まれた人物。



◆カグツチ
CV:園部 啓一

「いつまでこの老いぼれをコキ使うつもりなんじゃ......」
七城卯月のヨリガミ。戦闘では爪による近接攻撃を得意とする。太古の戦いの生き残りで、現存するヨリガミの中では最長老。ご意見番的な存在の好々爺だ。



◆イアソン・エゼキエル
CV:玄田 哲章

「身の回りにいる善き人々を守る......それが私たちの果たすべき使命です」
性別:男性 / 年齢:60歳 / 国籍:インド / 身長:180cm

カリブ海に座礁したタンカー・シーキング号に、対ギガント戦用の拠点を築き上げた男性。ニルたち三姉妹の育ての親であり、理知的かつ温厚な人物だ。周辺の離島に住む漁師たちからは神父と呼ばれ、信頼されている。




■敵やアイテムの位置情報から攻略ルートを模索!

本作は「メガロサイト」と呼ばれるダンジョンを探索することで、ストーリーが進行する。メガロサイト内部では、敵であるギガントとの戦闘が発生するのはもちろん、キャラクターの強化に必要なアイテム「リソース」も入手可能。イベントや謎解きなどに挑みながら、ダンジョンを攻略していく。


メガロサイトは、マップの構造自体は実際に歩いてみるまで不明だが、敵やアイテムの位置は最初から記されている。敵がいる場所にはエネミーシンボルと呼ばれるオブジェがあり、それに触れると戦闘が発生する仕組みだ。プレイヤーはそれらの情報を頼りに、最短ルートと思しき道を進むか、遠回りでもアイテムを入手しつつ進むか、といった自分なりの攻略ルートを模索できる。




【メガロサイト内の戦闘は4種類のタイプが存在!】

本作の戦闘には、AP(ActivePoint)と呼ばれる行動コストに関係する、4種類の戦闘タイプが設定されている。戦闘タイプはギガントが待ち受ける位置によって異なり、マップに表示されるアイコンやエネミーシンボルの色や形から識別が可能だ。


<戦闘タイプ:ノーマル>
黄色いアイコンとエネミーシンボルが目印。プレイヤーにとって有利も不利もない、基本的な戦闘だ。

<戦闘タイプ:ライト>
青いアイコンやエネミーシンボルでの戦闘は、主人公たちの消費APが半分に! ノーマルよりも多く行動できるため、ガンガン攻めこめる。

<戦闘タイプ:ヘヴィ>
赤いアイコンとエネミーシンボルでの戦闘は、主人公たちが不利に。消費APがノーマルの2倍になるため、闇雲に行動するとすぐAP不足に陥ってしまうだろう。

<戦闘タイプ:デッドリー>
ボスなどの強力なギガントとの戦闘に多い、特殊な戦闘タイプ。苦戦は予想されるが、ギガントの行動による主人公たちのAP回復量が増加するため、思い切った行動を取れる。




■「エボルブツリー」の内容はキャラクターそれぞれ!

『レイギガント』のキャラクターは、「エボルブツリー」と呼ばれる一覧からスキルやアイテムなどを取得して育成する。「エボルブツリー」を構成する系統のひとつ「コマンドツリー」では、スキルやスペル、特殊能力などを習得でき、その内容はキャラクターごとにそれぞれ異なる。


主人公のひとりであるカイルと、その仲間たちを例に挙げると、中衛のカイルは攻撃だけでなく、味方の能力を引き上げたり、敵を弱体したりといった、サポート系のスキルが多い。前衛のコナーは多彩な攻撃手段を持つ一方で、敵の標的を自分へ向けたり、受けるダメージを軽減したりといった、パーティの盾を務めるにふさわしいスキルがそろっている。後衛のリオナはさまざまな攻撃スペルを覚えるうえに、自身の唱えたスペルの効果をアップさせるスキルを習得可能だ。習得したスキルやスペルは○△□のボタンに割り当てることで、戦闘中に使用できる。




この夏期待のPS Vita専用3DダンジョンRPG『レイギガント』。魅力的なキャラクターが紡ぐ物語や、独自のシステムによる冒険は、プレイヤーにどのような感動と体験をもたらすのだろうか?


----------------------------------------

PS.Blogの『レイギガント』ページはこちら

----------------------------------------


『レイギガント』公式サイトはこちら

©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

記事を探す
トップに戻るボタン