PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

【E3 2015】Only on PlayStation®の注目タイトルが続々登場! 大盛況のSCEAブースレポート!

by PS.Blogスタッフ 2015/06/19

2015年6月16日~18日(現地時間)、ロサンゼルスで開催されている世界最大規模のゲームショウE3 2015。SCEAは会場最大級規模のブースを設置し、ムービーシアター、試遊台などで多くの来場者を引きつけた。入り口では巨大モニターで新作タイトルのデモ映像を上映し、ショーケースにはPlayStation®4、「Project Morpheus」デモ機、コントローラー、PlayStation®20周年記念カラーのヘッドセットを展示。ひとたび足を踏み入れれば、バーチャルリアリティシステム「Project Morpheus」やOnly on PlayStation®タイトルのシアター&試遊台が大盛況! 着ぐるみ&コスプレキャラも行き交うホットなSCEAブース、その見どころを現地からレポート!!





■これがPlayStation®の力! Only on PlayStation®タイトル

会場でひときわ目を引いたのが、前日のSCEAカンファレンスで情報が公開された『Horizon Zero Dawn』『人喰いの大鷲トリコ』『アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』のOnly on PlayStation®特設シアター。壁面に各タイトルのメインビジュアルが絵画のように描かれ、抜群の存在感を演出していた。しかも、このシアターでは3タイトルのプレイデモやムービーを一度に視聴可能! 話題の新作をすべて味わえるとあって、終日長蛇の列をなしていた。


公開されたデモは、いずれもSCEAカンファレンスよりやや長いバージョン。
『Horizon Zero Dawn』では、機械化された動物を倒す主人公のハンティングを約15分にわたってデモプレイ。上空からの攻撃を交わしつつ、巨大な動物にワイヤーを打ち込んで倒伏させる迫力のアクションを堪能できた。
『人喰いの大鷲トリコ』では、上田文人ディレクターのメッセージと共に、少年が巨獣を導き巨大遺跡を進む映像が公開された。大画面シアターでは、巨獣の羽のそよぎ、鼻先をかすめる蝶の羽ばたき、朽ちた遺跡を吹き抜ける乾いた風まで感じ取ることができ、その繊細な表現力に感動。E3出展にあわせて公式サイトも更新されたので、叙情あふれる神話の世界をぜひ堪能してほしい。

『アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』では、アクション映画をはるかに越えたスリリングなカーチェイスを展開。走るジープに飛び移りながらの銃撃戦、大破した車からの脱出、バイクでのチェイスなど、手に汗握るシーンの連続! ネイト最後の冒険は、史上最高にハードかつスリリングなものになりそうだ。



『Horizon Zero Dawn』

『人喰いの大鷲トリコ』

『アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』


プレイアブルエリアにも、注目のPS4™タイトルが続々登場。
男女8人のホラー群像劇『Until Dawn -惨劇の山荘-』では、プレイヤーの選択が登場人物の運命に大きな影響を及ぼす「バタフライエフェクトシステム」の一部を体験できた。獣の群れに囲まれた時、どんな行動を取るか。探索中に発見した銃を同行者に渡すか、こっそりひとり占めするか。命の危険にさらされた同行者を救うか否か。体験プレイはわずか10分ほどだが、重大な選択肢が複数出現。ふとした行動が8人の運命を左右する、ひとつひとつの決断の重さを体感することができた。



『Until Dawn -惨劇の山荘-』


他にも、『Destiny 降り立ちし邪神』『The Tomorrow Children』をはじめとするPS4™タイトルの試遊台が大人気。年内に発売されるタイトルも数多く、期待の高さをうかがわせていた。



『Destiny 降り立ちし邪神』




■20近くものMorpheus向けコンテンツ体験が可能! Project Morpheus

話題のバーチャルリアリティ(VR)システム「Project Morpheus」は、なんと20近くものコンテンツのプレイアブルデモ&技術デモを展示。初音ミクのライブを臨場感たっぷりに体感できる『SEGA feat. HATSUNE MIKU Project: VR Tech DEMO』(セガゲームス)、プレイしたことを後悔するほどの絶叫戦慄ホラー『KITCHEN』(カプコン)など、国内メーカーも続々新規タイトルを投入し、幅広いラインナップとなった。


注目は、SCEAカンファレンスで発表された『RIGS』。「Project Morpheus」対応ソフト初のマルチプレイタイトルであり、3vs3でロボットを操りライバルを狙撃するeスポーツ感覚のオンラインシューティングだ。ブースにはコックピットが設置され、ロボットに搭乗しているかのような臨場感を演出していた。既存のゲーム体験とは全く違う、その世界に自分が入り込んだかのようなプレイ感覚に、試遊した人達から驚きの歓声が上がっていた。



『RIGS』




■まだまだあります! 注目タイトル&サービス

小規模ディベロッパーが制作するインディーズゲームの活況にも陰りなし。質量ともに大手ディベロッパーに比肩するソフトも数多く見受けられ、もはや"インディーズ"というカテゴライズが無意味に思えるほど。基本プレイ無料の『DEATH TALES』『GUNS UP!』『PLANET SIDE2』、深海を探索する『SOMA』などひねりの効いたゲームがそろっており、多くの来場者が足を留めていた。

また、SCEAが北米で展開しているクラウド型テレビサービス「PlayStation®Vue」、ゲームストリーミングサービス「PlayStation®Now」、音楽配信サービス「PlayStation®Music」など、ネットワークサービスに関する展示スペースも充実。いずれも日本国内は未対応だが、デジタルエンタテインメントとネットワークサービスの結びつきは今後ますます強固になるだろう。

大型タイトルを続々投入し、"ゲームのPS4™"を印象づけたSCEAブース。主要タイトルのプレイレポートについては、後日公開する予定。お楽しみに!



PS4™『人喰いの大鷲トリコ』公式サイトはこちら

PS4™『アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』公式サイトはこちら

PS4™『Until Dawn -惨劇の山荘-』公式サイトはこちら

PS4™/PS3®『Destiny』公式サイトはこちら

PS4™『The Tomorrow Children』公式サイトはこちら


©Sony Computer Entertainment Inc.

©Sony Computer Entertainment America LLC. Created and developed by Naughty Dog,Inc.

©Sony Computer Entertainment Europe. Developed by Supermassive Games.

©2015 Bungie, Inc. All rights reserved. Destiny, the Destiny Logo, Bungie and the Bungie Logo are among the trademarks of Bungie, Inc. Published and distributed by Sony Computer Entertainment Inc. in association with Activision.

©2015 Sony Computer Entertainment Inc. All rights reserved.

記事を探す
トップに戻るボタン