PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

三大祭りでドドンがドン!!『太鼓の達人 ドドンと15周年!』発表会レポート

by PS.Blogスタッフ 2015/06/29

2001年2月に誕生した「太鼓の達人」は、今やゲームセンターで4,000台以上稼働、家庭用ゲームは累計800万本突破、スマートフォンアプリは1,600万ダウンロード達成の国民的音楽ゲーム。2015年7月9日(木)にはPlayStation®Vita版『太鼓の達人 Vバージョン』の発売が予定され、大きな注目を集めている。

そんな大ヒットシリーズが、2016年2月に15周年を迎えることに! バンダイナムコエンターテインメントでは2015年から2016年にかけての1年を15周年イヤーと位置づけ、数々のイベントを開催する予定だ。2015年6月25日(木)、各プロジェクトの詳細を明かす15周年記念発表会が開かれたので、その模様をお届けしよう。


発表会は、株式会社バンダイナムコエンターテインメント常務取締役・浅沼誠さんの開会挨拶で開幕。続いて「太鼓の達人」総合プロデューサーの中館賢さんが登壇し、シリーズの歴史を振り返るとともに15周年記念イベントを発表した。中館さんによれば「"楽しんだら、誰もが太鼓の達人だ"をスローガンに、今まで以上に多くのユーザーに遊んでもらえるよう3つのお祭りを仕掛けていく」とのこと。では、"三大祭り"の全貌を紹介しよう。


株式会社バンダイナムコエンターテインメント 常務取締役
浅沼誠さん


株式会社バンダイナムコエンターテインメント 「太鼓の達人」総合プロデューサー
中館賢さん




【祭りその1だドン!】スタジオジブリ制作のショートアニメを発表!

最初の発表は、株式会社スタジオジブリ代表取締役プロデューサー・鈴木敏夫さんプロデュースによる「太鼓の達人」ショートアニメーション! 『魔女の宅急便』(作画監督・キャラクターデザイン)、『崖の上のポニョ』(作画監督)、『コクリコ坂から』(キャラクターデザイン)を手がけた近藤勝也さんが構成・作画を務め、筆による温かみのあるタッチで「太鼓の達人」の世界を描き出している。タイトルや「ドドンと15周年」の筆文字は、鈴木さんによるもの。「太鼓の勢い、強さ、激しさを表現しました」とのことだ。なお、このアニメは公式サイトで公開中。PS Vita版『太鼓の達人 Vバージョン』にも収録されるほか、テレビCMでの放映、キービジュアルを使用したグッズ展開も予定されている。


◆ショートアニメを公開中!


アニメの発表にあわせ、スタジオジブリの鈴木敏夫さんと株式会社アニメコンソーシアムジャパン代表取締役/株式会社バンダイナムコホールディングス執行役員・鵜之澤伸さんも壇上へ。アニメを制作するに至った経緯や見どころについて語った。鵜之澤さんいわく「ジブリはゲーム嫌い。普通なら門前払い」とのこと。それでも今回のコラボが実現したのは、鵜之澤さんと鈴木さんが30年来のつきあいだからだとか。かつて「太鼓の達人」に『となりのトトロ』の楽曲が収録されたのも、ふたりの「腐れ縁」(鈴木さん談)から。また、鈴木さんがかつて鵜之澤さんからピピンアットマーク(バンダイとアップルが共同開発したマルチメディア機)をプレゼントされたこと、それが頭の隅に残っていたため借りを返すつもりで今回のアニメ制作を引き受けたことなど、意外なエピソードも披露した。

また、筆を用いたアニメの制作秘話も公開。鈴木さんによると「以前、近藤君がある会社のCMを筆で作ることになり、30秒のアニメに4ヵ月かけて制作した。それ以来、彼は筆でキャラクターを動かすことに取りつかれ、もう一度挑戦したいという思いがふつふつとあったようです」とのこと。また、「作品づくりにおいてもっとも大切なのはインスピレーション」であり、今回はねずみのキャラクターを思いついたことがこのアニメの方向性を決定づけたと語っていた。


株式会社スタジオジブリ 代表取締役 プロデューサー
鈴木敏夫さん


株式会社アニメコンソーシアムジャパン 代表取締役
株式会社バンダイナムコホールディングス 執行役員
鵜之澤伸さん


鈴木さんと鵜之澤さんは長年の付き合いだけに、息の合ったトークを展開した。




【祭りその2だドン!】2016年、「太鼓の達人」初の世界大会を開催!

第二の祭りは、シリーズ初の世界大会「ドンだー!世界一決定戦」!! 海外のゲームセンターにも筐体が置かれ、家庭用ゲームが台湾、韓国などで発売され、"国民的音楽ゲーム"から"世界的音楽ゲーム"へと成長した「太鼓の達人」シリーズ。この流れを受け、2016年夏、世界ナンバーワンを決める大会を行うことに。さらに、国内ではシリーズ初の小学生以下限定の大会も実施。優勝者は世界大会への出場権も与えられる。中館プロデューサーは、「日本の楽曲を海外に紹介する場になればうれしいです」と意気込みを語った。なお、世界大会の課題曲は一般の方からの公募によって決めるとのこと。2015年8月1日からエントリーを開始するので、自作曲を応募したい方は公式サイトをチェックしよう。




【祭りその3だドン!】EXILE MAKIDAI&関口メンディー、15周年タイアップアーティストに就任!

15周年イヤーを盛り上げるため、人気アーティストEXILE のMAKIDAIさん、関口メンディーさんがタイアップアーティストに就任。今後はテレビCMをはじめ、さまざまなコラボレーション企画を予定している。会場ではふたりからのビデオメッセージも上映。MAKIDAIさんは「『太鼓の達人』は国民的ゲーム。自分も何度も遊んだことがあります。キャンペーンを応援して、盛り上げていきたい」、関口メンディーさんは「どんちゃんの『曲を決めるドン!』などの語尾が大好き。あれを聞くと『太鼓の達人』だな、夏だなと思います」と「太鼓の達人」シリーズへの思いを語った。中館プロデューサーによると、「『太鼓の達人』もEXILEも2001年にデビューした同期」とのこと。「同期のよしみで、いっしょに15周年を盛り上げていきたい。テレビCMへの出演以外にも、さまざまなキャンペーンを仕掛けていきます」と抱負を述べた。


EXILE MAKIDAI

2001年よりEXILEとして活動を開始。役者としても活躍し、舞台や映画「渋谷区円山町」、「きみに届く声」、 「俺たちの明日」などで主演を務め、NHK 朝の連続テレビ小説「瞳」にも出演。さらに2008年にはDJ MAKIDAI 名義でMIX CD「DJ MAKIDAI from EXILE Treasure MIX」をリリースし、MIX CDでは史上最高位となるオリコンアルバムチャート3 位を獲得。現在、日本テレビ「ZIP!」火曜日メインパーソナリティーを務めるなど、多方面で活躍。EXILEパフォーマーとしての活動は年内いっぱいとなることを先日発表したが、DJ MAKIDAIの新たな表現の場として「PKCZ」プロジェクトが始動している。



関口メンディー

アメリカ・ニュージャージー州出身。GENERATIONS from EXILE TRIBEのパフォーマーとして2012 年から活動中。2014年4月27日に日本武道館にて開催されたEXILE 新パフォーマーオーディション「EXILE PERFORMER BATTLE AUDITION」ファイナルにてEXILE 新パフォーマーに決定。類いまれなる身体能力を武器にした力強いパフォーマンスと、見る者を引きつける破天荒なキャラクターで大きな注目を集め、バラエティ番組にも多数出演。現在は、フジテレビ「バイキング」水曜レギュラーとして出演中。今後もEXILEと兼任しながらGENERATIONSとしても活動していく。



三大祭りを軸に、イベント目白押しの15周年。まずは7月9日(木)発売のPS Vita版『太鼓の達人 Vバージョン』で盛り上がろう!



------------------------------------------

太鼓の達人 Vバージョン

発売元:バンダイナムコエンターテインメント
プラットフォーム:PlayStation®Vita
ジャンル:和太鼓リズムゲーム
発売日:2015年7月9日(木)発売予定
希望小売価格:5,690円+税 ダウンロード版 販売価格:6,145円(税込)
CERO:A(全年齢対象)

------------------------------------------


▼PS Vita『太鼓の達人 Vバージョン』体験版のダウンロードはこちらから!

▼『太鼓の達人 Vバージョン』のPS Storeでの予約購入はこちらから!


------------------------------------------

PS.Blogの『太鼓の達人 Vバージョン』ページはこちら

------------------------------------------


『太鼓の達人 Vバージョン』公式サイトはこちら

「太鼓の達人」シリーズ公式サイト「ドンだーページ」はこちら

ゲームセンター版『太鼓の達人 ムラサキVer.』公式サイトはこちら


©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
© CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

記事を探す
トップに戻るボタン