PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

新ジョブはエレメントアーチャーとウォリアー! 『ドラゴンズドグマ オンライン』のパーティープレイがさらに熱くなる!

by PS.Blogスタッフ 2015/07/02

■エレメントアーチャーとウォリアー、気になるその能力は!?

これまで公開されていたジョブは、ファイター、ハンター、プリースト、シールドセージ、そしてシーカーとソーサラーを合わせた6種類。今回はさらに、エレメントアーチャーとウォリアーという2種類の新たなジョブの存在が明らかとなった。パーティーでどんな役割を担い、どんなスキルを使いこなすのか、その能力をさっそくチェック!


◆迎撃と癒しの魔矢を放つ! エレメントアーチャー
~Attacker & Healer~

魔道弓により霊力の魔矢を操る神秘の射手。自動的に標的を追う幾本もの魔矢は、敵の急所を穿つ刃のみならず味方を癒す光にもなる。



アタッカーとヒーラー両方の面を持つ魔矢は高い追尾性能を誇り、攻撃時は複数の敵を一斉に攻撃できるのが魅力。さらに、多くの対象を同時にロックオンするほど魔矢の集中時間が短縮され、高威力の矢を放ち易くなるのだ。



スキル「癒し魔矢」

放たれた魔矢で味方を回復。遠距離から確実に、素早く味方をサポートできるため、非常に重宝するスキルのひとつだ。




◆一網打尽に斬り払う! ウォリアー
~Attacker~

受けた痛みを反撃の力に変える、剛力の重戦車。敵の攻撃を耐え忍ぶほどにその一撃は重みを増し、大剣の一振りは巨大な標的をも怯ませ葬る。



スキル「魔人駆け」

自らの体を武器に、強烈な突進攻撃を繰り出す「魔人駆け」。小型の敵であればまとめて吹き飛ばすほどの威力を誇る。



スキル「魔人斬り」

渾身の一撃「魔人斬り」の破壊力はこの上なし。「魔人斬り」の威力は、ウォリアーのリベンジゲージに応じて上昇。リベンジゲージは自身が攻撃を受けると溜まっていき、さらに「耐魔の身構え」で耐えることで効率よく溜められる。ただしスキは大きいため、使いどころは見極めたい。





■ロールを意識した連携が鍵を握る戦闘アクションをおさらい!

7月7日(火)から7月15日(水)にかけて実施されるPlayStation®4版/PlayStation®3版クローズドベータテスト1(CBT1)では、他のプレイヤーとのパーティープレイや大型モンスターとの戦闘を体験できる。そこで、これまでのおさらいを兼ねて、大型モンスターとの戦闘アクションのポイントを紹介しよう。


本作にはアタッカー、ヒーラー、タンクといったジョブごとにロールの概念があり、プレイヤー同士がロールを意識しながら協力することで戦いを有利に進められる。

サイクロプスなどの大型モンスターにある程度ダメージを与えると、身体が赤く輝く怒り状態に変化。怒り状態では攻撃が激しくなり、ダメージも通りにくくなるが、画面に表示される敵スタミナゲージをゼロにすれば敵を疲れさせ、大きな攻撃チャンスに持ち込むことができる。

敵スタミナゲージを消耗させるには、ふた通りの方法がある。ひとつは敵の身体にしがみつき、"ゆさぶる"こと。ジョブに関わらずパーティーメンバー全員がしがみつくこともできるので、積極的に狙っていこう。そしてもうひとつは、プリーストの「ヒールオーラ」などで発現されたシークレットコアを攻撃することだ。コアの光色は、弱点属性を表している。シールドセージの「フォースエンチャント」で味方の攻撃に属性を付与し、ファイターやハンターなどのアタッカーがコアに攻撃を加えることで、敵スタミナゲージをより効果的に減らすことができるのだ。


タンクのシールドセージが敵の注意を引いているスキに、アタッカーであるファイターやハンター、シーカーが攻撃。ヒーラーのプリーストは回復のサポートに回るといったように、ロールを意識した連携がパーティープレイ最大のポイントだ。



怒り状態になった敵の攻撃は強烈。激しい動きで接近する覚者を吹き飛ばす!



プリーストの「ヒールオーラ」によって、サイクロプスの両膝にシークレットコアが発現。ここを狙って、敵スタミナゲージを消耗させよう!



大型モンスターとの戦闘では、敵にしがみついて攻撃することができる。巨体に飛びつき、弱点を直接攻撃する迫力の戦闘アクションは、「ドラゴンズドグマ」シリーズならではの魅力だ。本作の大きな特徴である"しがみつき攻撃"や"ゆさぶる"を仕掛け、ジョブロールによる弱点攻撃を駆使し、敵スタミナゲージがゼロにして大型モンスターを疲れさせれば、勝利は目前だ!



弱点やシークレットコアにしがみついて直接攻撃! ダイナミックな攻撃アクションは、とくにファイターやシーカーの見せ場となる。



しがみつきからのゆさぶりで敵スタミナゲージを減らしていく。ゲージがゼロになればスキが生まれるため、攻撃をたたみかけてダウンを狙い、さらなるチャンスへ繋げよう!





■7月4日(土)21時からニコニコ生放送で「DDON TV #2 CBT1解禁直前SP」を配信!

ファミ通編集部協力による『ドラゴンズドグマ オンライン』公式ニコニコ生放送、「DDON TV」の第2回放送が7月4日(土)21:00から配信! 今回は「DDON TV #2 CBT1解禁直前SP」というタイトル通り、実施が迫るCBT1を体験するという内容。ゲストには声優の安元洋貴さんと前野智昭さんをお迎えし、ファン必見のゲスト企画もあります! 出演者による最速レポートをお見逃しなく!!

「DDON TV」番組ページはこちら




新たなジョブが公開され、正式サービス開始が待ち遠しい『ドラゴンズドグマ オンライン』。PS.Blogでは今後も最新情報をお届けしていくのでお楽しみに!


---------------------------------------------------------------------------

PS.Blogの『ドラゴンズドグマ オンライン』ページはこちら

---------------------------------------------------------------------------


『ドラゴンズドグマ オンライン』公式サイトはこちら


©CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

記事を探す
トップに戻るボタン