PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

本格バトルやヒロインの魅力を堪能! PS Vita『ルミナスアーク インフィニティ』発売記念プレイインプレッション【特集第3回】

by PS.Blogスタッフ 2015/08/06


本日8月6日(木)に発売を迎えた、PlayStation®Vita専用ソフトウェア『ルミナスアーク インフィニティ』。"詩(うた)"の力に満ちたファンタジー世界を舞台に、本格シミュレーションバトルや個性的な12人のヒロインとのロマンス、そして世界の命運を賭けた壮大な物語を楽しめる。

特集第3回となる今回は、本作の特徴をあらためておさらいするとともに、プレイインプレッションをお届けしよう。これからプレイを考えている方は、ぜひ参考にしてほしい。


----------------------------------------

前回までの特集記事はこちら

特集第1回 "詩"が織りなすシミュレーションRPG! PS Vita『ルミナスアーク インフィニティ』の魅力に迫る!

特集第2回 戦略が鍵となる本格SLG! PS Vita『ルミナスアーク インフィニティ』のバトルシステムとは?

----------------------------------------





■『ルミナスアーク インフィニティ』の特徴を動画でおさらい!

まずは、本作の特徴をあらためて紹介しよう。『ルミナスアーク インフィニティ』は、見習い調響師(ちょうきょうし)のシードと12人のヒロインたちによる、冒険やロマンスを描くシミュレーションRPG。シナリオパートとバトルパートをプレイすることでメインシナリオが進行するほか、ヒロインとのコミュニケーションをはじめ、キャラクターを育成できるフリーバトルや、本作の世界を深く堪能できるサブストーリーも充実! それでは、ゲームの特徴や本作独自のシステムを、動画とともに確認してほしい。



<浮遊都市フローティアで世界各地を移動!>


物語の拠点となるのは、移動能力を持った浮遊都市フローティア。シナリオパートの前半はフローティアでワールドマップを移動してメインシナリオを進めたり、サブクエストやフリーバトルをこなしたりできる。




<バトルは本格シミュレーション!>


戦闘はマス目状のマップでキャラを動かしながら戦うおなじみの方式。主人公のシードは指揮官としてヒロインたちの操作とサポートを担当する。本作の戦闘は特に戦略性を重視しており、キャラの相性や高低差といったさまざまな条件が影響を及ぼす本格派。テーマとなる"詩"をモチーフにした必殺技や独自のシステムも用意されている。




<詩で仲間の能力を向上させる「コーリング」>


戦闘中にヒロインが歌うことで、さまざまな効果を持つフィールドが発生! 範囲内のヒロインのステータスが一時的にアップする。ふたり以上のヒロインの詩の効果が重なると"共鳴"が発生し、効果や範囲が増大! 歌っているヒロインは無防備になってしまうが、その効果は絶大だ。




<仲間同士で技をレンタルできる「デュオレント」>


「デュオレント」を使えば、好感度の高いヒロインの必殺技を借りて敵を攻撃可能! 動画では火属性の攻撃を持たないアクアが、ジォーカーの火属性攻撃「フレイム」を借りて使用している。「デュオレント」を使うと、ヒロイン同士の好感度がさらに上昇!




<ヒロイン同士の合体技「デュオストライク」>


「デュオストライク」は、ふたりのヒロインが協力して必殺技を繰り出す合体技。強力なダメージを与えられるうえに、敵の弱点に合わせて自動的に攻撃属性が変化するため、使い勝手は抜群! デフォルメされたヒロインたちの、キュートなカットイン演出にも注目だ。





■実際のプレイで初めてわかった本作の魅力に迫る!

ここからは、PS.Blogスタッフが本作をプレイして感じた見どころや楽しさ、気づいたポイントなどをお伝えする。本格派のシミュレーションバトルとはどれほどのものなのか? そして個性的なヒロインたちと紡ぐ壮大な物語とは?



【まずはバトルパートに挑戦! 一筋縄ではいかない本格バトルを堪能!】

シミュレーションRPGファンが気になるのは、やはりバトルパートの手応えだろう。ゲームとしての根幹に関わる部分だけに、ここが物足りなければ本作の魅力は半減してしまうからだ。

結論から先に言ってしまうと、そんな心配は杞憂に過ぎなかった。キャラの属性をはじめ、移動範囲や攻撃範囲、敵との相性や地形の高低差、そしてキャラクターの向きといったさまざまな要素を考慮した戦略が必要という触れ込みに偽りなし! 序盤の数マップこそ特に何も考えず簡単にクリアできたものの、無策では次第に厳しくなっていく。そしてたったひとつのミスにより戦況が逆転し、敗北してしまったこともあった。


敵の思考はよく練られており、敵がこちらの攻撃範囲や移動距離を考慮した絶妙の位置に何度も陣取ったときには舌を巻いた。決して甘く見ていたわけではないが、思った以上に歯ごたえのある内容に気持ちを切り替える。

自分でも慎重すぎると思うほど用心深く進軍し、有利な位置を確保。敵味方含めたキャラの行動できる順番は事前に確認できるので、特殊技や必殺技を使うタイミングを熟慮し、一匹ずつ確実に敵を撃破していく。一度敗北したマップをクリアできたときは、思わず拳を握ってしまった。自分の練った戦略がうまく決まったときの楽しさはまさに格別! 敵の強さも、しっかり考えて行動すれば、それが結果にあらわれる秀逸なバランスとなっていた。


今回のプレイでは経験値稼ぎのフリーバトルは行なわずメインシナリオのみを進めてみたが、もし敵が強いと感じたなら焦らずフリーバトルでキャラを育成してから挑むといいだろう。また、いつでも難易度が変更できるということで、試しに戦闘中に難易度を「EASY」にしてみたところ、与えるダメージが約2倍に上昇。受けるダメージは半分ほどに軽減された。難易度を変更するデメリットはないので、シミュレーションRPG初心者は「EASY」でプレイしてみるといいかもしれない。ちなみに、戦闘で敗北してもペナルティは特にない。戦闘で得た経験値はそのままに、再戦したり戦闘前のパートへ戻ったりできた。




<充実したチュートリアルで初心者も安心!>

シミュレーションRPGとしての基本はもちろん、本作独自のシステムについてもゲーム中のチュートリアルで詳しい説明があった。それも最初からいきなり全てを覚えるのではなく、状況に応じてチュートリアルは挿入。ストーリーやバトルを楽しみながら、無理なく覚えられるのが嬉しいところだ。一度見たチュートリアルはいつでも閲覧可能で、忘れてしまったり流し読みしていたりしても安心!




【惹きつけられるストーリーやヒロインたちの魅力を満喫!】

ストーリーは特集第1回でお伝えした通り、主人公のシードがアール・アージュ皇国を訪れる場面から幕を開ける。偶然、謎の組織の計画を耳にした主人公が戦いへ巻き込まれるという展開はある意味お約束なだけに、すんなりと本作の世界へ入り込むことができた。ファンタジー世界で描かれる"ボーイ・ミーツ・ガールズ"という王道ストーリーは、時にはシリアスに、そして時にはコミカルに描かれ、テンポよく進むために止め時が難しい。豪華声優陣の演技も素晴らしく、ヒロインはもちろんサブキャラまでもボイス付きで展開されるストーリーに、グイグイと引き込まれていった。


世界の命運を左右する壮大なストーリーはもちろん、主人公やヒロインたちの過去にまつわる話など、気になる設定が序盤から目白押し。主人公にかけられた呪いとは? そしてヒロインとの約束とは? 続きが気になって仕方ないが、本作はボリューム満点のうえにマルチエンディングとなっており、ヒロインとの好感度によってエンディングが変わる仕組みとなっている。そのため、12人全てのヒロインの物語を堪能しようと思ったら、かなり長い時間楽しめることは間違いない。


12人のヒロインは最初から全て登場するわけではなく、物語が進むにつれて次第に仲間になっていく。新しく仲間になったヒロインに目を奪われると同時に、次は誰が登場するのだろうという期待も高まり、ますます本作の世界に没頭してしまった。ストーリーが進むと、見た目や設定だけではわからなかったヒロインたちの魅力を深く知ることができ、戦闘でも活躍させようと気合が入る。本格バトルと"ボーイ・ミーツ・ガールズ"の融合は、やはり本作を語るうえで欠かせない大きな魅力だ。




<イベントはサクサク進行!>

仲間になったヒロインは、浮遊都市フローティアに滞在。シナリオパートではフローティア内にいる彼女たちと会話を楽しめる。フローティア内を移動してヒロインを探さなくても、ボタン操作で瞬時に移動が可能! 会話イベントが発生する場所にはイベントマークが表示されるため、ストレスなくストーリーを進められた。



<ちょっぴりお楽しみな「シークレットレッスン」>

戦闘後のシナリオパート「アフターブレイク」では、コミュニケーションによってヒロインたちとの絆をさらに深められる。会話やプレゼントといった行動を取れるが、やはり注目はタッチパネルを使った「シークレットレッスン」! PS Vitaのゲーム画面に表示されたヒロインを直接タッチし、調響(ちょうきょう)によって戦闘の疲れを癒してあげられる。タッチした箇所により、ヒロインの反応はさまざま。うまく調響できたヒロインは、好感度が上昇するとともに次の話の間、戦闘で有利な効果を得られる。




■有名人が実況プレイ! 公式のゲームプレイ動画もチェック!!

あの高橋名人とネットタレントのドグマ風見さんが『ルミナスアーク インフィニティ』をプレイ!? 公式サイトでは、2人の実況プレイ動画が公開されている。高橋名人は主に戦闘後のシナリオパート「アフターブレイク」を、ドグマ風見さんは主にバトルパートを体験し、それぞれのパートを解説。高橋名人の「シークレットレッスン」プレイでは、PS Vitaのゲーム画面を得意の16連射で激しくタッチするシーンも! 2人の有名人が詳細なゲームプレイ動画とともに語る本作の魅力を、ぜひ確認してほしい。



◆高橋名人の『ルミナスアーク インフィニティ』実況プレイ動画



◆ドグマ風見の『ルミナスアーク インフィニティ』実況プレイ動画





■ヒロインたちの秘めゴトがぎゅっと詰まった先着購入特典!

『ルミナスアーク インフィニティ』のパッケージ版には、先着購入特典として「うたえ!舞え!詩姫の秘めゴト・ぎゅっとセット」が付いてくる。気になる内容は、ヒロイン12人が歌う主題歌とボーカル曲、ミニドラマを収録したスペシャルCDと、設定資料や描き下ろしイラストを満載したブックレット。まさに詩姫たちの魅力がぎゅっと濃縮された豪華特典! 数量限定なので、確実に手に入れたい人は購入前に店頭で確認しよう。



<「うたえ!舞え!詩姫の秘めゴト・ぎゅっとセット」>




■発売記念! 「白熱!ウォーターバトル」体験会開催!!

『ルミナスアーク インフィニティ』の発売を記念し、東京、秋葉原のゲームショップ「トレーダー秋葉原3号店」にて、8月8日(土)に本作の体験イベントが実施される。参加者には、先着で「アクアの特大水着ポスター」をプレゼント! 日時の都合が合う人は、ぜひ参加してみては?


《開催日時》
2015年8月8日(土)12:00~18:00

《開催場所》
トレーダー秋葉原3号店 店頭

※事故・混乱防止のため、体験会運営にあたり、さまざまな制限を設けさせていただく場合があります。
※体験を希望されるお客様が多い場合、運営側の判断により、急きょ整理券対応とさせていただく場合があります。
※体験会は予告なく変更・中止となる可能性があります。
※ノベルティの数には限りがあります。無くなり次第、終了となります。




バトルやストーリー、そしてヒロインとのコミュニケーションが存分に楽しめる『ルミナスアーク インフィニティ』。最終回となる次回の特集では、開発スタッフ自らに本作の魅力を語っていただく。どんなコメントが飛び出すか、お楽しみに!!


▼PS Vita専用ソフトウェア『ルミナスアーク インフィニティ』の購入はこちらから!


『ルミナスアーク インフィニティ』の発売を友達に伝えよう!



------------------------------------------

PS.Blogの『ルミナスアーク インフィニティ』ページはこちら

------------------------------------------


『ルミナスアーク インフィニティ』公式サイトはこちら


©2015 Marvelous Inc.

記事を探す
トップに戻るボタン