PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

本能揺さぶる「神次元」の忍の闘いがPS4™で開幕! 「NARUTO-ナルト-」の対戦アクションはここまで進化した!

by PS.Blogスタッフ 2015/08/10


■アニメとゲームの融合「超アニメ表現」がさらに進化!

『NARUTO-ナルト- 疾風伝 ナルティメットストーム4』は、全世界累計出荷数1,200万本を誇る忍道対戦アクション「ナルティメット」シリーズの最新作だ。これまでのシリーズ同様、制作をサイバーコネクトツーが担当し、シリーズの「フリーバトル」「アドベンチャー」「ネットワーク」の3要素がPlayStation®4というハードでさらなる進化を遂げた。物語は「木ノ葉創世の戦い(柱間VSマダラ)」を序章とする「NARUTO-ナルト- 疾風伝」の最新ストーリーを追体験することができる。






■NEWCOMERS!:本作より新たに登場するキャラクターたち!

今回も、最新ストーリーや、劇場版などから多数の新キャラクターが参戦!


ナルト(六道仙人モード)

六道の力を授かったナルト。尾獣玉螺旋手裏剣をはじめ、ド派手な大技をつぎつぎと繰り出すことが可能!




うちはサスケ(輪廻写輪眼)

輪廻写輪眼の力を発揮するサスケ。自身と離れた空間を瞬時に入れ替える能力による高い機動力が特徴の強力なキャラクターとなっている。




うちはオビト(十尾の人柱力)

求道玉を駆使して戦う、十尾の力を得たオビト。遠距離戦に強い技を持ち、離れた位置から相手に触れずに戦うことができる。奥義は神剣・ぬのぼこの剣!




のはらリン

のはらリンがまさかの参戦!? 起爆クナイや丸太を使った攻撃など、トラップ的な技を持つ。かわいらしい動きが特徴だ。




うちはマダラ(六道)

六道の力を得て圧倒的な強さを誇るマダラ。その性能も、強力なものとなっている。覚醒すると輪墓による攻撃を繰り出すことが可能。奥義・天涯流星は地爆天星により創り出した巨岩が雨のように降り注ぐ術だ。

うちはオビト(暴走)

深い怒りと絶望が感じ取れるような、激しくも荒々しいアクションが特徴。木遁を用いた苛烈な攻撃の数々で相手を圧倒する。




マイト・ガイ(八門遁甲の陣)

「死門」を開くことで、限界を突破したガイの姿。二段ジャンプ、空中ダッシュなど、通常のアクションすら限界を突破する。




◆劇場版『THE LAST -NARUTO THE MOVIE-』からも参戦!


<うずまきナルト(THE LAST)><うちはサスケ(THE LAST)><日向花火(THE LAST)>

■新システム・リーダーチェンジで真の"スリーマンセル"を実現

これまでのシリーズではリーダー(操作キャラ)1人に対し、最大2人のサポートキャラがつくシステムだったが、なんと本作ではさらにバトルの最中にリーダーとサポートの切り替え=操作キャラを変更することが可能となった。これにより、戦況に応じて操作キャラを切り替えて戦うことができ、バトルの駆け引きがより熱くなる!


リーダーチェンジはサポートゲージを消費して行ない、リーダーチェンジ直後は一定時間が経過するまで再度チェンジすることはできない。しかし、サポート忍術からリーダーチェンジへつなげることができたり、コンボ中にリーダーチェンジをすることもできるなど、これまでにない戦法が可能となっているのだ。





■「装備破壊」はピンチ? それともチャンス?

新たに導入された装備破壊は、一定以上のダメージを受けると装備が破壊され、防御力の低下を招く代わりに攻撃力をアップするシステム。

装備の耐久力や装備破壊状態はキャラクターごとに判定されるので、リーダーチェンジシステムを駆使することで装備破壊されたまま戦うか、ほかのキャラクターに交代して猛攻をしのぐなどの選択も生まれる。


逆境をチャンスに変えるか、それとも......?





■合体奥義に新技を追加!

前作においてファンから高い評価を受けた「合体奥義」を、さらに追加してパワーアップ! 新たな奥義として、劇場版「THE LAST-NARUTO THE MOVIE-」のナルトとサスケの合体奥義や日向一族の合体奥義が追加されることが判明している。


<『THE LAST-NARUTO THE MOVIE-』ナルトとサスケの合体奥義

<日向一族の合体奥義>


追加された合体奥義はほかにもある。こちらは続報を待て!





■ボスバトルで劇中の名シーンを体験しよう!

劇中の名シーンを再現したボスバトルは、演出がとにかく派手。まるでアニメを見ているかのような映像は、ド迫力のひとこと。今回はその中から、3つのボスバトルを紹介する。


創世の死闘

柱間対マダラの戦いを再現したボスバトル。ふたりの忍の超越した力は、互いの装備を破壊し、さらにはステージそのものを破壊していく。闘いがエスカレートすると、木人VS九尾(威装・須佐能乎)の超巨大キャラによるバトルへと移行する。大地が割れ、鎧が砕ける、伝説の忍たちの死闘をここに再現!





第七班、集結!

十尾の分身体を蹴散らして、十尾の本体目指して突き進む劇中屈指の名シーンを再現したバトル。ナルト・サクラ・サスケの3人の口寄せから始まる、新三すくみによるかつてない群集バトル。巨体から繰り出されるド派手な攻撃は、とにかく爽快!





心の穴を埋めるもの

十尾の力を得たオビトが、ナルトの九喇嘛とサスケの完成体須佐能乎を迎え撃つ! 九喇嘛と完成体須佐能乎をリーダーチェンジしながら操作する超スケールバトル。圧倒的な力を持つオビトに再び手をとったふたりが挑む!


全方位でさらなるパワーアップを遂げた『NARUTO-ナルト- 疾風伝 ナルティメットストーム4』! さらにどんな新参戦キャラが隠されているのかなど、続報に期待して欲しい!





■プレイアブルキャラにコスチュームと豪華な初回封入特典アリ!

初回封入特典は、初回版でしか手に入らない限定プレイアブルキャラ&コスチュームに加え、通常ならゲームを進めていかないと手に入らないプレイアブルキャラおよびコスチュームが早期開放できるプロダクトコードが封入される。最新劇場版『BORUTO -NARUTO THE MOVIE-』や『THE LAST -NARUTO THE MOVIE-』と、いずれも劇場版からのキャラクターだ。初回版は数に限りがあるので、今すぐ予約しておこう!

◆初回限定特典

初回版でしか手に入らない限定プレイアブルキャラは、なんと、最新劇場版『BORUTO -NARUTO THE MOVIE-』のキャラクター、次代の忍たるボルトとサラダだ! しかも、このふたりで使える合体奥義も手に入る。

・プレイアブルキャラ
<うずまきボルト(BORUTO -NARUTO THE MOVIE-)>
<うちはサラダ(BORUTO -NARUTO THE MOVIE-)>


・コスチューム
<はたけカカシ(火影) (THE LAST -NARUTO THE MOVIE-)>

・合体奥義
うずまきボルト(BORUTO -NARUTO THE MOVIE-)
   ×
うちはサラダ(BORUTO -NARUTO THE MOVIE-)




◆早期開放プロダクトコード 
※通常はゲームの進行により使用可能となります。

初回特典の早期開放プロダクトコードで使えるようになるキャラクターは、劇場版『THE LAST -NARUTO THE MOVIE-』のナルトとサスケだ。こちらも、ふたりの合体奥義が使えるようになる。また、サクラとヒナタの『THE LAST』版コスチュームも見逃せない!

・プレイアブルキャラ
<うずまきナルト(THE LAST -NARUTO THE MOVIE-)>
<うちはサスケ(THE LAST -NARUTO THE MOVIE-)>


・コスチューム
<春野サクラ(THE LAST -NARUTO THE MOVIE-)>
<日向ヒナタ(THE LAST -NARUTO THE MOVIE-)>

・合体奥義
<うずまきナルト(THE LAST -NARUTO THE MOVIE-)>
   ×
<うちはサスケ(THE LAST -NARUTO THE MOVIE-)>

※内容・仕様は予告なく一部変更になる場合がございます。
※数に限りがございます。なくなり次第終了とさせていただきますのでご了承ください。
※一部店舗では取扱いの無い場合がございます。詳しくは店舗にてお問い合わせください。
※プロダクトコードをご利用いただく際には、Sony Entertainment Networkへの接続が必須となります。
※本特典は後日配信の可能性がございます、予めご了承ください。




----------------------------

NARUTO-ナルト- 疾風伝 ナルティメットストーム4

メーカー:バンダイナムコエンターテインメント
対応プラットフォーム:PlayStation®4
ジャンル:忍道対戦アクション
発売日:2016年2月4日発売予定
パッケージ版 希望小売価格 7,600円+税/ダウンロード版 7,600円+税
CERO審査予定

----------------------------


『NARUTO-ナルト- 疾風伝 ナルティメットストーム4』公式サイトはこちら


©岸本斉史 スコット/集英社・テレビ東京・ぴえろ
©劇場版NARUTO製作委員会2014
©劇場版BORUTO製作委員会2015
©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

記事を探す
トップに戻るボタン