PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

開発スタッフが語るPS Vita『ルミナスアーク インフィニティ』の魅力! 追加DLCの配信も決定!【特集最終回】

by PS.Blogスタッフ 2015/08/10

8月6日(木)に発売されたPlayStation®Vita専用ソフトウェア『ルミナスアーク インフィニティ』は、人気シミュレーションRPG「ルミナスアーク」シリーズ6年ぶりの最新作。特集最終回となる今回は、開発スタッフ自らが本作についてコメント! プロデューサーを務めたマーベラスのはしもとよしふみ氏と、本作の開発を手掛けた制作会社FELISTELLAのスタッフに、本作の見どころやポイント、そして制作秘話などを語ってもらった。

また、8月11日(火)より追加ダウンロードコンテンツの配信が決定! 追加シナリオによって魅力の増した、本作の世界やヒロインたちを満喫しよう!!



----------------------------------------

前回までの特集記事はこちら

特集第1回 "詩"が織りなすシミュレーションRPG! PS Vita『ルミナスアーク インフィニティ』の魅力に迫る!

特集第2回 戦略が鍵となる本格SLG! PS Vita『ルミナスアーク インフィニティ』のバトルシステムとは?

特集第3回 本格バトルやヒロインの魅力を堪能! PS Vita『ルミナスアーク インフィニティ』発売記念プレイインプレッション

----------------------------------------





■6年ぶりとなるシリーズの復活と新生に至った経緯

はしもと:シリーズについては、色々なハードで何度もスタッフと考えていました。実は、マーベラスがPlayStation®Vitaへ参入するときに発表した「シミュレーションRPG(仮)」が、この『ルミナスアーク インフィニティ』だったりします。シミュレーションゲーム制作の実績を持つFELISTELLAさんと、どういった「ルミナスアーク」がユーザーに喜んでもらえるかを考えた結果、現在の『ルミナスアーク インフィニティ』の形になりました。

過去のシリーズ作品とはスタッフが変わっている部分があります。旧スタッフへの敬意もあり、ナンバリングでつくるよりは、今だからこそできることをやろうという気持ちがあり、ナンバリングではなく、インフィニティという形にしました。ただし、シリーズの特徴や魅力である「魔女」や「アフターブレイク」、そしてキャラクターたちの距離感など、変えるべきではない部分は可能な限りそのままにしたいとスタッフと話をしていました。


ファンタジー世界で描かれるボーイ・ミーツ・ガールズという、シリーズのコンセプトは継承。そのうえで、新たなキャラクターたちが新たな物語を紡いでいく。





■本作の開発は"詩"をテーマにするところからスタート

はしもと:本作は初めから、"詩(うた)"をテーマとしてつくりたいと思っていたんです。FELISTELLAさんと話をする以前から、企画書には「詩を歌って......」と書いていました。ファンタジー世界といえば魔法などがありますが、例えば巫女たちは神の声を伝えたり、歌ったりすることがありますよね。そういった要素をゲームに盛り込めないかと考えていたんです。


詩は本作の中核をなす重要なテーマ。ストーリーは詩を中心に描かれ、戦闘でも詩を用いた特殊技や必殺技などが用意されている。





■冒険しがいのある世界の構築を目指して

はしもと:本作では広大な世界を旅することになるので、いろいろ探索してみたくなるような世界を構築しました。一度クリアした場所も、再び訪れてみると新たなチャレンジが増えていることがあります。世界をめぐっている感じで楽しんでいただけたらと思います。


ゲーム中は浮遊都市フローティアを操作し、広大なフィールドマップを移動。世界各地にはヒロインたちをはじめ、さまざまなキャラクターやイベントが、プレイヤーの来訪を待っている。






■SRPG初心者からベテランまで幅広く楽しめるバトルパート

FELISTELLA:シミュレーションRPGそのものをプレイしたことのない人が多いというお話を、開発当時にうかがいました。そのため、本作で初めてシミュレーションRPGをプレイする人や不慣れな人でも戸惑わずに楽しんでもらえるよう、難易度の選択ができるようにしています。説明は多めなのですが、チュートリアルにも力を入れました。

もちろん、システムや各種要素を工夫して組み合わせることによって戦闘を有利に進められるといった、本格シミュレーションRPGとしても楽しめるつくりになっています。シミュレーションRPG初心者はもちろん、慣れている人も、ぜひ本作をプレイしていただければと思います。

また、本作のバトルパートに登場するマップやキャラクターは、全て3Dで制作しています。特にキャラクターは戦闘を進めるうえでの単なる「コマ」ではなく、生きた「キャラクター」として制作しましたので、3Dキャラの生き生きとした動作を見ていただければ幸いです。


充実したチュートリアルが随時挿入されるため、シミュレーションRPG初心者でも安心! また、難易度は戦闘中でも変更可能。デメリットもない。





■本作独自の戦闘システムについての見どころとは?

FELISTELLA:本作は詩をテーマにしているので、ヒロインたちが歌う「コーリング」が見どころです......と言いたいところですが、「デュオレント」や「デュオストライク」、「センターリーダー」や「シークレットレッスン」など、数々のシステムを有効活用することにより、とにかくお気に入りのキャラクターを中心に戦えるんですよ。その点を本作の魅力のひとつとして感じてもらえると嬉しいですね。

もうひとつの見どころは、やはり大魔法「ラピスバースト」です。その威力もさることながら、派手な演出やBGMとして流れるボーカル曲など、見ているだけでも楽しいと思います。ぜひ全キャラクターの「ラピスバースト」を見てください!


敵の属性によっては有効な攻撃手段を持たないヒロインでも、仲間のヒロインから技を借りれば大ダメージを与えられる。また、「センターリーダー」に任命したキャラは攻撃力や獲得できる経験値がアップ!



ヒロイン同士の好感度を上げ、戦闘中に魔力をためると、キュートで派手な演出とともに「ラピスバースト」を発動できる。その効果は絶大で、不利な戦況を一変させることも可能だ。





■12人のヒロインを産み出すために気を付けたポイント

はしもと:本作はマルチエンディングなので、ヒロインたちはそれぞれクセが強いものの、みんなを好きになって欲しいという気持ちはありました。また、ヒロイン同志も仲良くなれるゲームなので、互いに嫌われる展開にならないよう心がけました。キャラクターの種族についてはファンタジー世界を舞台にしているため、まずは人間とそれ以外ということで鬼族などの他種族を考え、決めていきました。FELISTELLAさんが鬼族好きだったからという部分もありますが。


本作には詩の力を操る、12人の個性的なヒロインが登場。彼女たちの好感度によって、エンディングが変化する。





■ヒロインの育成やコミュニケーションについてのコツ

はしもと:主人公のシードに対するヒロインたちの好感度は重要ですが、実はヒロイン同士の好感度を上げたほうが戦闘を有利に展開できるんです。シードとだけではなく、ヒロインの誰と誰を仲良くさせようかな......といったことも考えながらゲームを進めてみてください。あとはヒロインのパフォーマンスですね。育成時に属性を選べるので、ヒロインたちを自分好みの色に染め上げながら育ててもらえればと思います。


アイテムをヒロインにプレゼントすると、シードに対してだけでなくヒロイン同士の好感度がアップすることもある。また、戦闘中に「デュオレント」をはじめとした協力技を使うことでも、ヒロイン同士の好感度は上昇!



戦闘で得られる「オーラポイント」を使うとヒロインを成長させられるうえに、自分好みのタイプへ導ける。「COOL」「BEAUTY」「PURE」「VARIETY」という4つのタイプがあり、習得する必殺技や戦闘時のパフォーマンスのポーズが変化!





■開発スタートから完成までを振り返って──

FELISTELLA:開発当初は、本作のテーマである詩の要素をどのようにシミュレーションRPGの中に盛り込むか悩みました。複雑すぎてわかりにくくなってしまうことは避けたいし......と、苦労していましたね。

はしもと:詩がたくさんあるゲームのため、音声収録と詩の収録が同時進行で、とにかく大変でした。最初はPSP®「プレイステーション・ポータブル」でつくろうと動き始めたんですよ。一緒にやろうと声をかけていたスタッフに、詩をテーマにしたゲームをつくりたいと企画をもって行ったのですが、その時はうまくいきませんでした。それからしばらく経って新たにつくろうと思い直し、FELISTELLAさんと一緒に完成させることができました。本当に長い道のりでした。プレイしてくれた皆さんと最後まで駆け抜けてくれた全スタッフに感謝の気持ちでいっぱいです。






■追加ダウンロードコンテンツが続々登場!

『ルミナスアーク インフィニティ』の追加ダウンロードコンテンツが配信決定! 現在公開されている「シナリオパック01 シードの災難セット」と「シナリオパック02 アイドルの挑戦セット」は、3つの追加シナリオに加えてヒロイン専用の防具やアクセサリーが付属する、お得なセットとなっている。今後も追加ダウンロードコンテンツは予定されているので、お楽しみに!


◆シナリオパック01 シードの災難セット
配信日:8月11日(火)予定
価格:100円(税込)

<収録シナリオ>
・パンツ盗難事件:第6話からワールドマップのどこかで発生
パルスのパンツが盗まれるという被害が発生!? 犯人は......
シナリオをクリアするとシーナ専用レアアクセサリー「パルスのパンツ」を入手!

・一家にひとり?:第6話からワールドマップのどこかで発生
パルスの新発明「シーナMk2」お披露目とモニターを兼ねて呼び出されるシードだが......
シナリオをクリアするとパルス専用レアアクセサリー「ピンクバーニア」を入手!

・カンセンしちゃうよ:第6話からワールドマップのどこかで発生
パルスの発明した新薬が災いし、謎のモンスター軍団が!?
シナリオをクリアするとヒソカ専用レアアクセサリー「万能ワクチン」を入手!



◆シナリオパック02 アイドルの挑戦セット
配信日:8月18日(火)予定
価格:100円(税込)

<収録シナリオ>
・ファントムガール:第8話からワールドマップのどこかで発生
地味な自分を変えたいと願うラナにヴァイオレットが怪しいアドバイス......
シナリオをクリアするとラナ専用レアアクセサリー「黄金のつばさ(はね)」を入手!

・鬼族秘伝の極意:第8話からワールドマップのどこかで発生
もっと強くなるため、フェイランが道場破り!?
シナリオをクリアするとフェイラン専用レアアクセサリー「鬼族秘伝の巻物」を入手!

・人間になりたい:第8話からワールドマップのどこかで発生
人間に戻りたいジォーカーはヴァイオレットに人間に戻れる秘薬のつくり方を教わり......
シナリオをクリアするとジォーカー専用レアアクセサリー「あくまのしっぽ」を入手!





本格シミュレーションバトル、12人のヒロインとのコミュニケーション、そして壮大な物語を堪能できる、ボリューム満点の『ルミナスアーク インフィニティ』。追加ダウンロードコンテンツでますます魅力的になっていく本作を、ぜひプレイしてほしい!



▼PS Vita専用ソフトウェア『ルミナスアーク インフィニティ』の購入はこちらから!


------------------------------------------

PS.Blogの『ルミナスアーク インフィニティ』ページはこちら

------------------------------------------

『ルミナスアーク インフィニティ』公式サイトはこちら


©2015 Marvelous Inc.

記事を探す
トップに戻るボタン