PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

片山晋呉プロが始球式! 『みんなのGOLF 6』コラボキャラクターをお披露目!

by PS.Blogスタッフ 2015/08/21

8月20日(木)、ネスレ日本が9月11日(金)から13日(日)にわたって開催する「片山晋呉インビテーショナル ネスレ日本マッチプレー選手権 レクサス杯」の出場予定選手発表会が行なわれた。今年で2回目を迎えるこの大会は、グローバルな活躍をめざすゴルファーの支援を目的としたゴルフトーナメント。全ホールの合計打数によって順位を決めるストロークプレーではなく、2名のプレイヤーが1対1で対戦し、1ホールごとの打数によって勝敗を決めるマッチプレー方式を採用している。ホストプレイヤーを務めるのは、テンガロンハットがトレードマークの片山晋呉プロ。若手からベテランまで全32名が北海道・恵庭カントリー倶楽部に集い、実力を競い合う。

そんな同大会とPlayStation®3/PlayStation®Vita用ソフトウェア『みんなのGOLF 6』が、コラボレーション企画を実施! その一環として8月20日(木)から片山プロをモデルにしたキャラクターを配信し、早くも好評を博している。今回の発表会では、このオリジナルキャラクターをお披露目するとともに、片山プロによる大会の成功を祈願する始球式も開催。会場には『みんなのGOLF 6』の試遊台も設置され、訪れた報道陣の注目を集めていた。


発表会では、まずネスレ日本代表取締役社長兼CEOの高岡浩三氏が登壇し、大会主旨についてスピーチを行なった。以前から親交の深かった片山プロと高岡氏は、日本男子プロゴルフ界のレベルの底上げができないものかと問題意識を共有していたと言う。とはいえ、国外で活躍するには資金もかかる。そこで、グローバルに活躍する選手をサポートする主旨のトーナメントを始めるに至ったそうだ。昨年に続く第2回大会は、優勝賞金が4,000万円から7,000万円にアップし、トヨタ自動車のレクサスも特別協賛。「この賞金を元に海外に打って出てほしい」と語った。

また、『みんなのGOLF 6』とのコラボ企画については、「ゴルフをしない人にも興味を持っていただき、ゴルフ人口の裾野を広げていくため」と、その意義を説明。「通常のトーナメントにはない、まったく新しい取り組みのひとつです。日本のゴルフ界に新たなビジネスモデルを持ち込むことで革新をもたらし、少しでも日本のゴルフ界、プロゴルファーのレベルアップに貢献できれば、我々の目標が達成できるのではないかと思います」とスピーチを締めくくった。


ネスレ日本代表取締役社長兼CEO・高岡浩三氏。発表会冒頭、本大会の開催意義、「みんなのGOLF」とのコラボについて熱く語った。



続いて登壇したのは、本大会のホストプレイヤーである片山晋呉プロ。「この大会は小さいかもしれないけれど、その先には世界への大きな扉が待っています。選手が自ら扉を開けていくことが重要です」とホストとしての意気込みを語るとともに、選手としては「若手選手との対戦では、扉を開けさせないよう力を尽くします」とベテランのプライドを覗かせた。


本大会のホストプレイヤーである片山晋呉プロ。もちろん狙うは優勝!



今回の発表会では、本大会に参加する32名の選手のうち29名を一挙公開。高岡CEOによれば、今年の前半戦の成績、ランキングといった技量レベルだけでなく、プロとしての品格、日々努力を重ねている姿勢、ファンサービスなども選考基準にしたと言う。壇上には昨年の同大会優勝者である松村道央プロ、今年初参加となる今平周吾プロも登場し、それぞれ意気込みを語った。


左から松村道央プロ、高岡CEO、片山晋呉プロ、今平周吾プロ。本大会の見どころをフリップでアピールした。



続いて登場したのは、『みんなのGOLF 6』の小番芳範プロデューサー。片山プロ、高岡CEOとともに、片山プロをモデルにした『みんなのGOLF 6』追加キャラクターを披露した。壇上に片山プロのキャラクターパネルが運び込まれると、高岡CEOは開口一番「似てるよね!」と驚きの表情。片山プロも「完成度が高く、よく見るとヒゲに白髪が生えているところまで似ています。でも、このキャラクターのほうがかわいいですね」と顔をほころばせた。


左から高岡CEO、片山プロ、小番芳範プロデューサー。



小番プロデューサーは、「プレイヤーに片山プロになりきっていただくためには、リアリティが必要。片山プロにお越しいただき、3時間以上にわたって声の収録をしました。すべてのボイスが片山プロのもの。収録中にどんどん上達し、頭で理解したことを自分のモノにしていく姿にプロの凄さを感じました」とコメント。また、声以外にも動きに力を入れたそうで、「スイングはもちろん、ナイスショットが出た時のリアクション、失敗した時の動きなど、トーナメント映像を見て制作しています。ご本人にも監修をお願いしました」と自信を覗かせていた。片山プロも、自身のキャラクターを見て「ボールに当てるまでの感じが良く似ています。研究して作ったんだなと思いました」と感心しきり。「普段ゲームはしないけれど、このゲームに関してはチャレンジしたい気持ちになりました。実際何度かプレイしましたが、明らかに僕が実際にプレイしたほうがうまいですね(笑)」と笑顔で述べた。


その後は、片山プロが自身のキャラクターを操作し、大会の成功をめざして始球式を開催。普段はゲームをプレイしないという片山プロだが、「安心してください、練習してきましたよ」とニヤリ。その言葉を裏付けるかのように260ヤードを飛ばし、ほぼワンオンという素晴らしいショットを見せた。小番プロデューサーも、「片山プロのキャラクターでプレイしていただくと、この大会も面白く見られると思います。大会までに片山プロのプレイを体験していただき、大会の放送をお楽しみください」と始球式を締めくくった。




発表会後に、小番プロデューサーから今回のコラボレーションについてコメントをいただいたので紹介しよう。


小番:今回のキャラクターを制作するにあたり、いちばん苦労したのは"片山プロの動きの雰囲気を出すこと"。モーションキャプチャーで片山プロの動きをそのまま再現しても、ゲームでは地味に見えてしまいます。ゲーム的に大げさに動かしつつも片山プロらしさは失わず、かと言ってゲームっぽくなりすぎて人間らしさが損なわれないように調整しました。制作工程としては、まず片山プロが出場するトーナメントの映像を研究し、こちらで演者を用意して、大げさに動いている映像を作成。それを片山プロにチェックしていただき、OKをいただいたものは細部を作り込んでいきました。また、セリフのバリエーションも豊富に用意し、片山プロになりきってプレイしていただけます。タイトルコールやゲームのメニュー画面用の音声もいただいているので、ぜひチェックしてください。さらに、コスチュームに関してもご協力をいただきました。今回の大会で実際に着る予定のコスチュームの写真を送っていただき、ゲームに取り入れています。天候にもよりますが、大会ではゲームと同じコスチュームを着た片山プロの姿が見られるのではないかと思います。

"みんGOLファー"の中には、普段ゴルフをされない方、ゴルフの試合をご覧にならない方も数多くいらっしゃいます。でも、実在選手のキャラクターを使って遊ぶ場合、ゴルフのトーナメントを見てからプレイすると架空のキャラクターとはひと味違う楽しみ方ができると思います。『片山プロってこういう人なんだ』と知ったうえでプレイすると、ゲームの中での楽しみ方も変わるかもしれませんし、もしかしたら成績も良くなるかも(笑)。ぜひ今度の大会をご覧になりつつ、『みんなのGOLF 6』をお楽しみください。




◆追加キャラクター 片山晋呉プロ

こちらが片山晋呉プロをモデルにしたキャラクター。ゲーム内でも圧倒的なパワーを見せつけてくれるはず!


価格:514円(税込)

配信期間:2015年8月20日(木) ~ 2015年10月29日(木)まで
※PlayStation®Storeにて期間限定で配信。
※2015年8月20日(木) ~ 2015年9月30日(水)までは無料配信。


▼PS3®『みんなのGOLF 6』「片山晋呉プロ」使用権のダウンロードはこちら!


▼PS Vita『みんなのGOLF 6』「片山晋呉プロ」使用権のダウンロードはこちら!




【片山晋呉プロのキャラクター限定! 特別デイリー全国大会を実施!】

今回のコラボレーションを記念し、『みんなのGOLF 6』にて片山晋呉プロのキャラクター限定となるオンラインイベント「特別デイリー全国大会『片山晋呉カップ』」の開催が決定。開催日程は9月8日(火)~9月13日(日)。詳細は、『みんなのGOLF 6』プレイヤーズインフォメーションをチェック!

『みんなのGOLF 6』プレイヤーズインフォメーションはこちら


トレードマークのテンガロンハットから動きのクセまで、完全再現された片山プロのオリジナルキャラクター。9月30日(水)まで無料配信なので、ダウンロードはお早めに!


▼PS3®/PS Vita用ソフトウェア『みんなのGOLF 6』購入はこちら!


------------------------------------------

PS.Blogの『みんなのGOLF 6』ページはこちら

------------------------------------------


『みんなのGOLF 6』公式サイトはこちら


©Sony Computer Entertainment Inc.

記事を探す
トップに戻るボタン