PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

歴史に学ぶ『The Order: 1886』の世界!

by PS.Blogスタッフ 2015/02/19

19世紀末のロンドンを舞台に、人類の敵"半獣"と戦う騎士団"オーダー"の活躍を描いたアクションアドベンチャー、PlayStation®4専用ソフトウェア『The Order: 1886』。日本ゲーム大賞2014でフューチャー部門を受賞した話題作が、2月20日(金)にいよいよ発売となります!

今回は、本作の舞台となる19世紀末のロンドンをご紹介! 産業革命が世界中に大きな影響を与えた19世紀末、その頃のロンドンとはいったいどんな場所だったのか!? この記事を読めば、きっと『The Order: 1886』の世界をより楽しめますよ。


■"霧の街ロンドン"は"スモッグの街"だった!?

19世紀のイギリスは産業革命によってもたらされた工業化により、爆発的にその生産力を増大。その圧倒的な経済力を背景に世界各地に植民地を広げ、この世の春を謳歌していた。

さて、その首都であるロンドンはその頃どうだったかというと、こちらは問題が山積み。とくに工業化の弊害である公害と増加する貧民労働者に頭を悩ませていた。特に石炭の燃焼などによって生じるスモッグはひどく、まるで霧のように立ち込めていることから"霧の街"と揶揄されるほど。ロンドンと聞くと"霧の街"をイメージする人も多いと思うが、その由来は意外なところにあったのである。

また、格差などに対する市民の不満は高く、1887年にはデモを起こした市民と警察隊が衝突、多くの負傷者を出した"血の日曜日事件"が起きている。『The Order: 1886』にも大英帝国に反抗する抵抗勢力が登場するが、彼らも現状に不満を抱く市民たちなのか。それとも、何か恐るべき"裏"が隠されているのだろうか......。

ロンドン市内を描いたコンセプトアート。遠くには、当時まだ普及していなかったはずの飛行船の姿も見える。これが『The Order: 1886』が描く"もうひとつのロンドン"の姿なのか。

ゲーム中でも、ロンドンを覆う"霧"はしっかり再現されている。


■伝説の殺人鬼"切り裂きジャック"、ロンドンに出現!

19世紀末のロンドンを語る上で忘れてはならないのが、1888年に起きた連続猟奇殺人事件。犠牲者はロンドンの娼婦たちで、鋭い刃物で喉を切り裂かれ、臓器の一部が取り出されていたという。ロンドン中を震撼させたこの犯人は、その手口から"切り裂きジャック"と呼ばれた。新聞社に犯行予告を出し、次々と犯行を繰り返すジャックに対し、警察は打つ手なし。必死の捜査もむなしく、その正体はようとしてつかめず、事件は迷宮入りとなった。

ジャックの正体については、「犯行の手口から職業は医師」「実は女性だった」など様々な説があり、犯人と名指しされた人物もいたが、未だ解明にはいたっていない。この19世紀最大のミステリーは多くの人々の関心を集め、本事件を題材にした小説や映画も数多く生まれた。

『The Order: 1886』には、"切り裂きジャック"事件の犯行現場となったホワイトチャペルも登場する。まさかジャックの正体が"半獣"なんてことは......。


■"20世紀を発明した男"ニコラ・テスラ

最後に『The Order: 1886』にも登場する、19世紀を代表する偉大な発明家を紹介しよう。彼の名はニコラ・テスラ。様々な発明を生み出し、"20世紀を発明した男"と言われた人物である。磁束密度の単位"テスラ"は、彼の名に由来する。

ユーゴスラビア生まれのテスラは、アメリカに渡り、"発明王"トーマス・エジソンの会社に入社。しかし、交流電流を研究していた彼は、直流電流を推し進めようしていたエジソンと対立。それがもとで会社を去ることになる。その後テスラは、交流発電機をはじめ、高周波高電圧を発生させる"テスラ・コイル"や無線電信など、数多くの発明を生み出した。発電したエネルギーを無線で世界中に送る"世界システム"という壮大なアイデアも抱いていたが、こちらは成功にはいたらなかった。

偉大な発明家として讃えられる一方、テスラには怪しげな伝説も多い。それは"世界システム"をはじめとする彼のアイデアが、誤解されて伝わったのが理由の1つかもしれない。テスラが亡くなった際には、「政府の機関が彼の家に踏み込み、発明に関する資料をすべて没収した」といった噂も流れたという。

『The Order: 1886』に登場するニコラ・テスラ。主任研究員として"オーダー"の仲間に加わり、彼らが使用する武器や道具を開発する。

テスラのラボと思われるコンセプトアート。研究者の背後で放電しているのは、彼の発明として有名な"テスラ・コイル"にも見えるが......。

電流を放出して相手を攻撃する"アークガン"。電気に造詣の深いニコラ・テスラらしい武器といえよう。


近代化による繁栄が進む一方で、様々な"闇"を抱えていた19世紀末のロンドン。この魅力あふれる時代が、『The Order: 1886』でどう描かれるのか興味が尽きません! 発売日となる後編は、主人公の所属する"騎士団(オーダー)"を徹底分析。次回もお楽しみに!


期待のアクションアドベンチャー『The Order: 1886』の情報を拡散しよう!


『The Order: 1886』公式サイトはこちら

©Sony Computer Entertainment America LLC.Created and developed by Ready Ar Dawn Studios LLC.

◎参考文献
『テスラ-発明的想像力の謎』工学社

記事を探す
トップに戻るボタン