PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

『戦国無双4 Empires』は一騎当千アクションと歴史シミュレーションが融合した会心作! 「究極の国取り無双」ここにあり!【特集第1回/電撃PS】

by 電撃PS編集部 2015/08/31

『無双』シリーズの爽快アクションと歴史シミュレーションを同時に楽しめるのが、『戦国無双4 Empiresの大きな特徴。さらに本作からは「信長の野望」シリーズを手掛けるスタッフが開発に加わり、よりシミュレーション要素がパワーアップしている。とくに注目なのが"武将を奉行に任命する"という内政システムの追加。このシステムで内政と合戦の結びつきが強くなり、従来のシリーズに比べて、大幅に戦略性が深まっているのだ。


本作のメインモード「争覇演武」。年代や勢力図の異なるシナリオと操作する大名を選び、勢力ごとのクリア目的となる「野望」達成を目指す。国や大名、配下武将の配置を自由に編集して天下統一を目指せるフリーモード「創世演武」もプレイ可能だ。



合戦パートの操作は「戦国無双4」シリーズと変わらない。『戦国無双4』はプレイしたことがあるけれど『Empires』シリーズは未プレイという人も、違和感なく楽しめる!





政略を繰り返して、国を発展させる"居城内政"

内政パートでは"居城"と呼ばれるプレイヤーの拠点で、国を発展させる政略を行なう。ここでは、「開発」「人事」「軍備」などの奉行に武将を2人ずつ任命して、毎ターン国力を上昇させる政略を実行できる。開発の政策を実行すれば、商業や石高などの国力が上昇、人事の政策を実行すれば、在野武将を登用など、政略によって効果はさまざま。自分の好きなスタイルで国を発展させていこう!


プレイヤーの活動拠点となる居城。勢力を広げて、この居城をどんどん増築、改築していく楽しさもある。



各武将は固有の政略コマンドを2つ所持している。有効な政略を持つ武将を登用するのも、国創りの重要なポイントだ。





戦略とアクションが融合した、手に汗握る"合戦"

内政のターンが終了すると、合戦がスタート。軍団を編成して他国へ攻め込むことができる。無双アクションと戦略を駆使して、敵の本陣を陥落させれば勝利となる。戦場マップのいたるところに点在する拠点を奪い、補給線をつなげていくことが勝利の秘訣だ! さらに本作では過去作で好評だった「陣形」「戦場策」が復活。これらの策略を使って、不利な状況を一気に覆すことができる! 


敵兵を倒して、拠点ゲージを0にすれば敵拠点を制圧可能。拠点同士の補給線をつなげて、前線を押し上げていこう!



方向キー操作で味方全軍にリアルタイムで指示が出せる。戦況を見極めて、味方と連携せよ!





■武将同士の絆を描く、エピソードを楽しめる"武将ドラマ"

本作では、武将たちとの交流を深めることで、さまざまな"武将ドラマ"が発生。史実ネタをモチーフにしたイベントはもちろん、「親友」や「好敵手」など武将同士の人間関係にスポットを当てたオリジナルエピソードも豊富に用意されている。例えば、織田信長と今川義元を親友同士にするといった、史実ではありえなかった展開を自分の手で作り出すことも可能だ。人間関係が深まった武将とは、戦場で操作の切り替えができるので合戦も有利に!


同じ戦場に出陣したり、政略を採用したりすることで武将同士の絆が深まっていく。武将ドラマが発生可能な武将には「!」が表示される仕組みだ。場合によっては合戦でミッションが発生して、戦闘後に武将ドラマが発生することも。



「人は城、人は石垣、人は堀 このあとはどう続ける?」という質問に答えるガラシャ。



稲姫とねねの温泉回!? この後の展開がどうなるのかは、製品版で!


このように武将ドラマには、さまざまなシチュエーションが用意されている。お気にり入りの武将同士で人間関係を構築して、たくさんのエピソードを楽しもう!





■自分だけのオリジナル武将を作成できる"エディット機能"

「Empires」シリーズおなじみのエディット機能も大幅にパワーアップ! 完全新規のエディットパーツに加え、『戦国無双4』や『戦国無双 Chronicle 3』のエディットパーツを全収録。また、新武将作成可能な人数も過去最大の200人に増加している。見た目や戦闘能力以外にも、既存武将との相性や親子関係を設定することも可能だ。


顔のパーツや防具、声、体型など、細かく編集できる。



オリジナル武将も武将ドラマに登場。既存武将とライバル関係になったり、結婚したりすることもできる。三本の矢のイベントの一矢になることもある!?





■姫武将、汎用武将のビジュアルが個性化

本作では、無双武将ではないそれぞれ100人以上の汎用武将・姫武将も、固有のグラフィックで登場。有名汎用武将たちにも歴史エピソードを元にした武将ドラマが発生し、ストーリーを盛り上げてくれる!


山中鹿介、大友宗麟、滝川一益、山本勘助など、名だたる武将や大名の見た目が個性化。



謎多き才女・お通や黒田官兵衛の妻・光など、有名武将の妻や女傑としてのエピソードが残る人物が登場。もちろん、姫武将とも結婚できる。



以上が『戦国無双4 Empires』の主な注目ポイントだ。次回は本作の武将ドラマとエディット武将にスポット当てたプレイ動画を公開するので、こちらもぜひチェックしてほしい!


------------------------------------------

戦国無双4 Empires

・発売元:コーエーテクモゲームス
・フォーマット:PlayStation®4/PlayStation®3/PlayStation®Vita
・ジャンル:タクティカルアクション
・発売日:2015年9月17日(木)発売
・価格:
 PS4™ パッケージ版 希望小売価格 6,800円+税/ダウンロード版 販売価格 6,000円+税
 PS3® パッケージ版 希望小売価格 6,800円+税/ダウンロード版 販売価格 6,000円+税
 PS Vita パッケージ版 希望小売価格 5,800円+税/ダウンロード版 販売価格 5,143円+税
・CERO:B(12才以上対象)

------------------------------------------


『戦国無双4 Empires』公式サイトはこちら


『戦国無双4 Empires』ソフトウェアカタログはこちら


電撃PlayStation最新号の詳細はこちら


©コーエーテクモゲームス All rights reserved.

※画像はPS4™で開発中のものです。変更される場合がございます。

記事を探す
トップに戻るボタン