PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

PS4™「体験版2nd」好評配信中! 『ジョジョの奇妙な冒険 アイズオブヘブン』で実現する夢のタッグバトル!

by PS.Blogスタッフ 2015/09/03

大人気コミック『ジョジョの奇妙な冒険』をベースに、歴代の"ジョジョ"をはじめとする人気キャラクターが立体空間で夢のタッグバトルを繰り広げる、PlayStation®4/PlayStation®3用ソフトウェア『ジョジョの奇妙な冒険 アイズオブヘブン』。「ジョジョ」ならではの奇妙な能力を限りなく忠実に再現したアクションと、コンビを組む仲間との協力要素や多彩なステージギミックを駆使して、戦略的なバトルを楽しめる注目のタイトルだ。

『ジョジョの奇妙な冒険 アイズオブヘブン』公式サイトはこちら

2015年内の発売が予定される本作だが、現在ゲーム発売に先駆けて、PS4™の体験版『ジョジョの奇妙な冒険 アイズオブヘブン 体験版2nd』がPlayStation®Storeで無料配信中! 体験版ではジョナサン・ジョースター、ディオ・ブランドー、カーズ、空条承太郎、花京院典明、ンドゥールの6名のキャラクターと、ジョースター邸&カイロ市街屋上の2ステージが収録され、好きなキャラクターを組み合わせたタッグバトルがプレイ可能だ。

※体験版のオンライン対戦対応は8月31日(月)で終了しました。

PS4™『ジョジョの奇妙な冒険 アイズオブヘブン 体験版2nd』ダウンロードはこちら!


■時代や世界、敵味方を超え、自由にコンビを組んでバトルだッ!

『ジョジョの奇妙な冒険 アイズオブヘブン』には、原作の第1部から第8部までの主要キャラクターが総登場する。プレイヤーは長きにわたる原作シリーズの中で描かれた、さまざまな時代や世界で活躍したキャラクターたちを自由に組み合わせ、2人1組のコンビを結成。「波紋」や「スタンド」など、それぞれの戦闘スタイルに応じた「スタイルアクション」と、特殊能力の「スキル」を使いこなして究極のタッグバトルに挑む。


バトルシステムには、仲間と息を合わせて発動する強力な連続攻撃の「デュアルコンボ」や、デュアルヒートゲージを使ってパートナーと大技を繰り出す「デュアルヒートアタック」など、タッグバトルならではの要素を導入! また、パートナーが再起不能(リタイア)になると残ったキャラクターが一定時間パワーアップする「受け継がれる意志」など、原作のエピソードをフィーチャーしたユニークなシステムも用意されている。


戦いの舞台となるステージは、原作に登場した名所を立体的な3Dマップで再現。その中を自由に駆けめぐりながら相手コンビと戦うことになる。ステージ内に原作のエピソードを元にしたステージギミックがしかけられ、バトルにさまざまな影響を与えてくるところも見逃せないポイントだ。例えば、第5部に登場した「ネアポリス駅」には原作でジョルノ一行をねらったプロシュートとペッシが登場。彼らのスタンド攻撃でプレイヤーが操るキャラクターが「老化」や「拘束」に陥り、一方的に不利になるギミックが存在する。さらに「甲羅の中に部屋があるカメ」と「鍵」が出現し、それを使って体力を回復するといった仕掛けも......。ほかにもステージごとに多彩なギミックが用意され、それをいかに活用できるかがバトルの行方に大きく影響してくる。




■第5部「黄金の風」から登場する4人のキャラクターを紹介ッ!

今回は、公開されたばかりのジョルノ、ミスタ、フーゴ、ナランチャの4キャラクターを紹介しよう。彼らは第5部で、リーダーのブチャラティに率いられて奇妙な冒険を繰り広げたスタンド使いたち。ひとクセあるスタンドを活用して、立ちふさがる敵を蹴散らしていくことになる。


◆ジョルノ・ジョバァーナ(CV:浪川大輔)
 スタンド名:ゴールド・エクスペリエンス/ゴールド・エクスペリエンス・レクイエム

ジョースター家の宿敵、DIOの息子。ギャング・スターになるという「夢」のためギャング組織「パッショーネ」に入団する。生命を生み出すスタンド能力で、ゲーム中では非常に行動の幅が広く、多彩な選択肢の中から有利な状況をつくり出すことができる。レクイエムに進化することで圧倒的な能力を発揮する。


パンチを連打する「無駄無駄無駄無駄」のようなパワフルなラッシュ技から、ブローチから生み出したカエルを使った「こいつへの攻撃は..................」といったテクニカルなカウンター技まで、多彩な戦略に対応できるスキルを持つ。



◆グイード・ミスタ(CV:赤羽根健治)
 スタンド名:セックス・ピストルズ

ブチャラティの部下で拳銃の使い手。数字の「4」を不吉だと忌み嫌っている。能力は、弾丸の軌道を操る6人の小人型スタンド「セックス・ピストルズ」。ピストルズを弾丸に乗せて弾丸を強化したり、ステージ内に配置して弾道をコントロールしたりとスタンドを使った多角的な攻撃が可能。


ピストルズを配置して幅広いレンジで牽制・攻撃できる「配置につけッ!」や、敵の周囲にピストルズを貼りつかせて跳弾で追加ダメージを与える「パスパスパース!」など、遠距離から活用できるスキルが多い。



◆パンナコッタ・フーゴ(CV:小田久史)
 スタンド名:パープル・ヘイズ

ブチャラティの部下。原作中では、ボスを裏切ったブチャラティを理解できず、1人チームを離脱した。スタンド「パープル・ヘイズ」は敵味方問わず危害を及ぼす殺人ウイルスをばらまく。


拳のカプセルを飛ばし破裂地点の周囲にウイルスをまく「殺人ウイルス」、大振りのパンチをヒットまたはガードさせるとウイルスで追撃ダメージを与えられる「死ぬのはぼくの能力を見るおまえの方だな」など、切り札のウイルスを活用するスタイルアクションが使用できる。



◆ナランチャ・ギルガ(CV:三瓶由布子)
 スタンド名:エアロスミス

ブチャラティの部下。戦闘機型のスタンド「エアロスミス」を操る。高速で空を自由に飛びまわるスタンドの機動力を活かして、撹乱から突撃まで戦況に応じた遊撃が可能。エアロスミスの遠隔操作が可能な一方、本体が無防備になるため、いかに敵との距離を維持するかが重要。


遠隔操作で敵を追い詰める「エアロスミスで探知できるぞ」や、エアロスミスに突進攻撃をさせ、自らが自由に動けるようになる「撃てねえーーーーんなら撃てねぇーでよオオオオオ」など、スタンドを自在に操る技が持ち味。





今回明らかになった4人以外にも、まだまだ多数の個性派キャラクターが参戦予定! 「ジョジョ」シリーズのファンはもちろん、対戦アクション好きの方は『体験版2nd』で腕を磨いて、発売を楽しみに待とう!



©荒木飛呂彦/集英社・ジョジョの奇妙な冒険製作委員会
©荒木飛呂彦&LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社・ジョジョの奇妙な冒険SC製作委員会
©LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社
©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

記事を探す
トップに戻るボタン