PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

勢力を豊かにし、力を蓄える。『三國志13』の戦略パート&絆システムとは?

by PS.Blogスタッフ 2015/09/04

魏・呉・蜀の三国が大陸に覇を競った、中国の三国時代を舞台にした歴史シミュレーション「三國志」。12月10日(木)発売予定のPlayStation®4/PlayStation®3用ソフトウェア『三國志13』は、シリーズ30周年の記念すべき年に発売される最新作だ。広大な中国を1枚マップで再現し、ひとりひとりの武将でプレイ可能な"全武将プレイ"に対応するなど、独特のシステムを数多く導入。「戦略パート」や「絆システム」など、前作にはなかった新要素が搭載されている。






■勢力を強化するための「戦略パート」には「任務状」が新登場!

「戦略パート」では、新システムの「任務状」を使って内政や政略を行なう。プレイヤーが君主や太守の場合は、自分や配下に任務状を発行することでさまざまな内政行動が実行でき、各君主に仕える配下武将の場合は、君主からの命令を実行して「功績」を重ね、重臣に任命されることで任務状の発行が可能になる。発行できる任務状の数は限られているので、何を優先して実行するかが勢力を効率よく強化するカギになる。


画面下に並んでいるのが任務状。君主以外に、重臣・太守・都督に任命された配下武将も任務状を発行できる。



君主は配下武将から提案を受けることも。自分が配下武将の場合は提案によって功績をあげられる。



ほかの武将が仕事に苦労しているときは手助けが可能。手助けすると、その武将と関係を深められる。




【任務で「商業」「農業」「文化」を育てて都市を反映させよう!】

各都市は、武将たちが内政任務をこなすことで上昇する「商業」「農業」「文化」の3つの内政値に応じて繁栄していく。都市の繁栄ぶりはマップ上のビジュアルにも反映されるので、内政で都市を育てていく手応えが感じられるはずだ。また市場や農地、学舎などの内政施設にはさまざまな上位施設が建築でき、どの施設で内政任務を実行するかが選択できる。


最大レベルまで発展した都市の姿。存在する地方や街の規模ごとに、見た目や建てられる施設が異なる。



任務を行なう施設内に上位の施設がある場合は、どこで働くかを選べる。任務中に他武将とのイベントも発生!




【勢力の使命を決める「評定」では、同じ勢力内で重臣同士が対決!?】

君主や都督など、統治者の身分に就いているときは重臣たちを集めて「評定」を開き、都市攻略や内政充実など勢力の目標となる「使命」を決定できる。またプレイヤー武将が配下武将で勢力の重臣だった場合は、評定で使命を提案し、採用・成功させることで多くの功績を得られる。君主や重臣と提案をめぐって対立する場合もあり、ほかの武将と絆を結び自分の提案への賛成票を増やしたり、対立する提案者を「舌戦」で論破したりと、提案を通すための駆け引きが行なえるシステムも用意されている。


評定で決められた使命を達成できれば、君主の場合は配下武将たちの忠誠が上昇。配下武将は功績が大幅アップ!



重臣同士で提案を通すための争いも発生。互いの意見をぶつけ合う舌戦を挑まれることも!




【配下武将でも、出世すればできることがどんどん増える!】

各武将は内政や戦闘を通じて勢力に貢献すると、「功績」を得て勢力内での「階級」が上がっていく。ゲーム中には君主と一般武将のような区分のほかに、重臣、太守、都督といった「身分」があり、それぞれの身分に就くためには一定の階級まで昇進している必要がある。身分が上がるごとにできることも増えていき、都督ともなれば君主とあまり変わらない感覚で配下に指示を出せる。


功績を積んでいくと勢力内での階級が上がっていき、指揮できる兵力や俸禄額が増加。重臣に任命されることも。



軍師、内政、軍事と、分野に応じて複数の重臣がいる。「重臣特性」を持つ武将は、それに対応した身分に就くことで、勢力内の武将たちの能力を強化できる。





■武将同士の「絆」が、中華統一のための重要な足がかりに!

個々の武将でのプレイが可能な『三國志13』では、武将同士が「絆」を結べるシステムを採用している。絆を結んだ武将がいると、戦闘中に効果がアップするなど、さまざまな場面でゲームを有利に進めやすくなる。そのためにチェックすべきなのが、武将たちの関係性を視覚的に表現した「相関図」。誰と絆を結べるかのヒントにもなるので、こまめに確認していこう。


孫策の相関図。つながれた線が関係を示し、絆を結んだ武将は黄色く太い線で示される。関係する武将はゲームを進めるごとに増えていく。



武将同士の絆は、相手との親近感を高めて「感謝」や「好感」といった感情を発生させることで起きる「絆依頼」イベントを成功させる必要がある。プレイヤーの努力しだいで全ての武将と絆を結ぶことができ、その中には孫策と周瑜の"断金の交わり"のように三国志演義に基づいた組み合わせのものも存在する。


絆依頼イベントを経て孫策と周瑜の絆が成立! 武将への手助けなどを繰り返し、地道に相手の親近感を高めていこう。



絆を結んだ武将からは、内政から戦闘まで幅広い場面で手助けが受けられるほか、特技を修得できることもある。





■内政や政略にも大活躍する魏・呉・蜀の軍師たちのCGを公開!

個性豊かな武将たちのCGも「三國志」シリーズの大きな魅力。本作では、劉備や曹操などの有名武将に戦闘用と内政用で異なるグラフィックが用意され、シーンに合わせて使い分けが行われる新たな演出も取り入れられている。各勢力の君主を紹介した前回に引き続き、今回は魏・呉・蜀を導いた名軍師たちを紹介!

◆司馬懿/郭嘉/程昱



◆荀彧/荀攸



◆周瑜(戦闘)/周瑜(内政)



◆陸遜(戦闘)/陸遜(内政)


◆諸葛亮/龐統/徐庶




■初回特典は英雄たちの夢の共演シナリオ!

PS4™版とPS3®版共通の初回封入特典として、追加シナリオ「英雄十三傑」が収録されることも明らかになった。気になるシナリオの内容は、三國志を彩る数多の英傑たちから13人の選ばれし"英雄"が集結し、覇権を競うというもの。真の英雄たる名君は誰か。乱世を駆け抜けた将星たちの熾烈な戦いが行なわれる、熱い展開を楽しめそうだ。



「任務状」「絆システム」など、これまでになかった新システムも採用され、大きな進化を遂げる『三國志13』。12月10日(木)の発売まで、シリーズファン&三国志ファンは続報に期待しよう!


------------------------------------------

三國志13

・発売元:コーエーテクモゲームス
・フォーマット:PlayStation®4/PlayStation®3
・ジャンル:歴史シミュレーション
・発売日:2015年12月10日(木)予定
・価格
 通常版 パッケージ版 希望小売価格:8,800円+税/ダウンロード版 販売価格:7,619円+税
 限定版 30周年記念 TREASURE BOX 希望小売価格:13,800円+税
 川本喜八郎モデル諸葛亮人形同梱の『GAMECITY限定セット』希望小売価格:68,800円+税
・CERO:審査予定

------------------------------------------

PS.Blogの『三國志13』ページはこちら

------------------------------------------


PS4™/PS3®『三國志13』公式サイトはこちら


©コーエーテクモゲームス All rights reserved.

※画面写真はすべて開発中のものです。

記事を探す
トップに戻るボタン