PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

『初音ミク「マジカルミライ 2015」』に「Project Morpheus(プロジェクト モーフィアス)」が出展!『SEGA feat. HATSUNE MIKU Project: VR Tech DEMO』プレイレポート!

by PS.Blogスタッフ 2015/09/07


■今年で3回目! 初音ミク「マジカルミライ2015」開催!!

9月4日(金)から9月6日(日)の3日間にわたって、「初音ミク」を取り巻く創作文化の"今"を発信するイベント『初音ミク「マジカルミライ 2015」』(主催:TOKYO MX、クリプトン・フューチャー・メディア)が開催された。同イベントは今年で3年目を迎え、今回は日本武道館でのライブと科学技術館での企画展を併催。


企画展では、株式会社セガゲームスのPlayStation®4/PlayStation Vita用ソフトウェア『初音ミク -Project DIVA- X』の体験会や、各種グッズ販売、ドールの展示などが行なわれたほか、バーチャルリアリティ(VR)システム「Project Morpheus(プロジェクト モーフィアス)」(以下、Morpheus)の技術デモ『SEGA feat. HATSUNE MIKU Project: VR Tech DEMO』も体験することができた。


Morpheusは、PS4®のエンタテインメント体験をさらに豊かにするVRシステム。バイザースタイルのVRヘッドセットを頭部に被ると、ヘッドセットに内蔵された加速度センサー、ジャイロセンサーに加え、PlayStation®Cameraがプレイヤーの頭部の動きや位置を正確に検知し、VRヘッドセットの内部に映し出される映像が360度全方向にリアルタイムに変化する。音響もプレイヤーの頭部の向きに対応してリアルタイムに変化し、さらなる臨場感を演出。これにより、プレイヤーはあたかも仮想世界の中に入りこんでいるかのような体験ができる。2014年3月の発表以来、「東京ゲームショウ2014」や米国ロサンゼルスのゲームショウ「E3 2015」などに試遊出展され、2016年上半期の発売に向けて開発が進められている。





■手を伸ばせば届きそう!! 等身大の初音ミクに会える
 『SEGA feat. HATSUNE MIKU Project: VR Tech DEMO』をプレイ!

ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジアによる体験ブースに設置されたのは、9台ものMorpheus。会場では抽選が行なわれ、当選した来場者のみが『SEGA feat. HATSUNE MIKU Project: VR Tech DEMO』を体験することができた。ここからは、PS.Blogスタッフによるプレイレポートをお届けしよう。


『SEGA feat. HATSUNE MIKU Project: VR Tech DEMO』は、観客として初音ミクのライブを体験できるテクニカルデモ。PlayStation®Move モーションコントローラを片手に持ち、コントローラが振動したタイミングでケミカルライトのように振ると、初音ミクがプレイヤーに向けてリアクションしてくれる。


操作自体はシンプルだが、映像、サウンドのクオリティは圧巻! デモは、数万人を収容できそうなライブ会場が舞台。辺りを見まわすと、ブルーグリーンのケミカルライトを手にした人々がミクさんの登場を待ち構えている。現実と同じように上を見れば天井が、背後を見れば後ろの観客席が見えることに驚き、無駄にキョロキョロしてしまう。やがてステージ上にミクさんが登場し、人気アーティストのMitchie M氏による楽曲メドレーがスタート! アリーナ最前列とはいかないもののかなりの良席で、歌い踊るミクさんの豊かな表情、揺れるツインテール、指先の動きまでしっかり見てとれる。と、そんな時、モーションコントローラがブルッと振動。実はこれが、ケミカルライトを振る合図(もちろん震えていない時に振ってもOK)。音楽に合わせてモーションコントローラを振るとステージ演出が華やかになり、ミクさんがこちらに視線を投げかけたり、ハートを送ったり、さまざまな反応を見せてくれる。現実でもステージ上のアイドルやミュージシャンと目が合えばドキッとするものだが、MorpheusのVRライブでもテンションうなぎのぼり! ケミカルライト代わりのモーションコントローラを握る手にも、思わず力が入ってしまった。


しかも、ミクさんのファンサービスはこれだけでは終わらない。気分よくモーションコントローラを振っていると、突然ミクさんに招かれ、なぜかステージへ上がることに!? 手を伸ばせば届きそうな至近距離で跳ねまわるミクさんの姿に、思わず前方に手を差し出してしまう。しかも、左に行くミクさんを目で追うと左から、右を向くと右から歌声が聴こえ、実際にすぐ目の前で歌ってくれているよう。その間にもこちらを見てウィンクしたり、ピンクの衣装にチェンジしたりとサービス満点。ツインテールにもピンクのリボンが結ばれ、こちらをもてあそぶように艶やかな髪が鼻先をかすめていく。ミクさんがすぐそこにいる"実在感"に圧倒され、興奮度MAXのまま約5分のデモプレイを終えた。


プレイ後に会場スタッフから話をうかがったところ、初音ミクファンの反応も非常に良いとのこと。多くの人がいつ発売なのかといった質問を投げかけてくるだけでなく、いくらでも払うから購入したいと語る人、感激のあまりプレイ後に泣き出してしまった人もいたそうだ。今後も体験の機会はあるようなので、お楽しみに!





その世界に体ごと入り込んだかのような、究極のVR体験ができるMorpheus。このすごさはいくら言葉を尽くしても、体験しない限りピンとこないだろう。百聞は一見に如かず。9月19日(土)、20日(日)と一般公開される「東京ゲームショウ2015」でも多数のデモコンテンツが出展されるので、ぜひ足を運んでほしい。



© SEGA / © Crypton Future Media, INC. www.piapro.net
記載の商品名および社名は各社の登録商標です。

記事を探す
トップに戻るボタン