PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

心温まるハートフルな恋愛を体験してみませんか? PS Vita『あまつみそらに! 雲のはたてに』9月17日発売!

by PS.Blogスタッフ 2015/09/14

■PS Vita版はビジュアルとシナリオを原作に近い形で再現!

さわやかな初夏の季節。手付かずの自然が残る瀬戸内の小島「美空島」を舞台に、めんどくさがりやの神様やアイドルとして活躍中の妹、世話焼きな幼なじみ、テニスに打ち込む部活少女、ちょっとミステリアスな巫女、大きな秘密を抱えた少女など、魅力あふれるヒロインたちと過ごすにぎやかな日々が再び帰ってくる。

PCで発売され、2012年にはPSP®「プレイステーション・ポータブル」でシナリオやグラフィックの追加などパワーアップ移植を果たし、話題となった本作。

今回のPS Vita版はそのPSP®版をベースに、グラフィックやシナリオの表現をよりPC版に近づけた形で再現。画面解像度もPSP®版・PC版を超える960×544ピクセルの高解像度を実現し、より美しいグラフィックでゲームをプレイすることができる。


一部の表現をPSP®版から見直し、PC版に近いシチュエーションが再現されている




■画像演出もPSP®版から強化!

PC版にあった複雑に動くキャラクターグラフィックといった一部の演出が、PS Vita版では堂々復活。PS Vitaの高い画像処理能力を活かし、PSP®版ではハードの性能上、単純な動きとなっていたものを原作同様に再現している。





■プロトタイプ作品おなじみの「色合い調整機能」も搭載!

プロトタイプ作品ではおなじみの、PC版の色味に近づける「色合い調整機能」は本作でも健在。こちらの機能については、公式ホームページの解説をご参照あれ。原作により近い形で、ゲームをプレイできるよう配慮がなされている。

色合い調整機能についてはこちら!


◆タッチスクリーン&PlayStation®Vita TVに対応

こちらもプロトタイプ作品ではおなじみ。PS Vitaのタッチスクリーンにフル対応することで、タッチするだけの直感的な操作で快適に遊ぶことができる。もちろん、従来通りのボタン操作で楽しむことも可能だ。また、PS Vita TVにも対応し、テレビにつなげば大画面でのプレイもできる。


選択肢の決定やメッセージ送り、選択肢ジャンプなど、あらゆる操作がタッチスクリーンで可能



■神の暮らす美空島での楽しい日々に芽生えていく恋心の行方は?

主人公・観崎高久は、神様と暮らしていた。
小さな頃から、神様はあたり前のようにそばにいて、家族として育ってきた。
神様の名は、一ツ橋神奈。神としての能力は高いのに、むしろ人としてふるまう神奈。
観崎家にはもう一人、妹の美唯がいる。彼らにとって、この3人がまぎれもない家族だった。
そんな中、美唯はアイドルとしての仕事が軌道に乗りはじめ、穏やかな日々にも変化が訪れようとしていた。
いつものそんな日々を過ごしていた初夏のある日、美唯の親友・芹夏がひとつのニュースを持ってきた。
「今日、島の外から新しい巫女さんがやってくるんですって」
そんな一言から、神社の移転行事「遷座祭」を見物することに。主人公はそこで、不思議な雰囲気を持った巫女の少女、葉月深景と出会い......その出会いが、連鎖的に主人公をとりまく環境を変えていくことになる。
秘められたほのかな恋心、そしてはじまるのは......巡る想いの物語。
瀬戸の海に浮かぶ美空島。豊かな自然と、ゆったりと流れる時間の中で育った少年少女たちは、もうすぐ恋を知ることになる。


一ツ橋 神奈
CV:小林眞紀

「あたしに任せときなさい。たまには神様してあげる」

巡宮学園2年生。幼い頃から主人公と一緒に暮らしている、正真正銘本物の神様。しかも、周囲もそれを全く疑っていない。しかし、特別「神」としてふるまおうとせず、むしろ人として暮らすことを望んでいるようにしか見えない。めんどくさがりな性格で、ゲーム好き。PC関連などのデジタル系の知識に精通している。



観崎 美唯
CV:清水 愛

「わたしの気持ち、届けるから......心を込めて歌うから」

主人公の妹で、巡宮学園1年生。家事なども万能にこなすことができるので、観崎家では母親役になっている。離島出身の島っ子アイドルとしてデビューして、現在グラビアやバラエティなどに出演し、じわじわとブレイク中。島での学生生活と本土での仕事という、二足のわらじの忙しい日々を送っている。



清澄 芹夏
CV:力丸 乃りこ

「弱き心に勝利なし!一球入魂ライジング!!」

同学年の美唯とは幼少時からの付き合いで親友。持ち前の超前向きな性格と調子のよさ、外見的なかわいさから周囲の人気が高い。結果、学園のアイドルを自認している。スポーツ万能で、自称・テニス部のエース。しかし、なにをやっても神奈にはかなわず、よくテニスの勝負を挑んでは惨敗している。



帷 千紗
CV:いのくち ゆか

「ネコガエル、かわいいでしょ。......なにその微妙な顔」

実家は民宿を経営しており、彼女もよく手伝いをしている。主人公とは家が近いこともあって幼なじみだが、一緒になって遊んだのは十年くらい前まで。クールで素っ気ないところもあるが、何かと世話を焼いてくれる面倒見の良い性格。自己と向きあうためというストイックな理由から、部活は弓道部に所属している。なぜかカエルに並々ならぬ関心を持っている。



葉月 深景
CV:櫻井 浩美

「また、あの砂浜を二人で歩けたら、その時は......」

美空島へ引っ越してきた転入生。学年は3年生で、代々神職の家系で鎌倉でも巫女として働いていた。美空島の上納神社で宮司を務めていた祖父が隠居する関係で、その代わりとして島にやってくる。初めての離島での生活にも臆さない楽天家。ある意味「本物」の家系で霊感は強い。



音無 夏帆
CV:鈴本 かおり

「テニス部の命運を! 私と一緒に担ってくれませんか!?」

主人公のクラスメイト。活発で誰とでもすぐに仲良くなれる、明るく優しい性格で、テニス部の部長を務めている。性格はやや体育会系ノリ。芹夏の「上官」として君臨しているが、部自体は実のところ廃部寸前。姉の京佳と二人暮らしで、甘味処「おとなし」を一緒になって切り盛りしている。



隠神 穂乃里
CV:福圓 美里

「わたし、みんなが仲良く暮らせる世界になってほしいです」

世間知らずだが人懐っこく、とてもまっすぐな性格の女の子。みんなのマスコット的存在で、よく周囲にいじられては主人公に助けてもらっている。みんなと仲良くしたいと強く思っているようだが、それには深い理由がある模様......。人にはない力を両親から受け継いでおり、何やら大きな秘密を抱えているらしい。

新たな出会いがきっかけで変化し始める主人公とヒロインたちの恋模様。離島での生活を楽しみつつ、心を通わせていこう。



PS Vita『あまつみそらに! 雲のはたてに』の公式サイトはこちら


----------------------------

あまつみそらに! 雲のはたてに

メーカー:プロトタイプ
対応プラットフォーム:PlayStation®Vita
ジャンル:恋愛アドベンチャー
発売日:2015年9月17日(木)発売予定
希望小売価格:パッケージ版 希望小売価格 5,600円+税/ダウンロード版 4,630円+税
CERO:C(15才以上対象)

----------------------------


©2015 Clochette/PROTOTYPE

記事を探す
トップに戻るボタン