PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

『Destiny 降り立ちし邪神』最大の脅威"オリックス"。すべての敵対種族を飲み込むハイヴの邪神とは?【連載第5回/電撃PS】

by 電撃PS編集部 2015/09/14

初心者からベテランまで自分のペースで楽しめるアクションシューティング『Destiny』。本作の物語は、人類を黄金時代に導いた謎の球体"トラベラー"とその反映に終止符を打った脅威"暗黒"の戦いが大きな流れとしてあります。しかし、かつて行なわれた暗黒の侵攻とトラベラーの防戦は確かな記録が残されておらず、現在は過去の人類の栄華を示す廃墟と荒野を歩き回る敵対種族、そして光を失い鎮座するトラベラーの姿が残るのみです。今回は、『Destiny』で人類を脅かす敵対種族と、『Destiny 降り立ちし邪神』でプレイヤーの分身であるガーディアンの新たな敵"オリックス"について電撃PS編集部が解説していきます。


----------------------------------------------------------------------

前回までの特集記事はこちら

全世界から2,000万人が集うアクションシューティング『Destiny』。その魅力に迫る!【連載第1回/電撃PS】

コレを見れば『Destiny』がわかる! 動画で知る『Destiny』のアレコレ【連載第2回/電撃PS】

『Destiny』の1日は午後6時から始まる!? ある日のガーディアンの行動を追う【連載第3回/電撃PS】

やり応えのあるゲームライフをみんなに──。9月17日から『Destiny』はこう変わる!【連載第4回/電撃PS】

----------------------------------------------------------------------





■人類を包囲する4つの敵対種族

プレイヤーがガーディアンとして目覚めたときの人類は、地球に残る最後の都市「タワー」に追い込まれた状態で、周囲はフォールンやハイヴ、ベックスとカバルといった敵対種族がうろつく危険な場所となっています。彼らをまとめて「暗黒の従兵」と呼ぶことがありますが、ファンタジー世界のように暗黒のもとで連合しているというわけではありません。各種族は独自の文化や行動形態を持っていて、利害が対立すればお互い戦うこともあれば、フォールンとアウォークン(暗礁地帯で生活する人類のいち種族)のように共生することもあるのです。まずは『Destiny』で確認されている4つの敵対種族を紹介していきましょう。



・フォールン

地球とその衛星である月、金星まで広範囲で活動する種族で、腕が4つあるのが外見上の特徴です。彼らは活動する地域ごとに「ハウス」と呼ばれる集団が存在し、そのリーダーは「ケル」と呼ばれています。


・ハイヴ

死霊や悪魔のような不気味な姿をした彼らは、ガーディアンが対峙したなかで暗黒に由来する唯一のクリーチャーだと言われています。ハイヴは光を「感染」ととらえ、闇を楽に取り込めるよう弱めることを任務としているようです。


・ベックス

金星や火星を活動の場とする機械生命体で、独自のネットワークによって統一行動をとっています。時を越える能力を持ち、ワープのような技術を用いて移動します。金星の各地に存在する機械のような遺跡は、ベックスの力によって作られたものと言われていて、その建造物は地下深くまで続いているようです。


・カバル

火星を活動拠点とする種族でほとんどの個体が岩のような巨体を持っています。その起源と目的は謎に包まれていますが、別の星系から太陽系に来たともいわれています。軍のように統率のとれた行動と重武装が驚異的で、戦力としては4つの敵対種族でも最高クラスであるようです。




■オリックスとは? その①
 月を拠点とするハイヴの生みの親

人類を黄金時代の反映から崩壊へと追い込んだ元凶である暗黒。この暗黒を由来とするのがハイヴと先ほど解説しました。『Destiny』本編のハイヴは、月の地下「ヘルマウス」を拠点としていて最近になって地球へ進出、各地でフォールンと小競り合いになっています。『Destiny 降り立ちし邪神』でガーディアンの前に立ちはだかるオリックスは、彼ら月と地球のハイヴの起源となる存在です。オリックスはもともと暗黒のなかで生きる存在で、暗黒が人類を崩壊に追い込む際にその侵攻軍としてみずからの「子」を産み落としました。その子のひとりが『Destiny』本編や拡張コンテンツI「地下の暗黒」で語られた"クロタ"です。





■オリックスとは? その②
 クロタの最期とオリックスの復讐

月の地下深くへ産み落とされたクロタは、みずからの力を蓄えるとともに地球への侵攻軍を編成、黄金時代より残る地球の防衛システム"ラスプーチン"に攻撃を仕掛けるなど、地球のトラベラーを殲滅するための行動を起こしました。人類はハイヴに対抗しきれずに一度は月から撤退しましたが、ガーディアンの活躍により再び月での探索を行なえるようになました。さらに拡張コンテンツⅠ「地下の暗黒」でのガーディアンは、かつてヘルマウスの奥深くから生還した人物、エリス・モーンの力を借りてクロタの計画を阻止することに成功します。クロタを倒したガーディアンに復讐するため、オリックスが"ドレッドノート"を旗艦とするハイヴの艦隊を率いて太陽系に来寇するのが『Destiny 降り立ちし邪神』の冒頭の物語です。





■オリックスとは? その③
 すべての種族を配下とする"宿られた"軍

オリックスがこれまでの敵対種族と異なるのは、ハイヴ以外の種族を捕らえてみずからの配下とした宿られた軍を率いている点にあります。この力はクロタが地球に侵攻している間にオリックスがマスターしたと言われています。彼は、捕らえた敵対種族をみずからの領域に閉じ込め、力なき者は殺し、強きものはみずからに従うよう意識を捻じ曲げることで、宿られた軍の兵士に仕立て上げているのです。オリックスはこの力を使い、すべての敵対種族をまとめたより強大な軍を編成、クロタを倒すほどの力を持つにいたったガーディアンに差し向けます。宿られた軍は、全身のカラーがモノクロになっているほか、もとの種族にはない能力を持っています。また、降下艇のような移動手段を使わず、ワープのような方法でガーディアンの行く先に現れることもあるようです。





■オリックスとは? その④
 土星のリングに現れた巨艦"ドレッドノート"

もともと暗黒のなかに存在するオリックスは、太陽系侵攻にあたり巨大な宇宙船ドレッドノートを旗艦とする艦隊を率いています。オリックスはドレッドノートに入る際にもっとも強大な力を発揮すると言われ、彼に忠誠を誓うものを呼び寄せることが可能です。また、ドレッドノートにはトラベラーからの光をさえぎるシールドが張られているうえ、神殿によって内部にいる暗黒の従兵を保護しているようです。

『Destiny 降り立ちし邪神』では、ドレッドノートの艦内を新たなフィールドとして探索やミッションを遂行することになるのですが、船といってもその規模はちょっとした小惑星に匹敵する巨大さ。下の写真は、ドレッドノートのオービット(本作では対象エリアの近傍を意味するゲーム内用語)を航行するガーディアンの宇宙船ですが、その下の土星のリングにぽっかり穴を開けた真ん中にいるのがドレッドノートです。土星のリングは目に見える部分だけでも数十万kmあるといわれているので、そう考えるとかなりデカイ船だということがわかるかと思います。ドレッドノートには、オリックスの力を増幅する巨大な兵器が装備されているようで、その力は光を「奪う」のではなく「破壊」するのだそうです。さらに内部は多彩な仕掛けのほか、さまざまなお宝が眠っているとのことで、今から探索が楽しみな場所でもあります。



今回は『Destiny』世界に登場する敵、とりわけ『Destiny 降り立ちし邪神』で相手となるハイヴとオリックスについて解説してきました。本作から『Destiny』を新たに始める人は、レベルブーストによって『Destiny 降り立ちし邪神』の物語をすぐに始めることが可能ですが、『Destiny 降り立ちし邪神 レジェンダリーエディション』に収録されている『Destiny』本編や拡張コンテンツでも魅力的な物語が楽しめます。この世界のことをもっと知りたい人は、ストーリーミッションや、開発元の公式サイトBungie.netのコンパニオンアプリで閲覧できるグリモアカードの情報をチェックしてみましょう!



------------------------------------------

Destiny 降り立ちし邪神 レジェンダリーエディション

発売元:ソニー・コンピュータエンタテインメント
フォーマット:PlayStation®4、PlayStation®3
ジャンル:アクションシューティング
発売日:2015年9月17日(木)
価格:ダウンロード版 販売価格:8,532円(税込)
CERO:C(15才以上対象)
コンテンツ詳細:
・『Destiny 降り立ちし邪神』
・『Destiny』本編
・拡張コンテンツⅠ「地下の暗黒」
・拡張コンテンツⅡ「ハウス・オブ・ウルブズ」



Destiny 降り立ちし邪神 (デジタル単体版)

発売元:ソニー・コンピュータエンタテインメント
フォーマット:PlayStation®4、PlayStation®3
ジャンル:アクションシューティング
発売日:2015年9月17日(木)
価格:ダウンロード版 販売価格:5,292円(税込)
CERO:C(15才以上対象)
コンテンツ詳細:
・『Destiny 降り立ちし邪神』
※本コンテンツは『Destiny』本編、拡張コンテンツI「地下の暗黒」、拡張コンテンツⅡ「ハウス・オブ・ウルブズ」をすでに購入者されている方限定で先行購入できます。
※2015年9月15日(火)の先行プレイ開始可能時間については、確定次第公式サイトにて告知します。



Destiny 降り立ちし邪神 デジタル限定版

発売元:ソニー・コンピュータエンタテインメント
フォーマット:PlayStation®4、PlayStation®3
ジャンル:アクションシューティング
発売日:2015年9月17日(木)
価格:ダウンロード版 販売価格:10,692円(税込)
CERO:C(15才以上対象)
コンテンツ詳細:
・『Destiny 降り立ちし邪神』
・『Destiny』本編
・拡張コンテンツⅠ「地下の暗黒」
・拡張コンテンツⅡ「ハウス・オブ・ウルブズ」
・デジタルコンテンツ:経験値ボーナスのある3つのガーディアンクラスのエキゾチックアイテム、
 3つのガーディアンクラス固有の感情表現、3つのアーマーシェーダー

※オンライン専用です。プレイするにはインターネットにつながる環境が必要です。
※PS3®向け『Destiny』のマルチプレイをお楽しみいただくには、PlayStation®Plusにご加入いただく必要はありません。
※PS4®向け『Destiny』はPS Plusにご加入いただくと、『Destiny』の醍醐味であるオンラインマルチプレイおよびコミュニケーションをお楽しみいただけます。シングルプレイは、PS Plusへの加入は必要ありません。

------------------------------------------

PS.Blogの『Destiny 降り立ちし邪神』ページはこちら

------------------------------------------


『Destiny 降り立ちし邪神』公式サイトはこちら


電撃PlayStation最新号の詳細はこちら


©2015 Bungie, Inc. All rights reserved. Destiny, the Destiny Logo, Bungie and the Bungie Logo are among the trademarks of Bungie, Inc. Published and distributed by Sony Computer Entertainment Inc. in association with Activision.

記事を探す
トップに戻るボタン