PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

「グランツーリスモ」シリーズに収録予定の新車種 「ブガッティ ビジョン グランツーリスモ」と「ヒュンダイ N 2025 ビジョン グランツーリスモ」のフルスケールモデル公開!

by PS.Blogスタッフ 2015/09/16

「グランツーリスモ」のために、各国の自動車メーカーが新たなクルマを創出する取り組み「ビジョン グランツーリスモ」。そのコンセプトカーとして、「ブガッティ ビジョン グランツーリスモ」と「ヒュンダイ N 2025 ビジョン グランツーリスモ」のフルスケールモデルが公開されました。両車種とも「グランツーリスモ」シリーズへの収録が予定されているので、お楽しみに!




■「ブガッティ ビジョン グランツーリスモ」とは?

超ド級スポーツカー「ヴェイロン」シリーズを450台制作し、見事に完売させたブガッティ。「グランツーリスモ」シリーズに収録予定の「ブガッティ ビジョン グランツーリスモ」のデザインには、1920年代から30年代にかけて成し遂げた数々のレースでの勝利、なかでもル・マン24時間レースに対するオマージュが込められています。もちろん、最新のモータースポーツからのフィードバックも忘れてはいません。このクルマには、次世代のブガッティのデザインランゲージも垣間見ることができます。


「ブガッティ ビジョン グランツーリスモ」の歴史的なバックボーンは、1937年、1939年とル・マン24時間レースを制覇した「タイプ57タンク」です。当時のフランスのナショナルカラーはブルー。1937年の優勝マシンである「タイプ57Gタンク」も、クラシックなブルーのツートーンにペイントされていました。以来、ブガッティは青をブランドカラーとしたため、「ブガッティ ビジョン グランツーリスモ」も、往時をしのばせるブルーのツートーンをまとっているのです。


このクルマは一般的な乗用車とはかけ離れた存在であるため、ナンバーが付くプロダクションカーよりはるかにエクストリームで、パフォーマンスを重視したデザインとなっていますが、デザインチームは2つのポイントを重視しました。まずはバーチャルマシンではあってもブガッティのルックスを保ち、「芸術」「フォルム」「テクニック」というブガッティの3つの価値観を体現していること。2つ目は、用いられる全てのパーツが実車同然の性能を生み出す機能を有していることです。そのため「ブガッティ ビジョン グランツーリスモ」は、エンジニアとデザイナーが緊密にコラボレーションを行ない、最新のレーステクノロジーやエアロダイナミクスの解析に基づいて生み出されました。


「ブガッティ ビジョン グランツーリスモ」はバーチャルな存在とはいえ、ブガッティ開発チームによるドライビングやエアロダイナミクスの最新のシミュレーションモデルに基づいて開発されました。そのため、盛り込まれた技術的要素はデザイン同様、完全にリアルそのものです。エンジニアとデザイナーは6ヶ月もの間協議を重ね、開発を進めました。フォルクスワーゲンのレースエキスパートたちも開発に加わり、クルマのあらゆるディテールが現実に忠実であるよう助言。パフォーマンス上の目標を達成するため、「ブガッティ ビジョン グランツーリスモ」はすさまじいパワーを4輪すべてに伝えるW16エンジンを搭載しています。





■「ヒュンダイ N 2025 ビジョン グランツーリスモ」とは?

「グランツーリスモ」シリーズに収録予定の「ヒュンダイ N 2025 ビジョン グランツーリスモ」。車名にある「N」とは、ヒュンダイのハイパフォーマンス部門を担う新たなブランドの名称です。

「ヒュンダイ N 2025 ビジョン グランツーリスモ」は、ヒュンダイが世界で初めて量産化に成功した水素燃料電池をパワートレインに採用。同社のテクノロジーと未来に向けた持続可能性への情熱をアピールする1台となっています。パワートレインのトータル出力は650kW(884HP)。デュアル燃料電池・スタックが500kW(680HP)を発生し、これにブレーキ回生からエネルギーを蓄えるスーパー・キャパシターシステムの150kW(204HP)が加わります。この素晴らしいパワーは4つの独立した高出力ホイール内蔵モーターを通じて地面に伝わり、妥協のないトラクションと瞬時のレスポンスを生み出します。


コンパクトで軽量な燃料電池スタックと強固なCFRPモノコック構造により車重を972kgに抑え、世界のエギゾチックなスーパーカーと同等のパワーウェイトレシオを実現した点もポイントです。このパワーとパフォーマンスが低重心とも相まって、いかなるチャレンジングなサーキットでも優れた性能を発揮し、新ブランド「N」のスリリングなキャラクターを体現!


「ヒュンダイ N 2025 ビジョン グランツーリスモ」は、そのハイパフォーマンスをクリーンテクノロジーによって生み出しますが、そのパワートレインの唸りはエンスージャストの心をくすぐるものです。20万回転前後で回転するエアブロワーのタービン音、燃料電池スタックのユニークなサウンド、水素クーリングシステムのパージ音、及びインホイールモーターの高周波など、全てが共鳴して独特のレースカーサウンドを奏で、ドライバーに固有の音響体験をもたらします。


ヒュンダイのトレードマークであるヘキサゴングリルを通過した空気は、ボート型のアンダーボディへ流れます。ここからリアへはチューブ状のアンダーフロー用エアダクトがつながり、アンダーボディの圧力上昇を最低限に抑えると同時に、最大のダウンフォースを生み出します。さらに車速とブレーキの使用状況に応じて展開するエアブレーキが、通常走行時の空気抵抗減少に成功しています。


かつて、パイロットや宇宙飛行士が超音速実験や宇宙飛行のために行なったアメリカ・ロジャース・ドライレーク(元ムロック・ドライレーク)での過酷なテスト。「ヒュンダイ N 2025 ビジョン グランツーリスモ」は、その大胆不敵なスピリットや航空理論にインスピレーションを受け、デザイン上のモチーフとしています。

航空理論から刺激を受け、速さによって形づくられた「ヒュンダイ N 2025 ビジョン グランツーリスモ」。それはいわば車輪のついた戦闘機であり、大気とアスファルトの境界をあいまいにする存在です。ヒュンダイはこのクルマを地を這う航空機のようにデザインしたため、そのたたずまいは路上に浮かんでいるかのようです。


ヒュンダイのサウンドデザイン・リサーチ研究所は、燃料電池自動車ならではのユニークなスポーツサウンドシステムをデザインし、このエキサイティングかつエコフレンドリーなクルマが感情に訴える力を最大限に引き出しました。こういった未来のテクノロジーを武器に、「ヒュンダイ N 2025 ビジョン グランツーリスモ」は、ヒュンダイ自動車のスポーツの未来に向けたポテンシャルをアピールしています。




「ブガッティ ビジョン グランツーリスモ」および「ヒュンダイ N 2025 ビジョン グランツーリスモ」の詳細については、「グランツーリスモ」オフィシャルサイトで確認を!


「グランツーリスモ」オフィシャルサイトはこちら


---------------------------------------------------------------------------

PS.Blogの『グランツーリスモ6』ページはこちら

---------------------------------------------------------------------------


▼PS3®『グランツーリスモ6』の購入はこちらから!


© 2015 Sony Computer Entertainment Inc. Manufacturers, cars, names, brands and associated imagery feature in this game in some cases include trademarks and/or copyrighted materials of their respective owners. All rights reserved. Any depiction or recreation of real world locations, entities, businesses, or organizations is not intended to be or imply any sponsorship or endorsement of this game by such party or parties.

記事を探す
トップに戻るボタン