PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

PS4™版『テラリア』をやってみた!

by PS.Blogスタッフ 2015/02/20

ついに発売されたPlayStation®4用ソフトウェア『テラリア』。すでにプレイしている方も多いのでは? 今回は、このPS4™版に『テラリア』初心者のPS.Blogスタッフが挑戦しました! 何でもありの『テラリア』の世界で、果たして彼は無事生き残ることができるのでしょうか?

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

■まずは冒険の準備から!

はじめまして! 『テラリア』初挑戦となるPS.Blogスタッフです。
ちょっと緊張していますが、さっそく『テラリア』を実際にプレイして皆さんにその魅力を伝えていこうと思います!
それではまず最初に行うのは、自分の分身となるキャラクターの作成。いざ作り始めると、髪型だけでもかなりの数がありビックリ! このパーツの多さには、キャラメイクこだわり派の僕も大満足です。
キャラクターができたら、次は難易度の選択です。ふつう、むずかしい、げきむずの3つがあるみたいですね。えーと......、"ふつう"は死ぬとコインを落とす。よくあるデスペナルティですね。"むずかしい"は死ぬとアイテムを全部落とす。テラリアはレベル制でないので、アイテム全てを失うのはかなり痛いのでは!? "げきむず"は......死ぬとキャラクター消失!? それじゃあ全てがパーじゃないですかぁ! やっぱり初心者の僕には"ふつう"がお似合いだなあ......。
最後にワールドのサイズを決めたら、いよいよ冒険のスタートです!

▲とにかくパーツが多いキャラメイク。これなら満足いくキャラが作れそう。

▲今回はファンキーなアフロに、タンクトップっぽい服装をチョイス!

▲とことん楽しみたいので、ワールドサイズは"ひろい"に決定!


■冒険の大地に降り立つ!! でも何をすればいいの?

ついに『テラリア』の世界にやってきました! しかし、何をすればいいのかさっぱりわかりません。何でもできるのが『テラリア』の売りなんですが、どこから手をつければいいか迷っちゃいました。
そこで、まずは周りの探索からスタート。しばらく歩いていると人の姿を発見! ジェフリーと名乗る彼から、冒険に役立つヒントをいろいろ教えてもらいました。彼いわく、冒険を続けるのは"武器"と"家"が必要とのこと。というわけで、最初の目的は家を作ることに決めました!(リアルでは一戸建てのマイホームなんて夢のまた夢ですし......)。
それでは豪華なマイホームを建てるため、いざ素材集めの旅へ!

▲なかなか恐ろしいことを言うジェフリー。ここはひとまず、彼のアドバイスに従っておくことにしますか。


■探索に便利! PS4™版ならではのズームイン・アウト機能

素材探しの最中に、PS4™版ではタッチパッドでカメラのズームイン・ズームアウトができることを発見! カメラをズームアウトさせると描画エリアがぐっと広がり、周囲を広く見渡せますね。かなり先も見渡せるので、モンスターも早く発見できそう。あと建物を作る時なんかにも便利そうですね。建物みたいな大きなモノって、全体を見ながら作業していかないと失敗しそうですし。家を作る際には試してみようかな。そういえば、今後配信予定のコンパニオンアプリを使えば、スマートフォンやタブレットPCでマップを見ながら探索ができちゃうそうです! これは探索がはかどりそうだなぁ。

▲PS4™版ならではのズームイン・アウト機能。ズームアウトすれば、右の写真のように周囲を広く見渡せるので、落とし穴なども見つけやすいですね。


■素材集めのつもりが、なぜか宝探しに

家を作るには、周りを囲む壁、イスやテーブルなどの家具、そしてたいまつなどの照明が必要なようです。木を切る"オノ"、土を掘る"ツルハシ"、さらに敵を倒す"ショートソード"は初期装備に入っていたので、まずは木を切って"もくざい"集めからスタート。
さらなる材料を求めてフィールドを右へと進んでいくと、洞窟の入口を発見。しかも入口にはなんと宝箱が! 宝箱からアイテムをゲットして気をよくした僕は、さらに洞窟の奥へと進みます。しかし、このときの僕はまだ気づいていませんでした。この選択がのちに恐ろしい悲劇を呼ぶことになろうとは......。

▲モンスターと初遭遇! 激闘(?)の末、たいまつの素材である"ジェル"をゲットしました!

▲ここが洞窟の入口。なんだか奥からお宝の匂いがします。これはぜひ探索せねば!


■恐怖の夜、ゾンビ襲来!!

洞窟の探索に夢中になっていると、いつの間にかあたりは真っ暗。そう、『テラリア』には時間の概念があり、時が経つと夜になってしまうのです。初めて迎える夜は想像以上に見通しが悪く、遠くへの冒険は危険と判断。スタート地点の近くで木でも切ろうかとウロウロしていると、どこからかうめき声が......。
その正体は、夜に出没するモンスター・ゾンビの登場! しかし、恐れることはありません。スライムを瞬殺した僕にとってゾンビなど......って強い! ゾンビ強い! 相手の攻撃力がかなり高いのに、こちらの攻撃はたったの1しかダメージを与えられないし! ああ、ちゃんと武器を作っておくべきだったか......。必死に逃げようと試みますが、運悪く"あくまのめだま"に出くわし、あっさり瞬殺。こうして初めての夜は死体で迎えることになったのでした......。

▲暗闇の中、一際目立つ"ゾンビ"の文字。カタカナ3文字がこんなに怖いなんて......。

▲コインを失ってスタート地点へ。"げきむず"だったら、ここでゲームオーバーなんですよね......。


■気分を新たに今度こそ家作り

夜を無事過ごすのに大切なモノ、それは安全な我が家! そう考えた僕はさっそく家作りに着手。まずはスタート地点の丘をツルハシで削って平らにします。次に家具や壁を作るのに必要な"ワークベンチ"をもくざいから作って設置。これで家作りの準備は完了です。

▲家を建てるには平らな地面が必要。まずは丘を削って、平らにならすところから始めてみました。

▲周囲を"いしブロック"で囲むと、なんとなく家らしい雰囲気に。

▲続いて"いしブロック"をツルハシで削り、ワークベンチで"きのとびら"をはめ込みます。これでもうモンスターは入ってこれません!!

日も暮れてきているので、急いで次の作業に。壁を貼り付けないと家とは認められず、モンスターが家の中にポップすることがあるそうなので、もくざいを材料に"きのカベ"を作ります。続いては家具作り。やっぱりインテリアがないと味気ないですからね。ワークベンチで作った"きのイス"を2つ置くと、かなり家っぽくなってきました! 最後に照明代わりに"たいまつ"を数個設置すれば我が家の完成です! ちなみにPS4™版ではシェア機能を使って、作った建物を他のプレイヤーに公開することも可能。僕も早く立派な家を作って、みんなにお披露目したいなぁ......。

▲完成と同時にゾンビが出現。まさに危機一髪......。


■地底世界に出かけよう!

夜の間、ただボーっとしているのは面白くありませんが、地上にはゾンビがいっぱい。ん? 地上には? ならば地下を進めばいいんじゃないか! そう、この『テラリア』の世界には"地底世界"が存在するのです。地上以上に広大で謎に包まれた世界がこの足元に広がっているのです!
さっそく地下探検へ出発! ツルハシ片手に掘り進みますが、これがかなり暗い。たいまつを灯せば明るくなるのですが、たいまつを持ったままだとツルハシが振れないので、地上のわずかな光を頼りに進みます。たいまつを地面や壁に設置すれば、明るくなりツルハシも振れるんですけど、数に限りがありますし......。そして、地上の光も消えてなくなった頃、何かキラリと光るものが!

▲謎の光の正体は"どうこうせき"でした。これで何を作ろうかな。


■装備を強化してゾンビにリベンジ!!

どうこうせきを手入れて、まず思い浮かんだのがゾンビへのリベンジ! これをもとに強い装備を作れば、ゾンビだってイチコロのはず!
まずはどうこうせきを"どうのインゴット"にするべく"かまど"を設置します。これで強い装備が作れると思いきや、どうのインゴットに加工するには"かなとこ"も必要なようでそちらも作ることに。防具は、頭、胴体、脚の3か所にそれぞれ装備できます。全部作るのに必要なインゴットの数は......って全然足りないじゃないですか! こんなときにやるべきことは1つ。そう、掘って、掘って、掘りまくるんです!

▲脚装備"どうのあしあて"を作るには、"どうのインゴット"が12個も必要。

▲苦労の末に装備が完成。初期状態と比べて防御力が大幅に上がり、見た目もかっこよくなりました!これでゾンビの大群にも立ち向かえるはず!

完成した"どうの防具"、そして宝箱から手に入れた"つよいスピア"を装備し、いざゾンビにリベンジ! 4匹のゾンビに囲まれましたが、スピアの長い攻撃範囲も手伝い、楽勝でした。リベンジ大成功です。前回、あれほど苦しめられたのがウソのよう。まあ、それだけ僕が強くなったってことですかね、ハハハ。これで僕も一人前の『テラリア』プレイヤー......って強力なマモノって何!? まだまだ先は長そうだなぁ......

▲スピアを片手にいざ出撃!もう夜もゾンビも怖くない!

▲ジェフリーの言う"強力なマモノ"も気になるし、家ももっと立派にしたい。もう、やりたいことが多すぎです!

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

プレイヤーの数だけ楽しみ方があるのが、『テラリア』の魅力のひとつ。今回が初プレイのスタッフも、自分の"楽しみ方"を見つけ、すっかり『テラリア』の虜になったみたいです。今回のプレイレポートでは紹介できませんでしたが、強力なボスとのバトルや罠や仕掛けの作成、プレイヤー同士で戦えるマルチプレイの対人モードなど、できることはまだまだたくさんあります。『テラリア』をプレイして、ぜひあなた流の"楽しみ方"を見つけてください!


PlayStation®4用ソフトウェア『テラリア』の購入はこちら!

PS4™版『テラリア』をプレイした感想を!


PS.Blog/『テラリア』特集記事はこちら!

『テラリア』公式サイトはこちら

Published by 505 Games (and Spike Chunsoft for Japan region). © 2015 Re-Logic. Console versions developed by Engine Software. All Rights Reserved.

記事を探す
トップに戻るボタン