PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

夜の闇に潜む謎が少しずつ明らかに......10月29日発売『夜廻』最新情報を公開!

by PS.Blogスタッフ 2015/10/15

■懐中電灯を手に、闇に包まれた暗い夜道を廻る

幼い少女は飼い犬を連れ、赤く染まった夕暮れの道を散歩していました。
しかし、彼女の不注意によって犬は事故に遭い、どこかへいなくなってしまいます。
帰宅した少女を見た姉は、犬を探して外へ。
ひとり残された少女も遅れて家を出ますが、そこに広がっていたのは、昼間と違う顔をした不気味な夜の街でした......。




【探索場所をくまなく歩き、手がかりを見つける】

日本一ソフトウェアの新作『夜廻』は、そんな幕開けから始まる夜道探索アクション。少女は消えた愛犬と姉を探すため、懐中電灯を手に暗い夜の街へと踏み出していく。しかし、夜の街にはひと気がなく、道沿いや道端にあるものは大半が闇に包まれている。そこで少女は、懐中電灯の光を灯し、そこにあるものを照らしながら探索を進めていく。時には、落ちているものを拾って道具として使ったり、探索のヒントを得たりすることも。探索場所をくまなく歩き、手がかりとなるものを見つけよう。


懐中電灯で暗闇を照らしながら、商店街や住宅街などさまざまな場所を探索する。



近くに調べられるものがあると、頭上に「?」や「!」が表示される。何か手がかりが見つかるかも?



探索を進めるに連れ、少女が持つ手描き風の地図が少しずつ広がっていく。




夜の闇に紛れ込んでいる、人ではない"何か"】

夜の闇には人ではない"恐ろしいもの"が紛れ込んでいる。人のような姿をしたものから異形の姿をしたものまで、さまざまなものが存在し、少女を見つけると襲いかかってくる。そのため、懐中電灯の"光"や"拾ったもの"をうまく利用し、彼らから身を遠ざけながら探索を進めなければならない。





【閉ざされた道を開放し、探索場所を広げる】

探索の道中には、何かによって道が塞がれていたり、鍵の掛かった門や扉によって道が閉ざされていたりする場所がある。探索中に入手したものを使ったり、ゲームが進んだりすれば、こうした場所も進めるようになる。道を開放し、さまざまな場所へ探索範囲を広げていこう。


道の開放に使えそうなものがないか、辺りを探索。時には仕掛けを見つけることも。





■少女が探索する、闇に覆われた夜の街

少女が探索する場所は、ゲームの進行により徐々に広がっていく。住宅街や学校、商店街だけでなく、中には墓地が広がる不気味なお寺も......。新たに判明した探索スポットを紹介しよう。


<お寺>
街外れの林を抜けた先にあるお寺。誰も住んでおらず、今にも崩壊しそうな様相を呈している。周囲には墓地が広がっており、夜な夜な"犬の鳴き声"が響き渡るという。



<田園地帯>
住宅地から少し離れた、田舎の雰囲気が残る地域。田んぼとあぜ道が続く。水辺が近く、昔溺れて行方不明になった者が水死体となって見つかることがある。



<廃工場>
封鎖された廃工場。人の気配はなく、今は立ち入りが禁止された場所。固く閉ざされた門の先で、少女はこれまでにない恐怖と対面することになる。



■少女を脅かす、不気味なお化けたち

少女に襲いかかるお化けたちの種類は多種多様。今回、新たなお化けが明らかになったので、紹介しよう。彼らはそれぞれ特徴を持ち、光や音に反応したり、何かに擬態したりすることも。持ち物を投げてお化けの気をそらすなど、その特性を利用して回避しよう。

なお、目的の場所にたどりつくための探索ルートは複数存在する。進む道によって危険なお化けがたくさんいることもあれば、逆にお化けがあまり出没しないルートも。進むのが難しいと感じたら、別のルートを探してみるのもひとつの手だ。


◆首吊り霊
首を吊って死んだ人間の霊。生前の苦しみを忘れられず、悪霊と化して人を襲う。



◆咀嚼する影
霧のような姿で夜の街を漂う影。影に捕らえた者を咀嚼し、呑み込む。



◆巨大霊
たくさんの思念が集まってできた巨大なお化け。異形の姿で夜の街を徘徊する。

道いっぱいに立ちはだかる巨大霊。突破しようとせず、ルートを変えるのが得策かもしれない。





■闇に包まれた夜の道、その先にあるもの──

消えた愛犬と姉を探し、夜の街を行く少女。やがて物語の謎と直面することに......。少女が遭遇する血まみれの女性や犬、誰かが残したメモなど、謎めいた要素について紹介する。


【夜の闇の中に消えた愛犬と姉の行方】

探索を進めていくうちに、少女は"犬"や"行方不明の女性"に関わるさまざまな情報を入手する。街外れにある田んぼでは、最近血塗れの女性が出没するとの噂が......。また、夜の学校や商店街など街のいたるところで、少女はたびたび犬の影を目撃する。果たして愛犬と姉の行方は?



【誰かが残した探索の道標】

探索中、少女は誰かが残した"メモ"を見つける。それは時に少女を導く道標のように、探索のヒントが書き記されていることがある。誰がいつ、何のために書き残したものなのか? 真実は闇の中......。



【闇に潜む巨大な悪意】

夜を彷徨うお化けたちは、少なからず生きている者への"恨み"や"つらみ"を持っている。しかし、少女が探索する夜の街には、何か別の"大きな悪意"が闇の中を漂っている。愛犬や姉が帰ってこないのは、その大きな悪意と関係があるのかもしれない......。


昼間とはまったく違う顔を見せる、異界のような夜の街。少し不気味で、どこかノスタルジックな『夜廻』が幕を開けるまで、あと2週間!


-------------------------------------------

PS.Blogの『夜廻』ページはこちら

-------------------------------------------

『夜廻』の公式サイトはこちら


©2015 Nippon Ichi Software, Inc.

記事を探す
トップに戻るボタン