PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

765プロ以外のキャラや楽曲も登場! 開催できるライブやシステムの詳細も公開! PS Vita『アイドルマスター マストソングス 赤盤/青盤』最新情報

by PS.Blogスタッフ 2015/10/21

「アイドルマスター」10周年を記念した『アイドルマスター マストソングス 赤盤/青盤』は、10年分の「アイドルマスター」の楽曲を「太鼓の達人」のシステムで楽しめるリズムゲーム。「アイドルマスター」初期の名曲が中心の『赤盤』と、主に2010年以降の楽曲を収録した『青盤』の2種類が同時発売! それぞれに収録される楽曲は公式サイトで公開されているので、ぜひ確認してほしい。また、公式サイトのインタビュー企画では、神前暁氏をはじめとする作曲家5名のインタビューが掲載されているので、こちらも要チェック!

『アイドルマスター マストソングス 赤盤/青盤』公式サイトはこちら



今回は本作に登場する765プロ所属アイドル以外のキャラや楽曲についての情報をはじめ、「ライブフェスティバル」モードで開催できるライブの一部や、「スタンプ」「メッセージ」といった要素を紹介! 12月10日(木)の発売に備えて、プロデューサーのみなさんはしっかりチェックしておこう。





■765プロ所属アイドル以外のキャラや楽曲も登場!

『赤盤』では、765プロの事務員である音無小鳥がアイドルデビュー!? 「空」や「Town ~Must Mix~」を熱唱する。また、家庭用『アイドルマスター』に登場した"髪を切った星井美希"も登場!


◆音無小鳥




◆髪を切った星井美希



そして青盤には、『アイドルマスター ディアリースターズ』から日高愛、水谷絵理、秋月涼が、『アイドルマスター2』から男性アイドルユニット「Jupiter」の天ヶ瀬冬馬、伊集院北斗、御手洗翔太が登場! さらに『アイドルマスター ワンフォーオール』から765プロのライバル、玲音も参戦する。「"HELLO!!"」「Alice or Guilty」「アクセルレーション」といった楽曲を、各アイドルが熱唱!


◆ディアリースターズ(水谷絵理/日高愛/秋月涼)




◆Jupiter(御手洗翔太/天ヶ瀬冬馬/伊集院北斗)




◆玲音





■「ライブフェスティバル」で開催できるライブの一部を紹介!

ファンを集めてアイドルランクがアップすると、「ライブフェスティバル」で開催できるライブの種類が増えていく。ここでは、その一部を紹介しよう。


<赤盤ランクF:天海春香 ライブですよ、ライブ!>

天海春香のソロ楽曲中心のライブ。ゲーム画面が、春香のイメージカラーの赤で埋め尽くされる!



<赤盤ランクB:スペシャルメドレー 7thダイジェスト>

「アイドルマスター」7周年ライブをオマージュ。ライブ会場の興奮をそのままお届け!



<青盤ランクC:SFライブ「ファンキー ノート」>

『アイドルマスター シャイニーフェスタ ファンキーノート』の楽曲で盛り上がれ!



<青盤ランクB:ALLSTAR LIVE 1st>

TVアニメの楽曲が中心! このセットリストと演出は......!?





■「スタンプ」を集めてプロデューサーランクアップ!

ゲームをやり込んで「スタンプ」を集めるとプロデューサーランクがアップ! ショップの品揃えが増えたり、マニー(お金)をより多く稼いだりできる。


やりこみの状況によって「スタンプ」をゲット! 集めた「スタンプ」は「スタンプ帳」で確認できる。



プロデューサーランクが上がると、プロデュース活動に役立つさまざまな特典が!





■アイドルからの「メッセージ」を楽しもう!

「演奏プロデュース」や「ライブフェスティバル」で条件をクリアすると、アイドルからの「メッセージ」が届くことも? 個性豊かなアイドルたちからの「メッセージ」を、存分に堪能しよう!





■初回封入特典はPS Vita用テーマ!

初回特典として、『赤盤』と『青盤』でそれぞれ異なるデザインのPS Vita用テーマが封入される。確実に手に入れたいプロデューサーは、今すぐ予約を!


・『赤盤』封入特典


・『青盤』封入特典





「アイドルマスター」10周年のベストアルバムとして発売される、『アイドルマスター マストソングス 赤盤/青盤』。10年間の名曲で、「アイドルマスター」の世界を堪能しよう!


----------------------------------------

PS.Blogの『アイドルマスター マストソングス 赤盤/青盤』ページはこちら

----------------------------------------


「アイドルマスター」公式ポータルサイトはこちら


©窪岡俊之
©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

記事を探す
トップに戻るボタン