PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

なぜ「コール オブ デューティ」は全世界で熱狂的な支持を得ているのか!?【特集第1回/電撃PS】

by 電撃PS編集部 2015/10/28


11月6日(金)に発売予定のPlayStation®4/PlayStation®3ソフトウェア『コール オブ デューティ ブラックオプスIII』。本作は、全世界で1億7500万本もの販売本数(2015年3月現在)を記録した人気FPS(First Person Shooter=主観視点でプレイするシューティングゲーム)シリーズ「コール オブ デューティ」の最新作であると同時に、米ソ冷戦時代から近未来へと続く戦いを描いた「ブラックオプス」シリーズの最新作でもあるのです。

さて、おおむねその年の11月ごろに発売される「コール オブ デューティ」とはどんなゲームなのか? そしてこれほどまでに本シリーズは、世界中のプレイヤーから大きな注目を集めるのか? 「コール オブ デューティ」シリーズの歴史とその魅力について、電撃PS編集部が解説します。





■12年にわたって培われてきた「コール オブ デューティ」の歴史


【1】第2次世界大戦から「モダン・ウォーフェア」へ

シリーズの1作目が発売されたのは2003年のこと。舞台は第二次世界大戦で、以降、3作目までこの時代の戦いを描く路線が続きました。

家庭用ゲーム機がPS3®世代に移ろうとしている2007年、シリーズは『コール オブ デューティ4 モダン・ウォーフェア』の発売で転機を迎えます。

『モダン・ウォーフェア』は、これまでの第二次世界大戦からうって変わって2000年代の対テロ戦争を描いただけではなく、プレイヤーを登場人物のひとりとしてストーリーを見せる演出、ただ銃を撃って走るだけにとどまらないミッション構成、そしてスピーディな戦闘とレベルアップによるカスタマイズでやり込める対戦モードと、現在にいたる「コール オブ デューティ」の魅力を確立したエポックメイキングな作品となりました。大人気を博した『モダン・ウォーフェア』は、英国特殊部隊SASの"ソープ"・マクタビッシュとその上官、プライス大尉の戦いを描くシリーズとして『3』まで続編が作られることになります。


『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア3』




【2】米ソ冷戦時代から無人兵器が戦場を支配する近未来を描く「ブラックオプス」の登場

ヒット作としてシリーズを重ねる「モダン・ウォーフェア」を手がける開発会社Infinity Ward(インフィニティワード)と並行して、「コール オブ デューティ」を開発してきたのが「ブラックオプス」シリーズのTreyarch。2008年に『Call of Duty: World at War』(日本未発売)を開発したのち、彼らが2010年に世に送り出したのが『コール オブ デューティ ブラックオプス』です。物語は米ソ両大国が核兵器を抱えてにらみ合う1960年代、アメリカの後押しを受けたキューバ反政府軍の侵攻「ピッグス湾事件」を皮切りに始まる、主人公アレックス・メイソンの数奇な運命が描かれます。


『コール オブ デューティ ブラックオプス』



2012年に発売された『ブラックオプスII』はその続編にあたり、アレックス・メイソンをはじめとする前作のキャラクターが活躍する1980年代と、アレックスの息子であるデイビッドが戦う2025年が交錯するストーリー構成、マルチエンディングの採用など、前作のファンを満足させつつも多数の新しい試みがみられました。


『コール オブ デューティ ブラックオプスII』



また、「ブラックオプス」シリーズで欠かせないのが、最大4人で遊べる「ゾンビモード」の存在。このモードは、『Call of Duty: World at War』のおまけ要素的なモードとして導入されたのがはじまりですが、プレイヤーの好評を受けて「ブラックオプス」からはキャンペーンとマルチプレイヤーに続く第3のゲームモードとして大きな進化を遂げました。このモードは、ただ襲いかかるゾンビを倒して生き残るだけではなく、武器や飲み物でのパワーアップやあちこちに隠されたオカルト風のギミックなど、非常に凝った作りになっている点も見逃せません。そして「ブラックオプス」シリーズは、テロ組織コルディス・ダイが蜂起した2025年の戦いから40年後を描く最新作『ブラックオプスIII』へと続きます。


『コール オブ デューティ ブラックオプスIII』




【3】シリーズの新境地を開く「ゴースト」と「アドバンス・ウォーフェア」

「モダン・ウォーフェア」シリーズ3作を世に送り出したInfinity Wardは、これまでのシリーズとは異なる舞台と物語の新作『コール オブ デューティ ゴースト』を2013年に開発しました。本作は、乗っ取られた軍事衛星「Odin(オーディン)」による攻撃と南米の新興国家連合による侵略により、衰退の一途をたどるアメリカ合衆国が舞台。Odinによって破壊された廃墟のなかで、生き残った人々を守るために戦う主人公ローガンとその兄ヘッシュ、そして謎の特殊部隊ゴーストの物語が描かれます。

「ゴースト」の特徴は、なんといっても主人公兄弟の頼れる相棒でもある軍用犬ライリーの存在でしょう。ライリーを同行するミッションでは、指定した敵にライリーをけしかけて注意をそらし、こちらの攻撃機会を作れるほか、ライリーに搭載したカメラ越しに指示を出しつつ敵兵の暗殺や情報収集を行なうシチュエーションも存在するなど、従来作とは一風変わった戦いを体験できます。


『コール オブ デューティ ゴースト』



『ゴースト』が発売された翌年、つまり昨年に登場したのが『コール オブ デューティ アドバンスド・ウォーフェア』です。舞台は2054年の近未来。任務中に戦友とみずからの左腕を失った主人公ミッチェルが、戦死した友の父親であるジョナサン・アイアンズから彼の率いるPMC(Private Military Company=民間軍事会社)アトラス・コーポレーションにスカウトされるところから物語は始まります。

『アドバンスド・ウォーフェア』の特徴は、主人公や登場する兵士たちが身に着けるエクゾスケルトン(強化外骨格)。これは兵士の身体能力を拡張するもので、パワーアシスト機構によるハイジャンプや高所から落下した際の衝撃の緩和をはじめ、周りの時間が遅く感じられるほど身体機能を高めて素早い攻撃を行なうなど、ここぞというときに主人公に超人的な力を与えてくれる便利な装備品です。

本作は、マルチプレイヤーモードもエクゾスケルトンを装備した兵士同士によるバトルが楽しめる内容となっていて、これまで以上にマップの高低差を意識した戦いを要求されるのが特徴。また、最大4人で敵の波状攻撃を撃退する協力プレイモード「EXOサバイバル」も用意されていて、FPSの対戦が苦手な人でもやり込める内容になっているところも魅力です。


『コール オブ デューティ アドバンスド・ウォーフェア』





■初心者からFPSのベテランまで幅広いプレイヤーが楽しめる
 「コール オブ デューティ」

ここからは、12年の歴史のなかで「コール オブ デューティ」シリーズが世界中のプレイヤーから支持され続ける理由について、編集部なりの考察を行ないたいと思います。なお、最新作『コール オブ デューティ ブラックオプスIII』のPS3®版は、マルチプレイヤーとゾンビモードのみを搭載したオンライン専用の特別なバージョンとなっているため、これから挙げる魅力に当たらない部分も出てくることをあらかじめ記しておきます。



「コール オブ デューティ」の魅力①
初めてのプレイヤーでも操作を学びながらゲームを進められる

「コール オブ デューティ」は、移動や視点操作、武器の扱いといったFPSに必要な操作を、キャンペーンモードの最初のミッションで学べる仕様になっています。「モダン・ウォーフェア」では、最初のミッションは訓練場で標的を撃つところから始まりましたし、ほかのタイトルでも状況に応じて必要な操作を画面上でひとつひとつ丁寧に教えてくれます。

また、「コール オブ デューティ」のキャンペーンモードは、銃の照準をのぞいたときに近くの敵に自動的に狙いをつけてくれるアシスト機能が搭載されていて、狙いをつけるのが苦手な人でも次々に敵を倒す爽快なプレイ感覚が得られます。また、特殊な操作を必要とする武器や乗り物を使うときも、必要な操作をその都度教えてくれるので、慣れていなくても戸惑うことは少ないはずです。



「コール オブ デューティ」の魅力②
主観視点ならではの物語への没入感

「コール オブ デューティ」シリーズはFPSです。FPSはその名の通り、主観視点で銃を撃って敵を倒すゲームなのですが、その魅力はゲーム内のさまざまな出来事がプレイヤーの視点で展開されるがゆえの没入感にあります。「コール オブ デューティ」シリーズは、通常ならゲームプレイを中断してムービーが挿入されるイベントシーンも、ゲームが中断されることなくプレイヤーの目の前で展開することがほとんど。画面上で展開されるさまざまなドラマを、観客としてではなく登場人物のひとりとして体験できる......そこに「コール オブ デューティ」のFPSとしての強みがあると思います。



「コール オブ デューティ」の魅力③
展開がスピーディでカスタマイズの自由度が高いオンライン対戦

「コール オブ デューティ」シリーズの魅力として、オンライン対戦モード「マルチプレイヤー」の存在が挙げられることが多いです。「コール オブ デューティ」の対戦モードは、最大参加人数が18人、ほとんどのルールは12人程度で遊ぶもので、同時対戦人数としては比較的小規模の部類に入ります。しかし、たいていのルールはやられても戦闘に即復帰可能であるため、参加人数の少なさを感じない激戦を体験できます。

また、キャラクターの体力が低めで、撃ちあい勝負があっという間に決着するため、正面から突っ込んでぶつかり合うというよりは、相手のいる場所をレーダーで確認しつつお互いまわり込みながら戦う感じになります。銃や手榴弾、Perk(パーク)と呼ばれる特殊能力を組み合わせて自分のプレイスタイルに合った兵士をカスタマイズする要素も奥が深く、コツがわかってくるとついついプレイを繰り返してしまう中毒性があるのが「コール オブ デューティ」のマルチプレイヤーの魅力です。


『コール オブ デューティ ブラックオプスIII』



「コール オブ デューティ」の魅力④
対戦が苦手でも楽しめるオンライン協力プレイ

マルチプレイヤーの影に隠れがちな印象がありますが、「コール オブ デューティ」シリーズの各作品には、たいてい協力プレイモードが用意されています。なかでも良く知られているのは「コール オブ デューティ ブラックオプス」シリーズの「ゾンビモード」でしょう。このモードはタイトルを重ねるごとに進化を遂げていて、『ブラックオプスII』では、なんとバス路線でつながれたオープンフィールドを探索できるように。倒すたびに数や強さが飛躍的に上昇していくゾンビの群れは非常に手ごわく、どこまで生き残れるかキャンペーンやマルチプレイヤーにひけをとらないスリリングな戦いが味わえます。

このほか、『コール オブ デューティ ゴースト』の「Extinction」や、『コール オブ デューティ アドバンスド・ウォーフェア』の「EXOサバイバル」など、最近の「コール オブ デューティ」は対戦に消極的な人でもしっかり楽しめるモードがあるのが印象的です。





ここまでシリーズの歴史やその魅力について語ってきましたが、要約すると「コール オブ デューティ」は、世界中のプレイヤーに向けて制作された「間口の広さ」と、プレイヤー本人の上達度に応じてやりこめる「奥の深さ」を兼ね備えているところが、人々の心をつかんで離さないのではないかと考えています。最新作の発売されるこの機会に、FPSならではの没入感と迫力あるバトルを1人でも多くの人に体験してほしいですね。


『コール オブ デューティ ブラックオプスIII』公式サイトはこちら

『コール オブ デューティ ブラックオプスIII』プレイヤーズインフォメーションはこちら

『コール オブ デューティ ブラックオプスIII』ソフトウェアカタログはこちら


本作以外の「コール オブ デューティ」シリーズについての情報はこちらをご覧ください

スクウェア・エニックス「エクストリームエッジ」


----------------------------------------

【PS4®版】コール オブ デューティ ブラックオプスIII

・発売元:ソニー・コンピュータエンタテインメント
・ジャンル:ファーストパーソンシューター
・発売日:2015年11月6日(金)発売予定
・価格:Blu-ray Disc™版 希望小売価格 7,900円+税
    ダウンロード通常版 販売価格 7,900円+税
    ダウンロード特別版 販売価格 11,000円+税
・ダウンロード特別版内容物:ゲーム本編/シーズンパス/ゾンビモード用マップ「ザ・ジャイアント」/パーソナライゼーションパック①
・購入特典:Blu-ray Disc™版、ダウンロード通常版、ダウンロード特別版それぞれに購入特典があります。詳しくは公式サイトをご覧ください。
・仕様:字幕/日本語吹替え 同時収録
・収録モード:「マルチプレイモード」「キャンペーンモード」「ゾンビモード」
・CERO:Z(18才以上のみ対象)

※ダウンロード特別版は、同日販売予定のシーズンパス(販売価格4,900円+税)と複数のダウンロードコンテンツを含む商品です。
※内容物の名称は変更になる可能性があります。
※PS4®版『コール オブ デューティ ブラックオプスIII』はPlayStation®Plusに加入すると、『コール オブ デューティ ブラックオプスIII』の醍醐味であるオンラインマルチプレイおよびコミュニケーションを楽しめます。

----------------------------------------

【PS3®版】コール オブ デューティ ブラックオプスIII

・発売元:ソニー・コンピュータエンタテインメント
・ジャンル:ファーストパーソンシューター
・発売日:2015年11月6日(金)発売予定
・価格:Blu-ray Disc™版 希望小売価格 5,900円+税
    ダウンロード版 販売価格 5,900円+税
・仕様:字幕/日本語吹替え 同時収録
・収録モード:「マルチプレイモード」「ゾンビモード」
・CERO:Z(18才以上のみ対象)

※ダウンロード特別版はありません。
※購入特典はありません。
※キャンペーンモードは収録されておりません。
※オンライン環境が必須となります。
※PS3®版『コール オブ デューティ ブラックオプスIII』のマルチプレイを楽しむために、PlayStation®Plusに加入する必要はありません。

----------------------------------------


PlayStation®4 コール オブ デューティ ブラックオプスIII リミテッドエディション 1TB

特別なデザインを施したPlayStation®4とワイヤレスコントローラー(DUALSHOCK®4)、PS4®専用ソフトウェア『コール オブ デューティ ブラックオプスIII』をセットにした数量限定商品。

型番:CUHJ-10010
発売日:2015年11月6日(金)発売予定 【数量限定】
希望小売価格:45,980円+税
同梱物 :
・PlayStation®4本体 (HDD 1TB) × 1 ※オリジナルデザイン
・ワイヤレスコントローラー(DUALSHOCK®4) × 1 ※オリジナルデザイン
・PlayStation®4専用ソフトウェア『コール オブ デューティ ブラックオプスIII』製品版 × 1
・PlayStation®Plus 1ヶ月無料利用権(*) × 1
・モノラルヘッドセット × 1
・電源コード × 1
・HDMI®ケーブル × 1
・USBケーブル × 1

*有効期限は2016年2月5日までです。PlayStation®Plusおよびプロダクトコードのご利用には、インターネットの接続環境とSony Entertainment Networkアカウントが必要です。このプロダクトコードはご利用時点でPlayStation®Plusに加入していない方が対象となります。

----------------------------------------



▼PS4®/PS3®『コール オブ デューティ ブラックオプスIII』PS Storeでの予約購入はこちらから


----------------------------------------

PS.Blogの『コール オブ デューティ ブラックオプスIII』ページはこちら

----------------------------------------

【ゲームライフに「いいこと」プラス! PlayStation®Plus】

PlayStation®Plusは、加入者専用の機能や特典がご利用いただけるメンバーシップサービスです。名作ゲームが回数や時間の制限なく楽しめる「フリープレイ」、ご加入者限定の割引価格でコンテンツを楽しめる「ディスカウント」、データの快適管理機能「セーブデータお預かり」など、各種サービスをお手頃価格でご利用いただけます。

PlayStation®Plusに加入すれば、PS4®でオンラインマルチプレイを楽しこともできます。

PlayStation®Plusの詳細はこちら

----------------------------------------


電撃PlayStation最新号の詳細はこちら



『コール オブ デューティ4 モダン・ウォーフェア』
© 2007 Activision Publishing, Inc. Activision and Call of Duty are registered trademarks and Modern Warfare is a trademark of Activision Publishing, Inc. All rights reserved. This product contains software technology licensed from Id Software ("Id Technology"). Id Technology ©1999-2007 Id Software, Inc. All other trademarks and trade names are the properties of their respective owners.

『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア2』
© 2009 Activision Publishing,Inc.Activision and Modern Warfare are registered trademarks of Activision Publishing,Inc. All rights reserved.All other trademarks and trade names are the properties of their respective owners.

『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア3』
© 2011 Activision Publishing, Inc. Activision, Call of Duty and Modern Warfare are registered trademarks of Activision Publishing, Inc. All other trademarks and trade names are the properties of their respective owners. All rights reserved.

『コール オブ デューティ ブラックオプス』
© 2010 Activision Publishing, Inc. Activision and Call of Duty are registered trademarks and Black Ops is a trademark of Activision Publishing, Inc. All rights reserved. All other trademarks and trade names are the properties of their respective owners.

『コール オブ デューティ ブラックオプスII』
© 2012 Activision Publishing, Inc. Activision and Call of Duty are registered trademarks and Black Ops is a trademark of Activision Publishing, Inc. All other trademarks and trade names are the properties of their respective owners.

『コール オブ デューティ ブラックオプスIII』
© 2015 Activision Publishing, Inc. ACTIVISION, CALL OF DUTY, CALL OF DUTY BLACK OPS, and stylized roman numeral III are trademarks of Activision Publishing, Inc. Published and distributed by Sony Computer Entertainment Inc. in association with Activision.

『コール オブ デューティ ゴースト』
© 2013 Activision Publishing, Inc. ACTIVISION, CALL OF DUTY, and CALL OF DUTY GHOSTS are trademarks of Activision Publishing, Inc. All other trademarks and trade names are the properties of their respective owners.

『コール オブ デューティ アドバンスド・ウォーフェア』
© 2014 Activision Publishing, Inc. ACTIVISION, CALL OF DUTY, and CALL OF DUTY ADVANCED WARFARE are trademarks of Activision Publishing, Inc.

記事を探す
トップに戻るボタン